スペイン旅行ブログの続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)スペイン旅行~旅行に至るまで
2)スペイン旅行~1日目:噂のライアン
3)
スペイン旅行~1日目:マドリッド 
4)スペイン旅行~1日目:気になる正体
5)
スペイン旅行~2日目:セビーリャの可愛いホテル


2013年7月13日(土)

images


南のアンダルシア地方を訪ねるにあたって、とても楽しみにしていたこと。
夏のヒマワリ畑、アンダルシア地方の白壁に咲き乱れる花、眩しい太陽…
そして、「宗教」。

事前に予習したところによると、アンダルシア地方にはイスラム色が色濃く残るらしい。
それは、かつてのイスラム勢力が北アフリカから進出してきた玄関口が、アンダルシア地方だった、というのが、理由らしい。

わたし自身宗教には全く疎く、キリスト教に関しては恥ずかしながら、カトリックとプロテスタントの意味や違いもよくわかっていなかったくらい。
イギリスに来て、周りに教会が溢れているので自然と「宗教って何だろう?」と考えるようになり、少しずつ勉強を始めたところです。
わたしにとっての宗教は、未知のもの。
そして、少なくとも今の生活からは程遠いもの。

そんなわたしにとって、キリスト教とイスラム教の両方が、色濃く残るというアンダルシア地方は、まさにエキゾチックそのもの。
魅惑の地、好奇心、不安、期待…色んな感情が混ざり合うような不思議な興奮。


実際、セビーリャはそんなわたしに色んなことを考えさせてくれる町でした。
今回は、少し観光の話とはずれますが、そんなセビーリャの宗教色をメインにご紹介します。


続きを読む