■旅行日程:2013年11月16日~17日

もうかれこれ1か月ほど前になりますが、サッカー日本代表vsオランダ戦に合わせてベルギーに1泊2日旅行に行ってきました。

ベルギー
ベルギーは海を挟んですぐ!


ロンドンよりユーロスターでブリュッセルまで約2時間。
そして、スタジアムのあるGENKまでは車で約2時間。

今回はブリュッセルでレンタカーを借り、スタジアムまで夫が運転することになっていたので観光も思い切ってドライブプランに。
(サッカーの試合はこの時が人生初観戦、全く詳しくないので割愛します。笑)

イギリス初のドライブで、痛い目をみた(?)私たち。
今回はきちんと色々、確認を怠りません。
(詳細はプーカントリー、セブンシスターズなどを回った「イギリス国内旅行~ドライブ編」にて)


さて。今回夫が立てたドライブプランはこちら。

小さな村めぐり地図

1日目のサッカー観戦後、ベルギー国内でフランス語圏の中心地でもあり、そして国内第4の都市でもある、南部の都市:リエージュへ移動。
こちらのシャトー(お城?館?)へ1泊し、翌朝よりドライブを開始。
シャトーを出発し、ワロン地方と呼ばれるベルギー南部の、小さな村めぐりをします。

ワロン地方というのはイギリスで言うと(きっと)コッツウォルズ地方のような感じで、この辺りはいくつもの小さい美しい村が点在するエリアなんだとか。

車窓からも村の雰囲気は楽しめますが、今回車を降りて立ち寄ったのは、こちらの5か所。

B:Soiron
C:Deigne
D:Chateau de Modave(ここだけお城)
E:Thon
F:Melin

立ち寄り時間含めて、最後レンタカー返却先となるブリュッセルまで、所要約6~7時間(走行距離約300キロ弱)の一日ドライブプランです。

ちなみに、今回村めぐりのプランニングをするにあたって参考にしたのはこちらのサイト。
24の美しい村/ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル公式サイト

24」というのは、いくつも美しい村が点在するワロン地方の中でも特に、「ワロンの最も美しい村々」として登録されている村の数だそうです。


ヨーロッパは田舎が素敵。

元々生まれと育ちが九州の田舎のせいもあり、最近やっぱり田舎が好きなわたし。
ブリュッセルの喧騒を離れて、小さな可愛い村めぐりのスタート!

 続きを読む