connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

ロンドン土産

コッツウォルズへ♪ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光4日目編

■2013年11月20日

向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「
秘書」。

完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。

これまでのあらすじはこちら
1)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン
2)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光初日編
3)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 前編
4)グリニッジ行きでハプニング!?ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 後編
5)ついに折り返し!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光3日目編


■観光4日目■
08:00 Victoria駅集合
08:15 コッツウォルズツアーへ出発
     立ち寄り:バーフォード、バイブリー、ボートンオンザウォーター、ブロードウェイ
18:00 ディナー(市内で簡単な和食)
18:30 M&S、Waitroseでお買い物(お土産スポット4


ついにやってきた観光4日目!
わたしにとっては、待ちに待ったこの日…
なぜならこの日は、終日バスツアーなので私はアテンド業務を一時お休み
そう、休息日!!

今までツアーに頼らず、全て個人アテンドで頑張ってきましたが、やっぱり間に一日ツアーを入れておくと気持ちが楽~。

今回私自身にとっては2度目となるコッツウォルズ。
1度目は渡英後間もない時に、日本から遊びに来てくれた友人とともに、ブロードウェイ、ボートンオンザウォーターといった有名どころ(よくバスツアーに組み込まれているところ)を回りました。
前回の様子はこちら(「コッツウォルズ日帰り旅行」)

有名どころはもう回っているので、この日は完全休業にして(笑)両親二人でバスツアーに行ってもらうことも考えたのですが、やはり写真撮影や食事の際は誰かいた方が何かと便利だろうということで、わたしも同行することに。

ちなみに、今回数あるコッツウォルズツアーの中からツアーを選ぶ際に利用したのがこちらのサイト。
「ロンドン発 コッツウォルズ観光ツアーの一覧表」
URL:こちら

各社の価格催行曜日立ち寄る村お勧めポイントなどが一覧になっていて、とても使いやすかったです。


色々悩んだ末に今回利用したのツアーは[みゅう]憧れのコッツウォルズ ハイライト周遊1日観光ツアー

決め手は
日本人ガイド付き
・価格が安い
・(私個人的には)1か所だけだけど行ったことのない村へ行ける

昼食付きのツアーもあり、両親だけであればそちらにしようと思いましたが、わたしも同行することにしたので昼食はなし。
結果的には、前回のツアーに比べるとガイドさんの案内に若干不満は残るものの…
ツアー全体としてはこんなもんかなーという感じでした。まぁ、価格が安いので良しです。


あいにくこの日は朝から小雨。
でも終日バス移動なので、電車・バス・徒歩移動という他の日に比べると「雨が今日で良かった~」というのが正直なところ。

唯一心配だった、8時にビクトリア駅(プラットフォーム1and2前)集合という難所も何とかクリア。
(早めにビクトリア駅へ向かい、電車でやってくる両親を改札前で待ち構えて合流に成功!初日に集合場所へ実際案内しレクチャーは終えていましたが、それでもやはりあの広いビクトリア駅で迷子になってしまわないか不安でした。。)

日本人約15名ほどを乗せたバスは、いよいよロンドンを出発!
はちみつ色の村、コッツウォルズへ!

 続きを読む

ついに折り返し!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光3日目編

■2013年11月18日

向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「
秘書」。

完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。

これまでのあらすじはこちら
1)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン
2)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光初日編
3)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 前編
4)グリニッジ行きでハプニング!?ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 後編


■観光3日目■
09:00 ホテル最寄りのWest Blompton駅にて待ち合わせ
10:30 ウィンザー城到着
13:00 ランチ
15:00 コベントガーデン散策(お土産スポット3
17:00 アフタヌーンティー
19:30 ライオンキングミュージカル鑑賞


怒涛の観光2日目を終え、両親は既に若干疲れ気味。
特に、前日昼食に選んだフィッシュ&チップスが重すぎたようで、ついに胃薬を飲んで迎えた観光3日目

わたしはというと、慣れないアテンドに疲労困憊。
アテンド2日目にして、体力・気力ともに限界を迎えつつある…。

この日はそんな私たち3人を気遣って、夫がお弁当を持たせてくれました
中身はいつも旅行の際に一緒にこしらえていく、おにぎり、卵焼き、ウインナー、そしてベランダで採れたミニトマト。
両親の弱った胃には、懐かしの日本食が一番!


さて、この日はロンドンから少し遠くへショートトリップ。
いよいよロンドンだけではないイギリスの姿を案内しに行きます。
初の遠出に加え、今日は開始時間がきっちり決まったイベントがふたつ。(アフタヌーンティーとライオンキング)
昨日のように時間に融通が利かないので、気力の限界だとも言っていられません。

本日はあいにくの曇り空からのスタートですが、気を引き締めてまずはウィンザー城へGO!

続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク