connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

弾丸トリップ

ガトウィック空港、隣接ホテルを比較レビュー!前泊で週末旅行も有効に♪

週末弾丸トラベラーの我が家。
最近は専ら、金曜日の夜にホテル宿泊土曜日早朝便でロンドンを発ち日曜深夜の便でロンドンに帰ってくる…というスケジュールで、身を粉にして旅をしているのですが(笑)、数カ月前からずっと構想を練っていた今回の題材は…ホテル

我が家が独自にリサーチした、空港隣接ホテルレビューをご紹介したいと思います♪

周りの友人の中にも、限られたロンドン駐在を目一杯活用しようと、せっせと週末旅行に行っている子も多いですが、今後週末旅行に行かれる方、週末旅行に限らず出発前・到着後に空港ホテルを利用しようという方のご参考になれば幸いです。


今回ご紹介するのはガトウィック空港に隣接するホテルです。

ロンドン中心地(Victoria駅)からのアクセスも良くて、格安航空会社が多数就航している、おなじみの空港ですね♪
週末トラベラーや、近辺ヨーロッパ諸国へ旅行の際に利用されている方も多いのではないでしょうか。


まずは、今回レビュー対象となるホテルについて。

空港隣接ホテルの探し方は、ホテル予約サイトを使う、口コミサイトを見る、など各種あると思いますが、我が家がおすすめするのは「Google map」。

ホテル予約サイトなどで「Gatwickと距離が近い」と表示されていても、それは直線距離が近いだけで出発ターミナルからは遠かったりします。
そんな時に役立つのがGoogle map。

まず利用したい空港をmap上に表示させて、周辺のホテル検索。
※Google mapで周辺検索をかけるやり方は、こちらの記事(「フランス旅行:パリ旅行の拠点はここで決まり!我が家お気に入りのモンパルナスエリア」)でご紹介しています。


こちらだと、ターミナルからホテルまでの距離が一目瞭然!
しっかり地図でターミナルまでの距離をご確認くださいね。

Gatwick
ガトウィック空港の周辺ホテル(クリックで拡大します)

今回はこの赤いマークがついている、ガトウィック空港の出発ターミナルにちゃんと歩いていけるホテル7箇所に絞ってご紹介したいと思います。


北ターミナル
・Sofitel Gatwick
★Hampton by Hilton Gatwick 
・Premier Inn North Terminal Gatwick 

南ターミナル
・Hilton London Gatwick
★Courtyard Mariott London Gatwick Airport
★Bloc Hotel Gatwick 
・Yotel Gatwick 

★マークのあるホテルは、実際宿泊してみた感想つき♪ 続きを読む

安おじの後悔、年間1万円で空港ラウンジを使い倒す方法?

※タイトルの「安おじ」という言葉にピンとこない方は、まずこちらをどうぞ!
「三種の神器!?週末弾丸トラベラー御用達のWEBサービス(航空券編)」


イビサ旅行記
の途中ですが、ここで思い出したこと。
今回はぜひ海外赴任をする前に読んでいただきたい記事です。

どこまでもストイックな夫に連れられ、週末弾丸トラベルをしている我が家ですが、先日知ったこと。

夫は「一回一回は質素でいいから、とりあえず数をこなしたい(色んな旅先を巡りたい)派」らしい。

そうだったんだ…。
きっとわたしという同伴者がいなければ、バックパック背負ってドミトリーとかに泊まってるんでしょう。。

さすがにわたしを連れてそんな旅はできないので、自ずと旅行の単価はバックパック旅行よりも上がるわけですが、少しでも単価を下げるべく、深夜・早朝便の際には家からおにぎりを作って持っていき出発前の食事代を浮かせたり、空港までも極力バスを使ってできるだけタクシーを使わない…などこつこつ努力しているわけなのです。

そんな私たちに出発前の空港ラウンジで優雅なひと時…というのはもちろん無縁の世界。
 

しかし、今回のイビサ週末旅行で問題発生。

当初予定していた日曜夜着のフライト時間が変更になり、なんと月曜日の早朝にガトウィック空港到着というスケジュールになってしまいました。

もちろん月曜日は通常出勤の夫。
いつかこんな日が来るとは思っていたものの、ついに…。 

こうなると選択肢はひとつ。
ガトウィックから、直接会社に出勤する。
(※夫に旅行キャンセルという選択肢はありません。念のため。。)
 
行きも会社から直接空港に向かうので、スーツや革靴などはクリアできるとして、さすがに旅先からシャワーも浴びずに出勤はできない。
どうしたものか…と頭を悩ませた結果閃いたのが空港のラウンジ


続きを読む

週末弾丸バルセロナ!1泊2日の観光スケジュール。

■旅行日程:2014年6月21~22日(1泊2日)

20140621_154704
2026年完成予定のサグラダ・ファミリアは、両側にある公園が撮影ポイント!


今回の週末弾丸トリップはバルセロナ
人口180万人(旧市街)に対して年間訪れる観光客が700万人とも言われる、言わずと知れた一大観光地!

毎回頭を悩ませるのが、1泊2日という限られた時間をどのように過ごすのか…。
そして、日曜日はすっかり街が静まり返ってしまう旅先(主にカトリック圏)での観光プランニング。

普段きっちり予定を立てずその時の気分でぶらぶら~っ街歩きをするタイプの我が家ですが、2日間のスケジュールを振り返ってみたら、こんな感じでした。


続きを読む

フィンランド旅行:女性の一人旅にもお勧め!旅の基本情報など

P1070894
ヘルシンキ市内のムーミンショップの壁

ヨーロッパの夏は短い。
北欧の夏はもっと短い!

ということで、先月のノルウェーに引き続き、北欧二カ国目はフィンランド・ヘルシンキに行ってきました。
日程は9/7(土)~9/8(日)の週末を使っての弾丸トリップ。

 
よくそんなに旅行に行けるね!?と、知人にはびっくりされますが、航空券は「早く・安く」取るのが鉄則のヨーロッパ。航空会社を選ばなければ、本当に安い便がたくさん出てるんですよね~。

そして意外とロンドンの公共交通は深夜・早朝も動いてるので、フライト時間も選ぶ基準は「早朝・深夜」。
若さを武器に(?)体力勝負の旅行です。笑

以下、今回のロンドン発フィンランド旅行について、基本のおさらいと覚書です。
ご興味ある方は、計画のご参考にどうぞ♪


続きを読む

スペイン旅行~1日目:噂のライアン

スペイン旅行ブログの続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)スペイン旅行~旅行に至るまで


2013年7月12日(金)

出発当日。早朝便のため、6時の高速バスに乗ってStansted Airportへ向かいます。
自宅最寄りのバス停から空港までは約1時間。イギリスに来て初めて夜明け前を体験しました。

さて、今回わたしたちはStanstedからMadridまで向かうわけですが、行きのバスの中のわたしの胸中はただ一言。

不安…。

というのも、今回片道7000円弱という超格安でマドリッドまで向かうわけですが、その航空会社がRyanair

この航空会社、アイルランドに本拠を置く「ヨーロッパ最大の格安航空会社」だそうなのですが(by wikipedia)、機内に無料で持ち込める荷物の大きさ・量にかなりシビアで、少しでもオーバーすると多額の罰金が課せられる(なんと片道航空券とほぼ同額。笑)らしいのです。
そんなばかな、と笑いたくなるような事態ですが本当のようです。

夫にも事前に「くれぐれも荷物は少なく!ひとつだよ!絶対追加料金払わないからね!」と念を押されていました。
出発前日、二人のボストンバックをそれぞれ体重計に乗せ上限10kg/各荷物に対して、余裕のあることを確認して臨んだ当日。。

用意しておいたボストンバックと、ハンドバックを持って家を出ようとしたわたしに夫がすごい剣幕。
「何持ってるの!荷物はひとつって言ったじゃん!!」

いや、ひとつだよ?と説明するも、夫によるとどうやら機内無料持ち込みはあくまでひとつ。
PCケースだろうが、ハンドバックだろうが、ちょっとしたウエストポーチだろうが、ひとつはひとつ、らしいのです。

そんなばかな~~~笑

大抵飛行機乗るとき、機内持ち込みはひとつまで、って言っても、ハンドバックは別だよ~
と、元来脳天気・楽天家なわたし。
だって普通旅行って、バックいるじゃん。なかったら大変じゃん。バスに乗ったら絶対女の人みんなハンドバック持ってるよ♪


続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク
  • ライブドアブログ