スペイン旅行ブログの続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)スペイン旅行~旅行に至るまで
2)スペイン旅行~1日目:噂のライアン
3)スペイン旅行~1日目:マドリッド 
4)スペイン旅行~1日目:気になる正体
5)スペイン旅行~2日目:セビーリャの可愛いホテル 
6)スペイン旅行~2日目:セビーリャにみるマリア信仰
7)スペイン旅行~2日目:マエストランサ闘牛場
8)スペイン旅行~3日目:白い村カルモナへのアクセス 
9)スペイン旅行~3日目:カルモナの中世のお城パラドールに宿泊体験


2013年7月14日(日)

P1060309
カルモナの旧市街で見かけた壁の絵。色使いが好き。


パラドールを満喫し、カルモナ旧市街の観光もひと通り終えたところで、夕食に出かけます。
目指すはローカル感溢れる、安くて美味しい穴場のお店

あてもなくふらふらとバルを見定めながら歩いていると、スペイン語で話しかけられました。
そこには、まさに地元のおじさん(推定40~50代)4人組。
仕事終わりなのか、楽しそうにバルの外で立ち飲み、談笑中。

初めは「オラ~♪」と笑顔で返しその場を去ったのですが、夫のセンサーが反応したらしく「あのバルで一杯飲んでいこう!おじさんと絡んでいこう!」ということに。
夫の当初の旅行の目的は、「バルで一日中飲んで、美味しいもの食べて、地元の人と絡んで、夜まで遊ぶ」だったっけ…。

このバル、写真に収めていないのがとても残念なのですが、絶対観光客の人は来ないだろうな、という飾り気のない非常にローカル感の濃いバル。
引き返して来た私たちをおじさんたちは歓迎してくれ、自分たちの立っていた立ち飲み場を譲ってくれました。

初めこそお互いに距離があったものの、どうしても地元のおじさんとスペイン語で絡みたい夫の願いが通じたのか、そのうちおじさん交えて6人で飲むことに。


続きを読む