少し前になりますが、ある週末。

友人と夫と3人で夕飯を食べ、まだ時間も早いのでうちで飲み直そうか~と自宅へ帰ると、自宅フラット下の地面に横になっている人が。
縦列駐車の車と車の間に、60代くらいの白髪の男性が横になり、隣にはその奥さんらしき女性。


初めは酔いつぶれたのかな…と思い横を通り過ぎようとするも、様子を見ているとどうもそうではなさそう。 
「Are you alright?」と話しかけると、奥さんが「主人が急に倒れちゃって…」と心配そう。
 
少し話を伺うと、ここから電車で1時間半ほどのケント州にお住まいで、先ほどまで元気だったのに急に倒れたと。
ご主人も顔色は悪いものの意識はあり、私たちの問いかけにもぽつぽつ答えられる。

このまま電車では帰れないので…と、通りがかったブラックキャブを捕まえるも、奥さんが自宅の住所を告げると乗車拒否。(遠すぎるからでしょうか)
ではミニキャブで…と、夫がいつも利用しているアプリでミニキャブを手配。


その間、ご主人をアスファルトから芝生の上へ抱え上げるようになんとか移動させ、自宅よりお水を手配。
ミニキャブを待ちながら、奥様は「こんなの主人らしくない、今まで病気一つしたことない丈夫な人なのに…(it's totallly not like him)」を繰り返される。


そうこうしていると、嘔吐。
今度は急いでタオルやティッシュを自宅へ取りに戻り、介抱しているうちにミニキャブが到着。

ただ、こうなってくるとミニキャブで帰るのも難しく、ドライバーさんに事情を話すと「救急車を呼んだ方がいい」とのアドバイスもあり、救急車を呼ぶことに。
わざわざ来てくれたミニキャブのドライバーさんは、キャンセルになったことには何も言わずに帰ってくれました。
親切な人でよかった。


ここで救急車(999)への第一報。この時21時12分
(なぜ正確に覚えているかというと、この後何度もこの時刻を確認することになるから。)



続きを読む