connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
少し暇なくらいが性に合う20代主婦。平日はのんびり。週末は弾丸トラベラー。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづります。

スペイン

イビサ島ハイライトは感動の夕日!

■旅行日程:2014年7月18~20日(2泊3日)

イビサ旅行記の続きです。あらすじはこちらから…
1)クラブだけじゃない!?スペインイビサ島へ!旅のスケジュール編
2)番外編:安おじの後悔、年間1万円で空港ラウンジを使い倒す方法?

3)イビサ島での交通手段、そして恐怖のドライブ


やってきました!西海岸!

P1160282
海の色を見た時、思わず歓声をあげてしまうほどきれい!


ホテルを移動してわざわざ東側から西側へやってきた目的は…

サンセット!


「イビサのサンセットは世界一だ」という人もいるほど、どうやらイビサで見る夕陽は凄いらしい。
でも正直、「夕陽世界一」の肩書きって色んな所で聞く。。

過度な期待をしないように、でもそんなに良いっていうんだったら行ってみようか~くらいで行ってきました。

結果、

今まで観たどこのサンセットとも違う、
今までで一番感動の夕陽でした…!


…ウソっぽいけど本当ですよ。笑


続きを読む

イビサ島での交通手段、そして恐怖のドライブ

■旅行日程:2014年7月18~20日(2泊3日)

イビサ旅行記の続きです。あらすじはこちらから…
1)クラブだけじゃない!?スペインイビサ島へ!旅のスケジュール編
2)番外編:安おじの後悔、年間1万円で空港ラウンジを使い倒す方法?



さて。
イビサ島では交通移動手段の確保が必要であることは、スケジュール編で少し触れましたが、今回はそちらの続きです。
 
イビサ島観光情報に関するサイトを見ていても、お勧めはレンタカーとあります。
更に、もしAT車を希望するのであれば台数が少ないので早めに手配(予約)をしておくように、とも。


イビサ島は、海岸線に沿ってきれいなビーチがずらぁ~っと点在しますが、車(もしくはバイク)でしかアクセス不可という場所も多いらしい。
海沿いにある素敵なカフェも然り。

20140719_120757
イビサのビーチは平均年齢が低く、海沿いのカフェバー併設のDJスペースからクラブミュージックが流れて賑やか。
夜を待てない人たちが昼からビーチで踊ってます。笑


続きを読む

クラブだけじゃない!?スペインイビサ島へ!旅のスケジュール編。

■旅行日程:2014年7月18~20日(2泊3日)

徐々に周りに浸透しつつある、夫のスペイン好き。

夫に連れられて訪れる旅先を思い起こすと、スペインだけでも昨年のマドリッド・セビーリャ(イギリス発の初海外!)に始まり、今年はサンセバ・ビルバオ(バスク地方)バルセロナ、そして今回はついに島デビュー!


知る人ぞ知る!?
ある一部の方たちにとっては、まさに聖地。


イビサ島!


イビサ
片道約2時間半の空の旅


イビサ島と聞いてまず思い浮かぶのは、クラブ
そう、かの有名な泡パーティー

 
party
盛り上がりもクライマックスを迎える早朝6時ごろから、大量の泡噴射。
身長の低い人は溺れ死ぬ危険があるほどの量らしい… 
気になる方はyoutubeでどうぞ…。かなりチャラチャラな映像が観れます。笑


これぞ!イビサ名物!

そういえばパーティー好きな元会社の同期たちが、これ目的にイビサに行く夏休みプランを立ててました。
パーリーピーポーにとっては、人生で一度は訪れたい楽園なのかも…?


が、私たち夫婦はもうそんなに若くないし、もともとクラブにも興味はないのでこちらはパス。

特に泡パーティーにでも行こうものなら、水着を着たり、着替えを持ったり、カメラや携帯・貴重品は泡からどう守るのかという問題があったり、色々考えだすとめんどくさそう。。


じゃあ、何が目的でイビサに行くのか?

…。

今回も旅の目的がイマイチわからないまま、ふらり週末旅行。
(「も」の意味がわからない方はマドリッド編へ…笑)


続きを読む

バルセロナのおすすめレストラン

■旅行日程:2014年6月21~22日(1泊2日)

バルセロナ旅行記の続きです。あらすじはこちらから♪
1)週末弾丸バルセロナ!1泊2日の観光スケジュール
2)バルセロナ土産は似顔絵で決まり!?人選は慎重に…


バルセロナ1泊2日の旅を「食」と「芸術」という視点で振り返る今回の旅行記。

こちらでは、市場で見つけた美味しいもの(ランチ)土曜日本命ディナー、そしてやっぱり今回も肝となる日曜日のランチについて体験談をご紹介します。
今後の行かれる際のご参考にどうぞ♪


さて。バルセロナ、スペインといえば…美味しい食べ物ですね

バルセロナで美味しい食べ物といったら、ここは外せません。
バルセロナ最大の市場、サン・ジュセップ(ボケリア)市場。

こちらは日・祝休みなので、土曜日必見スポット。
到着後ホテルへ荷物を預けて、早速ランチも兼ねてGO!

旧市街のメインストリート「ランブラス通り」を歩いていくと早速ありました。

P1150052
市場の入り口。
市場内外には、立派なカメラを構えた観光客の方がびっしり!


市場で見つけた美味しいもの。

P1150097
食べ歩き用に売られている生ハムセット


続きを読む

バルセロナ土産は似顔絵で決まり!?人選は慎重に…

■旅行日程:2014年6月21~22日(1泊2日)

バルセロナ旅行記の続きです。あらすじはこちらから♪
1)週末弾丸バルセロナ!1泊2日の観光スケジュール
土日の観光プランニングの振り返りコメントつき。


バルセロナ1泊2日の旅を「食」と「芸術」という視点で振り返る今回の旅行記。

バルセロナと芸術は切っても切り離せませんが、今回は身近なこんなところから。
いきなりお土産の話ですみません。笑


P1150125
旧市街のメインストリート、ランブラス通りには芸術の街を思わせる屋台がずらり。

P1150334
似顔絵描きの方々もたくさん!

P1150327
数ある絵描きさんの中でピカイチだったのがこちらのブース。立ち見のお客さんがずらり。
激似!更にちょっとイケメンに仕上げるという心憎い演出!


せっかくバルセロナにやってきたのだから、芸術的なお土産を残していこう!ということで、わたしたちも似顔絵をお願いすることにしました。

実は似顔絵は小学生のころ弟と一緒に描いてもらった記憶があるのですが、それがもう似てるようで似ていなくて…。
とても飾りたくなるような出来栄えではなかったので、似顔絵にはあまりいい思い出はありません。

が、ここは芸術の街!
スペインの芸術家の卵(多分)の方たちだし、クオリティは高いだろう!
何より、「バルセロナで似顔絵を描いてもらった」なんていい思い出になる♪


続きを読む

週末弾丸バルセロナ!1泊2日の観光スケジュール。

■旅行日程:2014年6月21~22日(1泊2日)

20140621_154704
2026年完成予定のサグラダ・ファミリアは、両側にある公園が撮影ポイント!


今回の週末弾丸トリップはバルセロナ
人口180万人(旧市街)に対して年間訪れる観光客が700万人とも言われる、言わずと知れた一大観光地!

毎回頭を悩ませるのが、1泊2日という限られた時間をどのように過ごすのか…。
そして、日曜日はすっかり街が静まり返ってしまう旅先(主にカトリック圏)での観光プランニング。

普段きっちり予定を立てずその時の気分でぶらぶら~っ街歩きをするタイプの我が家ですが、2日間のスケジュールを振り返ってみたら、こんな感じでした。


続きを読む

海編:街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ

■旅行日程:2014年4月18~21日(3泊4日)

今年のイースターはスペインバスク地方で美食巡り!
これまでのあらすじはこちら
1)海vs山対決!街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ 
2)山編:街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ



サンセバ・ビルバオ二都市のバルを食べ歩く、食い倒れの旅!

題して、「海vs山対決!街角ほろ酔いバル巡り」スタート!

山派のビルバオに続き、今回は派:サンセバ
世界で最も有名な美食の街といっても過言ではない、サン・セバスチャン。

P1120395
サンセバの海岸で撮った写真

ビルバオが内陸部・都市部(イメージはマドリッド?)に対して、サンセバは沿岸部・一大観光地(バルセロナ?)といった感じ?
バルセロナ行ったことないけど…。

期待を遥かに超えるクオリティで応えてくれたビルバオ。
サンセバのブランドは、それに打ち勝つことができるのか?!


またしてもこちらでは、サンセバで巡ったバル10店舗26ピンチョのうち、美味しかったピンチョベスト3と、お薦めバルベスト3(ピンチョの味&店内の雰囲気で総合評価)を、ビルバオで出会った風景とともにご紹介します♪

ちなみに食い倒れ3日目となるサンセバ初日は、ついに胃薬投入。

20140418_071431
イギリスの薬局で買いました。
色んな味が売っていますが、こちらはペパーミント味で、食感はラムネのよう。水なしでも飲める便利なやつ。


人生で初めて胃薬なるものを飲んだわたし。
胃薬って凄いんですね。寝る前に飲んでおいたら翌朝きっちり空腹状態!
きっちり胃薬を服用するわたしと、服用しない夫で、旅後半の食欲・意欲に歴然の差が生じます。

バスクに行かれる際はぜひ旅のお供にどうぞ。

P1120337
今回のテーマは徹底したバル巡り。
もちろん朝ご飯もピンチョです。


さて、それでは早速ピンチョ編です!

サンセバで出会った絶品ピンチョ1位は…

P1120370
いかすみリゾット(お店:atari gastroteka
※お店の詳細はまとめて最後にご紹介!

バゲット、バゲット、串、バゲット、バゲット…
こんな食生活が二日も続くと、やっぱり恋しくなるお米
日本人だなぁと思います。

どうしてもお米が食べたくなり、美味しいリゾットを探し歩いたのですが、意外とリゾットないんですよねぇ…。
リゾットを探し訪ねること数軒目。
そこでようやく出会えたのがこちら。
海の幸、いかすみをふんだんに使ったいかすみリゾット!

これ、「お米が食べたかった」というひいき抜きにして、本当に美味しかったです。
臭みが全くなくまろやか!
ピンチョサイズで小ぶりなので、数口でぺろりと食べ終わってしまうのが惜しい。。


続きを読む

山編:街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ

■旅行日程:2014年4月18~21日(3泊4日)

今年のイースターはスペインバスク地方で美食巡り!
これまでのあらすじはこちら
1)海vs山対決!街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ 

すっかり更新に間が空いてしまいました。。
が、ここでようやく!
サンセバ・ビルバオ二都市のバルを食べ歩く、食い倒れの旅!

題して、「海vs山対決!街角ほろ酔いバル巡り」スタート!

まずは、バルやピンチョのコスパ面に期待がかかる、山派:ビルバオから。

こちらではビルバオで巡ったバル10店舗35ピンチョのうち、美味しかったピンチョと、お店の総合評価(ピンチョの味&店内の雰囲気)を、ビルバオで出会った風景とともに勝手にランキング形式でご紹介します♪


P1110890
背後に迫りくる山々。とってもビルバオらしい風景。 

まずはピンチョ編

美味しかったピンチョ1位

P1110848
食べたお店:El Globo
(お店の詳細はまとめて最後にご紹介します)

こちら、実はビルバオで食べた初めてのピンチョだったのですが、これがもう美味しくて感動!
ビルバオ・サンセバ2都市で食べたピンチョNo1です!

ピンチョは、このようなバゲットの上に色んなおかずが乗っているのが基本なのですが、こちらに乗っているのはオリーブをすりつぶしたようなソースと、山羊のチーズを練り込んだホワイトソースのようなもの。
食べる前にほんのり温めてくれるので、チーズが少し焦げて香ばしい…!

最後まで忘れられない味でした。
もしもう一度ビルバオに行く機会があれば、絶対食べたい一品!

ちなみに、このピンチョの名前がわからなくても大丈夫!
後にお店の写真を載せますが、カウンターにずらぁっとピンチョが並んでいるので指さして店員さんにお皿に取ってもらえばOK! 



続きを読む

海vs山対決!街角ほろ酔いバル巡り~サンセバ・ビルバオ

■旅行日程:2014年4月18~21日(3泊4日)

今年のイースターは、3泊4日でスペインバスク地方の美食巡りに行ってきました。

P1120254
サンセバのオシャレなバル

バスク地方は古くから食文化の中心として栄えてきた美食の地。
地形にも恵まれ、山海双方の食材も豊富なんだとか…。

Spain_Community_Map
「バスク地方」の定義は諸説ありますが、ざっくりこのあたり。 
出典:http://spaining.zening.info/map/


バスク地方と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは「世界一の美食の街」と称され、世界中から美食家が訪れると言われるあの街。
そう、サン・セバスチャン

世界一、世界一って言うけど、何をもって「世界一」なの?と、納得のいかないわたし。
帰宅後早速調べてみたところ(行く前に調べればいいのに…と我ながら毎回思う。笑)、世界一たる所以はあの「ミシュランガイド」と、こちら英国の「レストラン誌の特集(2012年)」にあるらしい。


続きを読む

スペイン旅行~3日目:カルモナ地元のおじさんお勧めレストラン

スペイン旅行ブログの続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)スペイン旅行~旅行に至るまで
2)スペイン旅行~1日目:噂のライアン
3)スペイン旅行~1日目:マドリッド 
4)スペイン旅行~1日目:気になる正体
5)スペイン旅行~2日目:セビーリャの可愛いホテル 
6)スペイン旅行~2日目:セビーリャにみるマリア信仰
7)スペイン旅行~2日目:マエストランサ闘牛場
8)スペイン旅行~3日目:白い村カルモナへのアクセス 
9)スペイン旅行~3日目:カルモナの中世のお城パラドールに宿泊体験


2013年7月14日(日)

P1060309
カルモナの旧市街で見かけた壁の絵。色使いが好き。


パラドールを満喫し、カルモナ旧市街の観光もひと通り終えたところで、夕食に出かけます。
目指すはローカル感溢れる、安くて美味しい穴場のお店

あてもなくふらふらとバルを見定めながら歩いていると、スペイン語で話しかけられました。
そこには、まさに地元のおじさん(推定40~50代)4人組。
仕事終わりなのか、楽しそうにバルの外で立ち飲み、談笑中。

初めは「オラ~♪」と笑顔で返しその場を去ったのですが、夫のセンサーが反応したらしく「あのバルで一杯飲んでいこう!おじさんと絡んでいこう!」ということに。
夫の当初の旅行の目的は、「バルで一日中飲んで、美味しいもの食べて、地元の人と絡んで、夜まで遊ぶ」だったっけ…。

このバル、写真に収めていないのがとても残念なのですが、絶対観光客の人は来ないだろうな、という飾り気のない非常にローカル感の濃いバル。
引き返して来た私たちをおじさんたちは歓迎してくれ、自分たちの立っていた立ち飲み場を譲ってくれました。

初めこそお互いに距離があったものの、どうしても地元のおじさんとスペイン語で絡みたい夫の願いが通じたのか、そのうちおじさん交えて6人で飲むことに。


続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク
  • ライブドアブログ