8-gindako2
一時帰国の際、どうしても食べたかった築地銀だこの「ねぎだこ」。本当に美味しかった…


週末、友人夫妻を呼んでたこパをしよう!

水曜日の夜、急きょ思い立った夫。
日本から持ってきてまだ一度も開封していないたこ焼き機の存在を確認して、友人夫婦を誘い、たこのあてもないままたこパ開催が決定。


あれは中学生のころだったか、英語の教科書に

Emily:Really?Do you eat octopus!?
 
と、日本へホームステイに来ただったか、主人公のKumiがアメリカに行っただったかで知り合うアメリカ人エミリーが、たこを食べる日本の食文化に驚いている会話があったのですが、そのとき初めて、たこって世界共通の食べ物じゃないんだ…と知りました。

普段たこを食べる食文化のない国の方とっては、あのうねうねした軟体動物を食べるのが心理的に受け付けないみたいですね。 。


察するに、たこを食べない人が多いであろうイギリス。(多分)

※少なくとも、イギリス人の大家さんは気味悪がって絶対食べない。 
保守的なイギリス人のお断り表現として、
I don't want any adventures, thank you. (thank you の前に間を入れるとより効果的らしい)という表現をどこかで聞いたけど、これがすごく大家さんっぽい。
というか実際、いつか言われたことあるな…


イギリスでたこなんて手に入るの?と思いきや、手に入ります。
比較的手軽に、そして安く!


続きを読む