散々迷ったロンドン発の年末年始はケニア&モーリシャス!
旅の概要は「年末年始の旅行の準備~予防接種編
手荷物準備に関しては「年末年始の旅行の準備~手荷物編

ケニアサファリ編:2013年12月25日~31日(6泊7日)
1)ナイロビ到着!火災から5カ月の空港は今… 


【ケニア1日目(12月26日)スケジュール】
06:00 ナイロビ空港着 
07:00 マサイマラに向けて出発
13:00 マサイマラ国立保護区入り口ゲート到着
      1stサファリ
14:00  ホテルチェックイン、昼食
16:30 2ndサファリ
19:00 ホテル着、夕食 
22:00 就寝 


今回、ロンドン~ケニア~モーリシャスと移動が変則的だったため、いつも通り航空券とホテルは自己手配。
別途、空港からホテルまでの送迎、毎日のゲームサファリ運行、そして最終日空港までの送迎をしてくれるサファリ催行会社をネットで探して予約しておきました。

今回お願いしたのは「Go Kenya Holiday Tours & Safaris」という会社。
HP:http://www.gokenyaholiday.com/

手配をした夫いわく、会社選びの決め手は
・金額が予算内
トリップアドバイザーでの評価が高い
・検索上位にあがってくる

だったそうです。
ただ一点、メールのやりとりをする担当者が会社の独自ドメインではなく、hotmailだったのが気がかりだったとか。でも大丈夫、ちゃんと予約できてました♪


空港からは絶対一歩も出るな。必ず送迎をつけるように」と、ケニア出身の大家さんに念を押されていた(脅されていた)ので、空港を出るときはちょっとどきどきだったのですが、そんな私たちを待っていてくれたのは、今回の旅の相棒(ドライバー兼サファリガイド)ジョージ

出発とともに別れた、マネージャーのような人が「君たちは運がいいよ!最高のドライバーにあたったね!」と言ってくれたのですが、今振り返ってもその言葉はお世辞ではなかったと思うくらい動物に関する知識豊富で、時間にも正確な、本当にいいドライバーさんでした。


到着時のあの警戒心は何だったのか…と思うほどのんびりとした周囲の雰囲気と、アフリカの真っ青な空に歓迎され、ジョージとともに陸路、マサイマラを目指します。 

20131226_075401
1週間行動を共にするバン。
雲ひとつない真っ青な空が気持ちいい!

20131226_040320
後ろには世界のTOYOTAのロゴ。他社のサファリカーにも多し。
確かに、体が飛び跳ねるほどの悪路を突っ走り、広大なサファリを運行するには頑丈であることが何よりも大事!ドライバーのジョージも、日本製の車が一番だとベタ褒めでした。


続きを読む