再渡英して早2ヶ月が経とうとしています。
渡英前、既にイギリスでの子育てを経験している友人に言われていたのが「イギリスは子育てしやすいよ~」ということ。

振り返ってみると、うん、確かに子育てしやすい!
この2ヶ月を振り返って感じたこと。

日本とは違いバギー移動が中心なので(バギーが市民権を得ている!)、特に1歳を過ぎて重くなってきた息子とのお出かけが楽。
日本みたく抱っこひも中心の移動だとさすがにしんどい。。
 

お店の入り口や駅の階段など、バギーで入りづらかったり段差で少し困っていると必ず誰かが助けてくれる
お店のドアを片手で押して片手でバギーを操作、ってことをやってると店内の人もしくは、通りがかった道中の人がさっとドアを開けに来てくれます。優しい…涙
駅の階段は、申し訳ないくらい老若男女本当に誰でも手を差し伸べてくれる!


レストランには大抵子供用ハイチェアがあるので、お店選びにあまり神経質にならなくて良い
ハイチェアがなかったお店に出会ったことがない。
ハイチェアなくても、バギーでそのままテーブル付けさせてくれるお店も多いのであんまり困らないですが…
BlogPaint
先日下調べ0で訪れたトルコ料理レストランでもハイチェア完備。
ケバブの存在感…笑


散歩中ぐずったり、泣いてたりすると、かなりの確率で通りがかった人があやしていってくれる
地域全体で子育てしてるー!って感じがします。


(これは住んでいるエリアによるのかもしれませんが)プレイグループが多種多様で、毎日なにかしらの遊び場がある
子どもにおやつを配ってくれるようなプレイグループも!
親向けにTea(やコーヒー)が準備されてるのは、なんだかイギリスっぽい♪
IMG_5773
公園内で見つけた可愛らしいプレイエリア。
ナーサリーかなぁと思ったらここもプレイグループでした!



じゃあ日本はどうだったの?子育てしづらかったの?というと、日本は日本で良かったこともあって

商業施設に子供用トイレ(清潔で機能的!)や授乳室離乳食コーナー(お湯や電子レンジ完備)がある
IMG_4907
日本のデパートの離乳食コーナー。
すごく機能的で感動したので思わず写真に収めてしまった。笑

BlogPaint
実際使用するとこんな感じ。モグラみたい。笑

特に外出先での子供用トイレの有無なんかは、今後のトイレトレーニングに大きな影響を及ぼしそうな予感。。
あと、ショッピングセンターなんかにある子供用カート、あれって凄いですよね。
BlogPaint
子どもを飽きさせない、色んな機能がついてる…!

改めて振り返ってみると日本は、至れり尽くせり感が凄い…。

どこに行っても清潔!
ローカルのプレイグループに行くと床の汚れが気になって、特に絶賛ハイハイ中の息子を放つのに抵抗を感じたことも…。まぁ自分含め、土足ですしね、、そこを這うわけですしね、、
もう慣れましたが。笑
その点、日本は子供向け施設はもちろん、どこに行っても清潔ですねぇ。


気軽に病院にかかれる
これ、かなり大きいです。。
(自治体にもよると思いますが)大抵乳幼児の診察・薬代は無料というところが多いと思うのですが、それもあり日本では本当に気軽に、かかりつけのお医者さんに診てもらっていました。
その際にちょっとした子育ての不安を相談できるのもありがたかったし、風邪をひいたら中耳炎予防のためにこまめに鼻吸いをしてもらったり、耳鼻科で耳の掃除をしてもらったり…。

こちらではさすがにそういった病院通いができず、息子が少し体調を崩すたびに「あぁ、日本だったらなぁ。。」と思いを馳せています。。



実際、日本で子育てしていたときは、それなりに子育て支援に力を入れている自治体に住んでいたこともあり、やっぱりそのときも「子育てしやすいな~」と感じていました。
特に不便を感じることも、幸い嫌な思いをすることもなく。

なので今のところ、イギリスも日本も子育てしやすい(しやすかった)なーというのが正直なところ。

「イギリスって日本と違ってこんなに子育てしやすいよ!サイコー!」みたいなのを期待されていたら、裏切ってしまってすいません。笑
多分、一人目をガッツリ日本で産み育てて、二人目はイギリスで~…っていう方はもっと日本とイギリスの比較ができるんだろうなぁ。
子どもって、その時の月齢や成長で便も不便も変わりますもんね。

でも、そんなテンション低めなわたしが「これは日本にないな!いいな!!」と感じたことがあります。
それがこちら。

続きを読む