久々にミュージカルを観てきました。
9月の「チャーリーとチョコレート工場」以来となる今回の演目は「CATS」。
ミュージカルファンの方はもちろん、ファンでない方も名前は聞いたことがある、日本でもニューヨークでも有名な演目ですね♪

キャプチャ

CATSと聞くと、どうしてもニューヨークブロードウェイのイメージが先行してしまい(実際2006年に「オペラ座の怪人」に抜かれてしまうまではロングラン記録公演だったんだとか。)、てっきりアメリカ発のミュージカルだと思っていたのですが…実はロンドン発でした!

ロンドンウェストエンドでのでの初演が1981年。
ブロードウェイが翌1982年。
知らなかった~。

ロンドンでも初演以来、約21年間のロングラン記録を持つんだとか。
今回ロンドンでの公演は実に十数年ぶりで、当初は12~2月までの3ヶ月限定公演ということでしたが追加公演が決まったようです!
今HPを見てみたら、4月25日までの予約を受け付けていました!


さて、CATSという名前は聞いたことがあるものの、内容は全然知らない…。
鑑賞前に少しだけストーリーをおさえておくことに。

ネットで検索してみると、

満月が青白く輝く夜、街の片隅のゴミ捨て場。
たくさんのジェリクルキャッツたちが、年に一度開かれる"ジェリクル舞踏会"に参加するため集まってきます。

人間に飼い馴らされることを拒否して、逆境に負けずしたたかに生き抜き、自らの人生を謳歌する強靭な思想と無限の個性、行動力を持つ猫
それがジェリクルキャッツ。

そして今宵は、長老猫が最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶ特別な舞踏会。
再生を許され、新しいジェリクルの命を得るのは誰か。
夜を徹して歌い踊る猫たち。
やがて夜明けが近づき、ナイフで切ってしまえそうな静寂に向かって、天上に上り、新しい人生を生きることを許されるただ一匹の猫の名前が、宣言されます。

その猫とは‥。
劇団四季HPより) 

とある。
その後もぱらぱらとネットで感想などを拾っていると、どうやら具体的なあらすじがなく、歌とダンスを楽しむ系ですといった情報もあり、う~ん??といったイメージ。

そのイメージで向かった今回の劇場。
PALLADIUM THEATREはリバティ前に位置していて、空き時間にお買い物なんかもできて便利な立地です♪



CATS
劇場前の看板。
Nicole Scherzingerという方のお名前が載っていたのですが、どうやらこの方有名な方のようで…(帰宅後に知りました)




続きを読む