明けましておめでとうございます。
今年もブログ、twitter共によろしくおねがいします!


今回は在英3度目となる年越しでした。
が、これまで旅先で新年を迎えていたためロンドンで年を越すのは今回が初めて。

ロンドンの年越しは花火! 

newyear
London New Year’s Eve Fireworks © visitlondon.com/Stewart Marsden

パーっとロンドンらしく賑やかに年を越したいところですが、1歳3ヶ月の息子がいるのでカウントダウンに出かけたり、自宅に人を招くといったこともなく、ただただ地味に、粛々と自宅で花火鑑賞の予定。

が、その楽しみにしていた花火鑑賞も、大晦日の当日はあいにくの雨模様…。
日中は降ったり止んだりで、果たして雨でも花火は上がるのだろうかと心配していたら、夜には雨も上がり一安心。

日本にいたら大晦日には大掃除におせちの準備、夕飯はちょっと豪華に、日本酒で乾杯!といったところですが、今回はクリスマスホリデー旅行から30日夕方に戻ってきたこともあり、大晦日らしいことは放棄。


ギリギリに注文したおせちを夫と息子にピックアップしに行ってもらい、元日はお雑煮だけは作ろうとその買い出しをお願い。
その間わたしは自宅で、そろそろ限界を迎える生のクリスマスツリーの片付けに勤しみます。


そうこうしているうちに夕方を迎え、2017年最後の食卓はご馳走でも食べたいところですが、いかんせん大晦日のあれこれは放棄しているので、今年は冷蔵庫にあるもので質素に。
お味噌汁、焼き魚、ほうれん草のおひたし、オクラ。
久々の和食が、旅行で疲れた胃腸に優しかった~。
1週間好きではないベビーフードと、やたらと味の濃いスペイン料理を食べさせ続けられた不憫な息子も、久々の慣れ親しんだ和食に満足の様子でぺろり。

家族揃って同じメニューの夕飯を食べ(まだまだ大人とは別メニューの食事を、大人とは別時間に食べている息子にとってはこれだけで特別感!)、お風呂に入り、終始ご機嫌の息子を寝かしつけ、いよいよ夜。


さて。
日本だとこの辺から紅白ガキ使を交互に見ながら、お酒とお刺身でも食べているころ…

が、ここはイギリス。
年明けまであと3時間。この時間をどう過ごそうか…。

続きを読む