■旅行日程:2015年1月10~11日(1泊2日)

イギリスにいるうちに、どうしても行っておきたかった場所があります。


イギリスに住むまでユダヤ教というものに全く縁がなく、ユダヤ教について考えることも、実際ユダヤ教の人を目にすることもなく生活してきました。

が、ヨーロッパを旅していると、色んな所でユダヤ教を意識することになります。

チェコ、プラハで訪れたユダヤ人街やシナゴーク(ユダヤ教会)、初めて目にするダビデの星。
リトアニアで知った、第2次世界大戦当時、迫害に遭うユダヤ人を救うべく政府の意向に反して「命のビザ」を発給し続けた杉原千畝さんという方の存在。


日本にいたころは第2次世界対戦というと、原爆・そして敗戦といったイメージが大きかったのですが、ヨーロッパ各地を旅することで、ホロコーストその後の冷戦といった、今までとは違ったイメージを抱くようになりました。


もっと知りたい、知らなければいけない。
そういう思いで、いつの間にか「訪れてみたいリスト」に追加されていたアウシュビッツ。

今月の初め、その思いが叶うことに。
急に決まったスケジュールのため、有名な日本人学芸員さんの中谷さんの予約は取れませんでしたが、日本語堪能なポーランド人ガイドさんと一緒に訪れてきました。


続きを読む