■2013年11月8日

BlogPaint
6日間毎日を共にした、汗と涙と努力(実話)の結晶。
裏面にはホテル周辺地図。


ことの始まりは10月初旬。父から入った一本の電話。

11月のシルバーウィーク、お母さんと二人でロンドン行くことにしたから


えっ、シルバーウィークってもう1ヶ月後なんですけど…
これから航空券・ホテル手配するの?
というか、わたし来週から1週間メキシコだし、そんな急に言われてもこっちも予定とか、準備もあるんですけど…


その連絡を受けて以来、何となく
観光案内どこに連れて行こうかな~
やっぱり1回は自宅で夕食はふるまった方がいいだろうから、ホテルは自宅近くになるといいな~
くらいには考えていたものの、何も具体的に決まらないままメキシコトリップ。
(メキシコ旅行記はこちら


メキシコから帰国後、両親初渡英まであと約2週間
その間予想に反して何の連絡もない両親へ連絡をすると、まだ航空券が決まっていないとのこと…。

わたしの実家は福岡なのでロンドンへ来るにはどこかで乗り換えをする必要があり、直前ということもあって結構フライトが埋まっていて現在旅行会社に勤める父の友人が必死に調整中なんだとか。
フライトが決まらないので、もちろん日程も未定。
ホテルの場所も未定。


あと2週間後なんですけど…

色々観光プランを決めようにも、決められない。
どうやら旅行会社に勤める友人からは、日程の変更を勧められているらしい。
でもこちらは既に、友人夫婦と予定していた週末の旅行の日程を変更してもらったところ。
これ以上の変更はもうきかないし、とはいえせっかくイギリスに来た両親を放って旅行に行くことはできない。。


気持ちばかりが焦り、もう何も手に付かない状態で迎えること10月最終週。
ようやくフライトと日程とホテルが決まった!!!
この時、実に渡英1週間前


そこから怒涛のスケジューリングと、各種チケット手配の日々。
自宅とホテルが片道約1時間という立地になってしまったため、ぼんやりと考えていたプランは再度詳細を練り直し。


今までは何も考えず、夫に連れられるがままにロンドン(イギリス)観光をしてきた私。
渡英半年。いつの間にか、自分がロンドンを案内する側に

海外在住者として避けては通れない道ですね。
同時期に渡英してきた周りの友人も、ちらほらと観光案内が始まっている様子。

友人、両親、義理の両親…。
噂に聞く、夫の上司奥様や、出張者の観光案内なんかは本当に存在するのだろうか。


向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「秘書」。
完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。


続きを読む