クリスマスシーズンの街の賑わいはどこへやら、デパートや街中の人がごっそりいなくなり、お買い物のし易い季節になりました。
出費のかさむクリスマスを終えた今、イギリスの皆さまは財布の紐をキュッとしめていらっしゃるんでしょう…!

我が家はというと、年末のクリスマスパーティーシーズンを終えてホッとしたのもつかの間、今度は新年会シーズン突入です。笑
日本人ですからね!
雰囲気をガラリと変えて、刺し身に焼肉に、新年会やります…!
こうやって考えると、日本て色んな国の文化を取り入れることで、なんとイベント続きで忙しい国なんだろうと思います。笑


さて。
新年会の場にクリスマスツリーは似つかわしくない、ということで今年初めて挑戦した生のクリスマスツリーともお別れです。
(初めての生木クリスマスツリー購入に関してはこちら「クリスマスツリーの販売開始!」)


…というより、それ以前にお別れせざるを得ない状況となっていました。。

思い起こせば約4年前。
イギリスで初めて迎えるハロウィンに、初めてかぼちゃでジャック・オ・ランタンを作ったときのこと。
制作より1週間で、かぼちゃが、凄いことになったんです。
詳細はこちら。 。
来年はジャック・オ・ランタン作ってみようかな~という方にもご一読をオススメします。
※閲覧注意※ジャック・オ・ランタンの本来の姿


今回はそのクリスマスツリーバージョンということで、かぼちゃと併せてご紹介したいのですが、、

まず、こちらが購入時の姿

枝木をいっぱいに広げて、それでいて凛としていて美しい
そしてこの存在感。

そしてこちらが、購入より4週間
クリスマスホリデー旅行を終えて帰ってきた私達を待ち受けていたクリスマスツツリーの姿。 
続きを読む