connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

オランダ

チューリップを求めてオランダのキューケンコフ公園へ。(アクセス編)

■旅行日程:2014年4月28~30日(2泊3日)

P1120502
この時期のオランダは街中にチューリップが溢れてる!
50本で8ユーロは安い…!
このまま持って帰って、でっかい花瓶に全部ばさっと生けたい…


日本のGWも一段落ですね。
それにしても、GW中のロンドン中心部は日本人がたくさんいてびっくり!

ガトウィックへ向かうために降り立ったロンドンブリッジ駅では、エスカレーターで日本人観光客(別グループ!)に挟まれたり、至る所から日本語が聞こえてきたり…。
かく言うわたしは、フライト中の快眠に向けてすっぴん+ラフな格好で国籍不明のアジア人でしたが…笑

さて。遡ること約10日。(まだ10日か…!)
単身赴任中の旦那さまへこれから会いに行くという友人より一報を受け、急きょ向かうはオランダ・アムステルダム

トルコへのなんちゃって一人旅で、海外一人旅に味をしめたわたし。
まさにこれから飛行機へ乗りこむ友人の一報を受け、その二日後。
平日なので仕事のある夫をロンドンへ置いて、一人行ってきました。
ありがたや、ありがたや。 

 
思いつきで友人を訪ねたはいいものの、当の本人は旦那さまのお世話で大忙し
越してきて1年がたつのにまだ引っ越し用段ボール箱の積み重なる家を片づけたり、必要最低限の食材・食器を揃えたり、慣れない土地でオランダ語に四苦八苦しながらスーパーで買い出し、食事の準備…。

そんな友人の姿を見ていて、渡英直後の自分をふと思い出しました。

でも自分の場合は英語圏だし、超ハードな仕事の合間にロングフライトでやってきて慣れない土地と家で家事をこなすわけでもないし…。
駐在員の旦那さまを持つ、働く奥様って大変だ。


本人は忙しそうだし、せっかく日本からやってきた奥さん(友人)を旦那さんからあまりお借りしておくのも気が引けるので、友人とは一度夜ごはんと、別日にお茶を一緒にするのみにし、滞在中は今度こそほぼ一人旅!

なにせ思い立って2日後に訪れたオランダ旅行。
ガイドブックももちろん手元になければ、ネットでの情報収集もほぼ皆無。
さて…、(密かに)頼りの綱だった友人との観光案も消えてなくなったことだし、何をしようか…


そこで思い立ったのが、チューリップ
オランダといえば、風車チーズチューリップ
この時期のオランダは、まさにチューリップ天国!!!!

P1120931
風車で有名な村へはちょっと遠出になりますが、チーズ屋さんは街中にごろごろ。
大抵のお店はチーズの試食し放題なので、小腹が空いた時に便利。笑


オランダでチューリップといえば「キューケンコフ公園」というところらしい。

滞在先のホテルのwifiを利用し、携帯で行き方を調べるとどうやらアムステルダムの中心部より、電車とバスを乗り継いで片道1時間ちょっと
滞在ホテルからだと片道2時間弱…。
意外と遠いんだ…。

どうしよう…。やめとこうかな…。
そう諦めかけた時、たまたま数日前にオランダ旅行をしていた友人より空港より直通バスが出ているとの有力情報を入手!
そんなこと、オランダで友人に借りたガイドブックのどこにも書いてないのに…!


今年の開演は5月18日までとなっていますが、今後キューケンコフへお出かけになる方も多いと思いますので、ご参考にご紹介します♪


続きを読む

あんなものからこんなものまで!?今が満開!オランダのチューリップ

オランダ旅行記のつづきです。
■旅行日程:2014年4月28~30日(2泊3日)


スキポール空港から直通バスあります♪
1)チューリップを求めてオランダのキューケンコフ公園へ(アクセス編) 

P1120571


さて。
思い立って2日後に飛行機に乗るという行き当たりばったりの旅にしては、なんともうまく行っているオランダ旅行。
計画性0でもいつも何とか上手くいってしまうので、ますます図に乗ってしまうのがわたしの悪いところ…。
(…と、自戒しているように見せかけて、本当は何も考えていないわたしは典型的なB型!)

やってきました!オランダのキューケンコフ公園

こちらの公園は世界的に有名な花の庭園で、毎年限定2カ月の開園だそうですが、開園中は実に700万株以上の花が咲き乱れるんだそうですよ。

P1120581

そして今年は開園からちょうど65周年
開園65周年を記念して、今年のテーマは「オランダ」。

チューリップの歴史や、17世紀に湧き起こったチューリップバブル、現在のチューリップに関する展示があるほか、アムステルダムの街並みのモザイクがチューリップで作られていたりと、まさに願ったり叶ったりのチューリップ天国

事前情報によると、園内にはカフェのような休憩スポットも充実しているとのことで、そちらも楽しみ。
お天気はあいにくの曇天・小雨がちですが、空気がしっとりしていて気持ちがいい。思わず深呼吸。
お天気とは裏腹に気分は晴れやか。

いざ、園内へ!


続きを読む

自転車天国オランダ!オランダ自転車のあれこれ

オランダ旅行記のつづきです。
■旅行日程:2014年4月28~30日(2泊3日)


スキポール空港から直通バスあります♪
1)チューリップを求めてオランダのキューケンコフ公園へ(アクセス編) 
2)あんなものからこんなものまで!?今が満開!オランダのチューリップ 

P1120915
雑貨屋さんにも自転車デザインのものがたくさん


オランダでは自転車に気をつけてね

ロンドンを発つ前にそう夫に送り出されたのですが、行ってみて「なるほど~」と納得。
街を歩けば、辺りは自転車自転車自転車
老いも若きも観光客も、みーんな自転車。そこはまさに自転車天国!

P1120886
白髪のおじいちゃんも…

P1120887
スーツ姿のお兄さんも…
(カメラを構えていたらお姉さんがピースサインをしてくれました♪)

P1120831
地元のお姉さんも…

ちなみに、後ろに見えるのはアムステルダム中央駅。
何か見覚えがあるな…と思ったら、東京駅にそっくり! 

滞在中てっきり東京駅は、このアムステルダム中央駅がモデルなんだと思っていました。
が、帰国後調べてみると、確かに「東京駅(丸の内駅舎)のモデルは、アムステルダム中央駅だ」と言われ続けた時代があったそうですが、今では建築の専門家によってその俗説は否定されているそうです。

双方赤レンガ造りで横長い構造であるという点、いづれも皇族専用の部屋を備えている点などが共通しているものの、建築様式が全く異なるんだとか。

そんな東京駅とアムステルダム中央駅は、今では姉妹駅(2006年姉妹駅提携)。
何はともあれ、遠い異国の地と日本とのつながりを感じられるのは嬉しいことです♪


話がそれましたが、そんな自転車大国のオランダ。
何でもアムステルダムでは、人間の数よりも自転車の数の方が多いんだそう。(!)

20140428_122256
ホテル最寄り駅付近の様子。
高架下に大量の自転車を見た瞬間、脳裏に浮かんだTOKYOの文字…



続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク
  • ライブドアブログ