スペイン旅行ブログの続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)スペイン旅行~旅行に至るまで
2)スペイン旅行~1日目:噂のライアン
3)
スペイン旅行~1日目:マドリッド 
4)スペイン旅行~1日目:気になる正体
5)スペイン旅行~2日目:セビーリャの可愛いホテル 
6)スペイン旅行~2日目:セビーリャにみるマリア信仰



P1060068
町中で見つけたポスター。やった!まだやってる!と思ったら2004年のやつだった…


2013年7月13日(土)

さて。スペインに来たら「闘牛」を観ておきたい!
スペインには500以上の常設闘牛場があって、季節的にも「日程が合えば見れるかもしれない(ガイドブック)」とのこと。
それは行かねば!と事前に予習をしていたところ、気になる表記が…。


闘牛の流れ
1)闘牛士たちの入場

2)牛の入場

3)ピカドール(槍方)が牛の首根を槍で突く  
  …ん?

4)バンデリーリョ(
銛旗士)が短い銛(モリ)を牛の背に打ち、弱った牛に活を入れる  
  …んん??銛を背中に打つ??活を入れる??

5)マタドール(闘牛士)が赤い布と剣を使って演技

6)とどめを刺す。牛を苦しませずに一瞬にとどめを刺すことができたら見事。
  …とどめを刺す、ってそういうこと…??!



闘牛のイメージって、「赤い布をひらひらさせて、興奮して突進してきた牛を人間が避ける」っていう、どちらかと言えば演舞的なイメージだったんですが、実は違うんですね。。
まさか最後、牛が殺されてしまうとは知りませんでした。。
だからバルセロナ(カタルーニャ地方)では闘牛が廃止されたんですね…。
知らずに闘牛観てたらビックリしただろうな…。無知って恐い。。

最後殺されてしまうって、意外と知らなくないですか?(わたしだけ?)
しかも、闘牛場では3箇所同時に演技が進行するらしいので、至る所で牛が仕留められていくという…。

そして会場はとどめの瞬間、大喝采が沸き起こるという…。


詳細を知るまでは、「観れればみたいな~」くらいだったのですが、俄然「観たい!」という気持ちに。

なんか、すごい場と空気だと思うんですよね。

まさに「命をかけて牛と戦う人間」と(実際演技中に死亡事故もあるらしい)、
戦わされ最後は殺される牛と、
「それを見ながら壇上で熱狂する人々」。

昔はこれが、豊穣を祈願して神に牡牛を捧げた宗教的行事だったらしいので、尚更興味がわきます。

宗教的行事と、人間の狂気って、近い気がする。
伝統的、宗教的行事って、狂気がないととてもじゃないとやれないようなことをやったりしますよね。

殺されてしまう牛はかわいそうだけど、それを見守る人たちってどんな感じなんだろう。
この演技そのものよりも、それを見守る人たちに興味があります。

嫌がる夫を説得しきれず、実際スペインに到着して開催日程と自分たちの予定が合えば観よう、ということで迎えた当日…。


続きを読む