スペイン旅行ブログの続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)スペイン旅行~旅行に至るまで
2)スペイン旅行~1日目:噂のライアン
3)スペイン旅行~1日目:マドリッド 
4)スペイン旅行~1日目:気になる正体
5)スペイン旅行~2日目:セビーリャの可愛いホテル 
6)スペイン旅行~2日目:セビーリャにみるマリア信仰
7)スペイン旅行~2日目:マエストランサ闘牛場
8)スペイン旅行~3日目:白い村カルモナへのアクセス


2013年7月14日(日)

セビーリャよりバスに揺られて約50分。

ついにカルモナに到着!

P1060241
バス停から眺めた新市街の町の様子

白い村」というからには、本当に小さな「村」をイメージしていたのですが、着いてみたら大違い。
村というよりは、町?街?を思わせる規模です。
もちろん、薬局も普通にある…。花粉症の薬が手に入らないんじゃないかという前日の心配はどうやら不要だったようです。
(詳細:「白い村カルモナへのアクセス」)


さて。
まずは本日の宿泊先、「パラドール・デ・カルモナ」を目指して新市街より旧市街へ向かいます。

パラドールとは、国の持つ歴史的建造物を改装し、宿泊施設とすることで建物や文化の修復・保存に努める半官・半民のグループ産業のことで、その数はスペイン全土に92軒(2008年)。
現在はこのパラドールの集客効果で、周辺地域の経済活性化、そしてスペイン全土の観光業の発展に大きく貢献している事業なのだそうです。(2008年 TRANSITより一部抜粋)


これって、すごく良いアイディアですよね~。
歴史的に価値あるものをきちんと保持していくってお金がかかる。
でもただその建物だけで観光客を呼ぼうと思うと、いまいちインパクトにかける。
今回も、ただ「カルモナに中世のお城があります」だけだったら、わざわざ行ってないと思う。
お城なんて、スペインに限らずヨーロッパにはその辺にたくさんあるから。

じゃあいっそホテルにしちゃって、宿泊料金取っちゃえ!ついでに、周辺も観光地化してお金落としていってもらおう!
って、すごく良いアイディアだなぁ、って思いました。

何でもその始まりは1928年に遡るそうです。
ベガ・インクラン伯爵が観光業に着目し、当時の王様アルフォンソ13世が自身の保有する山荘を改装して宿泊施設に、と提案したのが始まりなのだとか。

凄いぞ!ベガ!アルフォンソ!!笑

日本の過疎化する地域も、同じようなことできるといいな~、とふと思いました。


さて、話は戻りますが、
カルモナのパラドールは、かつてこの町を守る城塞の一つだったアラブの城を改装したものなのだとか。
「憧れのパラドールステイ」という言葉も、ネットでちらほら…。
色々調べていく内に、その言葉はそっくりそのままわたしの願望に。笑

人生初のお城宿泊体験となるカルモナのパラドール。その実態やいかに!


ということで、ここからはカルモナの町の風景とともに写真ダイジェストでお送りします。笑


続きを読む