connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

ミュージカル

ミュージカル「スクールオブロック」は子役に脱帽

行ってきました!お一人様ミュージカル!

twitterの方ではちょいちょいつぶやいていましたが、今週息子が風邪を引いていたこともあり、日中のご機嫌があまり良くなく、寝ても隣を離れるとすぐに目を覚まして泣く、というまさに寝ても覚めても手が離れない生活を送っていました。。

そんな生活で、疲れとストレスが溜まっているわたしを見るに見かねて(?)、夫が息子を預かり、土曜日のミュージカルに送り出してくれたのです!(感謝!)

こんな貴重な機会、もうないかもしれない…
再渡英初となるミュージカル。絶対外したくないし、ここは無難に過去に見たことのある演目にしておくか、それとも初めての演目で賭けに出てみるか…

少し悩みましたが、せっかくなので!ということで以前友人にお勧めされた「School of Rock」を観ることにしました。
結果、大正解!!!!


キャプチャ




続きを読む

延長決定!もう一度観たい『CATS』!

久々にミュージカルを観てきました。
9月の「チャーリーとチョコレート工場」以来となる今回の演目は「CATS」。
ミュージカルファンの方はもちろん、ファンでない方も名前は聞いたことがある、日本でもニューヨークでも有名な演目ですね♪

キャプチャ

CATSと聞くと、どうしてもニューヨークブロードウェイのイメージが先行してしまい(実際2006年に「オペラ座の怪人」に抜かれてしまうまではロングラン記録公演だったんだとか。)、てっきりアメリカ発のミュージカルだと思っていたのですが…実はロンドン発でした!

ロンドンウェストエンドでのでの初演が1981年。
ブロードウェイが翌1982年。
知らなかった~。

ロンドンでも初演以来、約21年間のロングラン記録を持つんだとか。
今回ロンドンでの公演は実に十数年ぶりで、当初は12~2月までの3ヶ月限定公演ということでしたが追加公演が決まったようです!
今HPを見てみたら、4月25日までの予約を受け付けていました!


さて、CATSという名前は聞いたことがあるものの、内容は全然知らない…。
鑑賞前に少しだけストーリーをおさえておくことに。

ネットで検索してみると、

満月が青白く輝く夜、街の片隅のゴミ捨て場。
たくさんのジェリクルキャッツたちが、年に一度開かれる"ジェリクル舞踏会"に参加するため集まってきます。

人間に飼い馴らされることを拒否して、逆境に負けずしたたかに生き抜き、自らの人生を謳歌する強靭な思想と無限の個性、行動力を持つ猫
それがジェリクルキャッツ。

そして今宵は、長老猫が最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶ特別な舞踏会。
再生を許され、新しいジェリクルの命を得るのは誰か。
夜を徹して歌い踊る猫たち。
やがて夜明けが近づき、ナイフで切ってしまえそうな静寂に向かって、天上に上り、新しい人生を生きることを許されるただ一匹の猫の名前が、宣言されます。

その猫とは‥。
劇団四季HPより) 

とある。
その後もぱらぱらとネットで感想などを拾っていると、どうやら具体的なあらすじがなく、歌とダンスを楽しむ系ですといった情報もあり、う~ん??といったイメージ。

そのイメージで向かった今回の劇場。
PALLADIUM THEATREはリバティ前に位置していて、空き時間にお買い物なんかもできて便利な立地です♪



CATS
劇場前の看板。
Nicole Scherzingerという方のお名前が載っていたのですが、どうやらこの方有名な方のようで…(帰宅後に知りました)




続きを読む

再訪!リージェンツパークのオープンエアシアター2014

昨年初めて訪れた、夏季限定のオープンエアシアター@リージェンツパーク
前回はサウンドオブミュージックを観たのですが、これが最近になってじわじわきてます。

観た当初は「やっぱり屋外だと雰囲気もあっていいよね~」くらいだったのが、それからいくつものミュージカルを観ていくうちに、「サウンドオブミュージック…実はあれ結構よかったよね?あぁ~もう一回観たい…!」レベルに。

もちろんストーリーや、子役の子たちが可愛くてよかったというのもありますが、やっぱりあの森の中にひっそりと佇むような劇場の雰囲気も素敵だった!

20130817_194208
昨年のセット
劇場内の様子など、昨年の様子はこちら「サウンド・オブ・ミュージック@リージェンツパーク


もちろん今年も、そんなオープンエアシアターを楽しみにしていたのですが、今年の演目をHPでチェックすると、

7/17~8/23:「The Gershwins’ Porgy and Bess
8/28~9/13:「

To Kill a Mockingbird 2014

※リンクをクリックするとHPの作品紹介のページに飛びます 
 

…ふたつとも知らない。。

調べた当初は、ふたつとも知らない演目だし今年はやめとくかな~…と思っていたのですが、やっぱり思い直して行ってみることにしました。

行ってきたのはこちら。

655140344
夫はマイルス・デイヴィスの音楽を通じて、名前だけは知っていたらしい。


昨年は悪天候で上演中数回の中断あり、まだ8月中旬だというのに後半はレインコートを着込んでもまだ寒さに震えての鑑賞でしたが、今回はお天気にも恵まれ心配していた寒さも皆無!

珍しく風もなかったせいか、最後まで上着を羽織ることなくノースリーブで過ごせました。
3週間ほどでこんなに気候が異なるとは。。

ということは、3週間後にはあんなお天気になるのかな。。やだな。。


で、観てきた感想ですが…これが想像以上によかった!
行かれる予定のない方、お勧めです!!

(以下、多少のネタバレ含みますのでご注意ください!)

 
続きを読む

ミュージカル"Once"で、一味違ったミュージカル体験を

キャプチャ

月一ミュージカル鑑賞を目標に掲げている我が家。
最近はミュージカルがオペラに代わったり、屋外音楽コンサートに代わったりしていますが恒例のミュージカルレビューです♪

レビューと言っても、渡英後ミュージカル鑑賞を始めた素人の感想です。あしからず…笑


さて、もうメジャーどころは観終わってしまった我が家。
わたしが「もう一回観たい!」と思ったものに関しては、夫以外の友人と2度目の鑑賞済み。

ということで、少しずつマイナー路線を攻めていきます!

マイナー路線1本目(?)となる今回は「Once」。
イギリス国内では、2013年の3月に上演が始まった比較的新しい演目です。


こちらの演目、2006年公開の映画が元になっているのですが、こちらの映画の方が馴染みがあるかも…?

映画
邦題は「once~ダブリンの街角で~」。
この映画が好きな夫いわく、映画の主演を務めるグレン・ハンサードは、アイルランドでは有名なバンドThe Flamesのボーカルで、彼の歌声と曲がすごくいい!んだとか。


こちらの映画、13万ユーロ(約1800万円)という超低額予算で製作されたにも関わらず、207億ドルの興行収入をたたき出したアイルランド映画なんだそうです。
ちなみに、一番お金がかかっているのは「パイレーツオブカリビアン/ワールド・エンド」で製作費約332億円。

この費用対効果には全米が震撼。あの巨匠、スピルバーグ監督もびっくり。(記事元はこちら


わたしも、夫がDVDを持っていたので、お付き合い当初に一緒にDVDを観た記憶があります。
が…、この映画とーっても静か…。

ダブリンの街角で出会う男女二人の「静かな」ラブストーリーなのですが、あまりの静かさにわたしはというと、途中爆睡。笑
もともとフランス映画のような波の立たない、静かな映画は苦手なんですよね…汗
はっ!と気付いたら映画の終盤で、必死に「ちゃんと起きて観ていた」感を装ってたっけなー…


ただ、映画中に主人公の男性がアコースティックギターで演奏して歌うシーンがあるのですが、その挿入歌がすごく耳と記憶に残っているのは覚えていました。


そんなお付き合い当初の甘酸っぱい?ほろ苦い?記憶を辿りながら迎えたミュージカル鑑賞。
好きな映画のミュージカルとあって、期待の膨らむ夫を横に鑑賞を終えたわけですが…

今回のミュージカル、なんだか今まで観てきたミュージカルとは一味違いました!


何が一味違うのか!?
まだ生まれたての演目ながら鑑賞後のレビューも好評で、ロングランの予感がする「Once」。
そんな「once」を少しだけご紹介します♪


続きを読む

【追記あり】安おじ直伝!ミュージカルのチケットを安く取る方法!?

2:各種バウチャー(割引クーポン)取り扱いのサイト、キャッシュバックサイトに関して、一部追記しました。

■2013年12月6日

あ~、寒い寒い。

先日念願の耳当てを買いました。
こっちって風が身を切る冷たさなので、冷え性のわたしはちょっと歩くだけで耳が激痛に襲われます。
なのに、意外とかわいいデザインの耳当てが売ってない。

ロンドンって12月が一番寒さのピークだという噂を聞きましたが、本当でしょうか?

さて、最近のわたしですが
午前中は夫を仕事に見送った後、のんびりしているといつの間にかもうお昼。
そろそろたまには出かけてみようか…とお昼を食べて準備をしだすと13時半。
そこから移動で14時。
16時にはもう真っ暗になるので…外出時間は正味2時間。

2時間か~…あんまり時間ないし、今日はやめとくか。(12時段階で決断)

という日が続いています。笑
出不精の私は、案の定ひきこもりまっしぐら。


そんな私を不憫に思ったのか、いつもの「安かったから」 精神で夫がミュージカル「マンマ・ミーア!」のチケットをゲットしてきました
※夫の「安かったから」という言葉にピンとこない方は、まずこちらをどうぞ!
「三種の神器!?週末弾丸トラベラー御用達のWEBサービス(航空券編)」

742145087038
クリスマスver.のマンマ・ミーア!のポスター

映画が大好きで何度も見返し、渡英後初のミュージカル鑑賞ももちろん迷わずマンマ・ミーア!
その後、月一鑑賞を目標に掲げ、レ・ミゼラブル、サウンドオブミュージック、ライオンキング、(わたしは友人とJersey Boys)と続きましたが、何かとイベントの多い夏。
室内で楽しめるミュージカルは、冬にとっておくべきなのでは!?ということで最近はあまり行っていませんでした。


そんな中「安かったからおじさん」が取ってきたチケットは、二度目の鑑賞となるマンマ・ミーア。
なんでも、前から6列目のほぼ中央というほぼベストポジションに近い良席が40/人という格安価格(定価の約£25オフ)だったんだそう。

私は勝手に安おじ(もうこれでいいや)が取ってきたし、同じ演目をみることに抵抗がないので大喜びなのですが、そもそもそんな情報をどこでゲットしてきているの?というのはかねてから謎のまま…。

そういえば、先日友人と話していたとき、
そもそもミュージカルの予約って、どこでどうやってやればいいのかな?
「(いつも夫が勝手に取ってくるしな…)さぁ…ネット…とか?
ネットも色々広告出てくるけどたくさんありすぎてわかんないし、そもそもちゃんと取れてるのか不安だよね…
じゃあ正規店で取るのかな…?…正規店ってどこ…?笑

という会話を交わしたばかり。女子ってこんなもんですよね。笑
ということで、これを機に夫(改め安おじ)にヒアリング!

以下、ちょこっと夫の話をまとめてみます。

が、決してこれが正しい!というわけではないのであくまでご参考程度に!
追加情報などお待ちしております~


続きを読む

ミュージカル「ウィキッド」が凄い!

日本では劇団四季の「美女と野獣」を観たことがあるだけのミュージカル初心者なわたしですが、せっかくロンドンにいるので、ミュージカルをたくさん観ようと思っています。


今月のミュージカルは「Wicked」。

wicked
緑のポスターでお馴染みですね

ミュージカルに詳しくないわたしは、ウィキッドというタイトルもストーリーも全く未知だったのですが、日本のミュージカルファンの間では根強い人気を誇る、結構有名なミュージカルのよう。

 
が、夫婦そろってミュージカル初心者の我が家。
チケットを手配してきた夫にストーリーを聞いてみたのですが、「う~ん、ファンタジー系…らしいよ?」とどうやら夫もあまり知らない様子。

ファンタジー系かぁ…。
今まで高評価だった、「レ・ミゼラブル」や「オペラ座の怪人」とはまた違ったジャンルだな~…
ファンタジー系かぁ…。

映画にしても、本にしてもあまりファンタジー系に興味がないわたし。(ハリーポッターはさすがに観ておこうと思い、最近観だしました)
果たして、いかほどか…。


続きを読む

ロンドンミュージカルを勝手にランキング!

26630a

今月の月一恒例ミュージカルは「オペラ座の怪人」。

あまりに有名なミュージカルですが、わたしが元々あまり興味がなかったこともあり、「マンマ・ミーア」「レ・ミゼラブル」「サウンド・オブ・ミュージック」「ライオンキング」「Jersey Boys」「ビリー・エリオット」に次ぐ、7本目の鑑賞になりました。

この「オペラ座の怪人」。
ロンドンウェストエンドのミュージカル界では、1985年初演「レ・ミゼラブル」に次ぐロングラン演目なんだとか。(初演は1986年)
ちなみに、世界で最も長い公演記録を持つのは、アメリカブロードウェイではなく、ロンドンの「The Mousetrap(ねずみとり)」という演目だそう。


さて。これまでミュージカル初心者ながらも、せっかくロンドンにいるので!ということで様々なミュージカルを鑑賞してきましたが、ここで勝手にランキング!
【最高!】【凄く良い!】【良い!】の3つに分けてみました。

基本、どの演目も良かったので微妙な分け方になってます。笑
そして完全なるわたしの主観・好みによるランキングですのであしからず…。


気になる結果は…


続きを読む

2本の映画からサッチャー政権下の炭鉱町を知る

月一のミュージカル鑑賞を掲げている我が家。
今月は夫の気まぐれで、「(2度目の鑑賞となる)マンマ・ミーア」に続き、「Billy Elliot」を観にいくことになっています。

なんでも、Billy Elliotは夫が以前映画を観たことがあるらしく 、その映画が好きなんだとか。

わたしはというと、ロンドンでよくミュージカルのポスターは目にしていたものの、ストーリー自体は全く知らないので、予習のために本日ネットで映画を見てみました。

Billy-Elliot
観たことがない方も、このポスターには馴染みがあるはず…
映画の邦題は「リトル・ダンサー」だそうです。 


事前のストーリー情報では、
1984年のイギリス北部の炭坑町を舞台に1人の少年が、当時女性のためのものとされていたバレエに夢中になり、性差を超えてプロのバレエ・ダンサーを目指す過程を描いた作品Wikipediaより)

とのことだったので、てっきりよくある夢追い物語系の青春ドラマかなぁと軽く見始めたら…
実は深かった。。


内容の詳細は省きますが、
サッチャー政権下で、いくつもの炭鉱が閉鎖され、失業者が溢れたという話はうっすらとどこかで聞き覚えがあったけど、このストーリーの舞台はまさにその炭鉱町。


続きを読む

ついに折り返し!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光3日目編

■2013年11月18日

向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「
秘書」。

完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。

これまでのあらすじはこちら
1)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン
2)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光初日編
3)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 前編
4)グリニッジ行きでハプニング!?ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 後編


■観光3日目■
09:00 ホテル最寄りのWest Blompton駅にて待ち合わせ
10:30 ウィンザー城到着
13:00 ランチ
15:00 コベントガーデン散策(お土産スポット3
17:00 アフタヌーンティー
19:30 ライオンキングミュージカル鑑賞


怒涛の観光2日目を終え、両親は既に若干疲れ気味。
特に、前日昼食に選んだフィッシュ&チップスが重すぎたようで、ついに胃薬を飲んで迎えた観光3日目

わたしはというと、慣れないアテンドに疲労困憊。
アテンド2日目にして、体力・気力ともに限界を迎えつつある…。

この日はそんな私たち3人を気遣って、夫がお弁当を持たせてくれました
中身はいつも旅行の際に一緒にこしらえていく、おにぎり、卵焼き、ウインナー、そしてベランダで採れたミニトマト。
両親の弱った胃には、懐かしの日本食が一番!


さて、この日はロンドンから少し遠くへショートトリップ。
いよいよロンドンだけではないイギリスの姿を案内しに行きます。
初の遠出に加え、今日は開始時間がきっちり決まったイベントがふたつ。(アフタヌーンティーとライオンキング)
昨日のように時間に融通が利かないので、気力の限界だとも言っていられません。

本日はあいにくの曇り空からのスタートですが、気を引き締めてまずはウィンザー城へGO!

続きを読む

ミュージカルを無料で楽しむ!

ロンドンは、ニューヨークのブロードウェイに並んでミュージカルが有名、らしい。


何度かこのブログにも出てきますが、本当にロンドンのこと知らないんです。笑
そのおかげでひとつひとつ感動できたり、無知ゆえに楽しめていなかったりするのですが…。

せっかくロンドンに住んでいるのだから、ミュージカルをはじめとする観劇や、音楽鑑賞などを毎月楽しもう!ということで我が家の家計簿には、毎月「文化費」という予算枠を設けてあります。
早速今月は「マンマ・ミーア」を観て来ました。(話がずれるので感想は割愛しますが、やはり楽しかった!!)
そして来月は「レ・ミゼラブル」。

いづれも映画を観たことがあり、知名度も抜群のビギナー系ミュージカル。
さて、再来月は何を観るか…。
ミュージカル初心者にはネタがありません。

そこで行って来ました!

20130625_154620



WEST END LIVE 2013 !! @TRAFALGAR SQUARE

このイベント、現在ロンドンで上映中のミュージカルが屋外ステージで2日間に渡って、なんと無料で観れるという、聞いただけでワクワクしてくるイベント。
音楽好き、フェス好き、イベント好き、そしてもちろんミュージカルファンにはたまらないイベントだそうなのです。
追記:2014年も同じ時期にやっていましたので、2015年も時期が近くなってきたら調べてみてください♪
 
続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク