connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

ロンドン郊外

リベンジなるか!?鹿に会いに秋のリッチモンドパークへ

最近なんだかお天気の良い日が多くありませんか…!?

10月の渡英以来、あまりに青空を見る日が多いので
いやいや、ロンドンの秋はこんなお天気じゃなかったはず…
と意味もなく自分に言い聞かせてみたり、
朝からお天気がいいと、どこかに出かけないともったいないような気がして起き抜けからずっとそわそわしたりしています。
(ちなみに、お天気がいいとどこか出かけなきゃ!とそわそわすることを、わたしはロンドン病と呼んでいます。笑)

HEIC
お決まりのお散歩コースも、青空だと本当に気持ちがいい!


子どもがいないと、お天気がいいからといって急に思い立って出かけたいような場所もなかなか思い浮かばず、せっかくの晴天を無駄にしてしまうことも多かったのですが、子どもがいると迷わず公園へGO!となったり、出かけるきっかけを与えてくれるのはとてもいいことだな、と最近思います。


先週の日曜日。
朝の冷え込みは厳しかったものの、日中は本当に気持ちのよい秋晴れ!
この日は「息子に鹿を見せよう!」ということで、リッチモンドパークへ行ってきました。


続きを読む

隣の芝生は青い

イギリス滞在二度目となる今回は、ロンドン郊外のセミデタッチドハウスに住んでいます。

あまり聞き慣れない方のために簡単に言うと、大きな一軒家を真ん中で左右対象にずばーんと分けて、ひとつの戸建てに二世帯が入居している…という感じ。
イギリス特有の住宅形式だそうですが、あれかな。
日本でいうところ、玄関も水回りもお庭も完全に分けた完全分離の二世帯住宅って感じかな?

入居してみるまでは、お家の構造ってどんななんだろう…とか、
隣の世帯の生活音とか気にならないのかな…とか色々考えていましたが、住んでみればなんのその。
隣接しているお隣さんの存在皆無だし、普通に戸建てに住んでる感覚。
なので、最近ではセミデタッチドという言葉と説明がめんどくさくて、普通に「戸建てに住んでます~」と言っちゃってます。笑

IMG_5387
とてもお天気が良かったので、近所の街並みをパチリ。


前回は比較的ロンドン中心部にほど近いフラット(集合住宅)に住んでいました。
中心部に近かったせいか、ご近所で見かけるのは一時滞在中の外国人、もしくはリタイア後の見るからに裕福そうなおじいちゃん・おばあちゃん。
いわゆる、普通のイギリス人家庭を見かけないのを少し残念に思っていました。


昔読んだ本によると、イギリス人は郊外に庭付きの戸建てを持つのがステータスらしい。
都市部への通勤に多少時間はかかっても、自宅は郊外に持ちたい。
ごちゃごちゃしたロンドン中心部に住むなんてもってのほか!

そんな価値観が今もあるのかないのかは置いておいて。
郊外に居を構えた今、周りにたーくさんのイギリス人ファミリーが溢れていて嬉しい!
しかも、子育て世代が多い!
平日も休日も、辺りはバギーだらけ。
郊外が子育てしやすいのは、日本もイギリスも一緒なんだな~とつくづく思います。


少し前回とは違った経験ができそうな予感にわくわくしていると、
お天気の良かった先週末、早速こんな光景に出会いました。


続きを読む

これぞイギリスの夏!憧れのナローボートで旅をする!

旅行日程:2014年6月28~29日(1泊2日)

P1150550


「あ”ぁ~…ナローボートで旅がしたい!ナローボートを運転したい~~!!!」


去年から散々わめき散らかして夫を困らせていたわたしの夢。
ついにその夢が実現!
ロンドン郊外で、ワンデイナローボートの旅が実現しました!


ナローボートとの出会いは昨年夏。
渡英直後のわたしを、大家さんがドライブ(近所案内)に誘ってくれ通りがかったリトルベニス。

20130831_140135
パディントン~ワーウィックアベニュー辺りですね 


続きを読む

Mayfieldのラベンダー畑。今年はドライフラワーに挑戦!

昨年訪れた、Mayfield Lavender Farm
(ロンドンから1時間半~2時間ほどの郊外にあります。詳しくは昨年の記事「ロンドン郊外ラベンダー畑へ」) 

5月ごろから今年もそろそろかなぁ~とそわそわしてたのですが、先日またまたブログで今が見頃だという情報を教えていただき、その直後に友人に誘われ(なんとタイムリー!)行ってきました。

昨年訪れたのは8月。
渡英直後で友人もまだできておらず、初めての一人ショートトリップ。
どきどきしながら初めてのover groundに乗って向かったのが、つい最近のよう…。

が、今回集まったのはなんと女子7人!!
全員20代、子どもなしという奇跡。

1年前にどきどきしながら1人で向かった道のりを、今回はわいわい賑やかに女子7人の旅。
色々と感慨深いものがあります。


そうしてやってきたラベンダー畑!

180851207052417
お天気快晴!
バスの車窓から見えた一面紫のラベンダー畑に、一同歓声!


続きを読む

ロンドン郊外ラベンダー畑へ

P1060705


ブログで教えていただいたラベンダー畑
イギリスとラベンダーってちょっと意外な組み合わせ。
でも北海道の富良野にも広大なラベンダー畑ってあるし、涼しい地域に向いてるのかな~と思って少し調べたら、やっぱり「高温多湿に弱く、寒さに強い」植物なんだそうです。

調べれば調べるほどどんどん気になってきて、もうこれは行くしかない!
一念発起して行って来ました。
 
向かったのはMayfield Lavender Farm。 

電車とバスを乗り継いで、ロンドン中心部より南へ約1時間半~2時間(車だと約1時間)です。
コッツウォルズの方にもラベンダー畑はあるようですが、車の運転ができないのでこちらの方が行きやすそう。
夫なしでの遠出は初めてなので、ちょっとしたショートトリップです。
はじめてのおつかい気分。


今回は

・地下鉄でLondon Bridgeへ
・そこからOvergroundに乗り換えてPurleyへ(所要約20分)
・最後は166番のバスに揺られて約30分

という行き方で行ってみました。


続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク