connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

ロンドン観光案内

両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン

■2013年11月8日

BlogPaint
6日間毎日を共にした、汗と涙と努力(実話)の結晶。
裏面にはホテル周辺地図。


ことの始まりは10月初旬。父から入った一本の電話。

11月のシルバーウィーク、お母さんと二人でロンドン行くことにしたから


えっ、シルバーウィークってもう1ヶ月後なんですけど…
これから航空券・ホテル手配するの?
というか、わたし来週から1週間メキシコだし、そんな急に言われてもこっちも予定とか、準備もあるんですけど…


その連絡を受けて以来、何となく
観光案内どこに連れて行こうかな~
やっぱり1回は自宅で夕食はふるまった方がいいだろうから、ホテルは自宅近くになるといいな~
くらいには考えていたものの、何も具体的に決まらないままメキシコトリップ。
(メキシコ旅行記はこちら


メキシコから帰国後、両親初渡英まであと約2週間
その間予想に反して何の連絡もない両親へ連絡をすると、まだ航空券が決まっていないとのこと…。

わたしの実家は福岡なのでロンドンへ来るにはどこかで乗り換えをする必要があり、直前ということもあって結構フライトが埋まっていて現在旅行会社に勤める父の友人が必死に調整中なんだとか。
フライトが決まらないので、もちろん日程も未定。
ホテルの場所も未定。


あと2週間後なんですけど…

色々観光プランを決めようにも、決められない。
どうやら旅行会社に勤める友人からは、日程の変更を勧められているらしい。
でもこちらは既に、友人夫婦と予定していた週末の旅行の日程を変更してもらったところ。
これ以上の変更はもうきかないし、とはいえせっかくイギリスに来た両親を放って旅行に行くことはできない。。


気持ちばかりが焦り、もう何も手に付かない状態で迎えること10月最終週。
ようやくフライトと日程とホテルが決まった!!!
この時、実に渡英1週間前


そこから怒涛のスケジューリングと、各種チケット手配の日々。
自宅とホテルが片道約1時間という立地になってしまったため、ぼんやりと考えていたプランは再度詳細を練り直し。


今までは何も考えず、夫に連れられるがままにロンドン(イギリス)観光をしてきた私。
渡英半年。いつの間にか、自分がロンドンを案内する側に

海外在住者として避けては通れない道ですね。
同時期に渡英してきた周りの友人も、ちらほらと観光案内が始まっている様子。

友人、両親、義理の両親…。
噂に聞く、夫の上司奥様や、出張者の観光案内なんかは本当に存在するのだろうか。


向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「秘書」。
完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。


続きを読む

両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光初日編

■2013年11月9日

向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「
秘書」。

完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。

これまでのあらすじはこちら
1)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン




■観光初日■
09:00 ホテルにお出迎え、オイスターカード配布、最寄駅案内、電車の乗り方レクチャー
09:30 Victria発ロンドン市内観光バス
     途中下車:St. Paul大聖堂、ビックベン
13:00 ランチ
14:00 ロンドン・アイ(時間指定予約)
15:00 付近を散策
16:00 ハロッズでお買い物(お土産スポット1
17:00 フォートナム&メイソンでお買い物(お土産スポット2
18:30 中華街散策、日本食スーパー案内
19:00 ディナー(中華)


この日は日曜日だということもあり、夫も参戦。
ということで、この日のアテンドは全て夫任せ。(夫はこういうアテンドがとても上手)
わたしにとっては、アテンドへの慣らし日。

両親にとって初のロンドンとなるこの日は、まずはロンドン市内の名所を一通り回り、雰囲気を知ってもらうのが目的。
今回のプランでは旅の後半はロンドン郊外トリップが主になるため、ロンドン市内を隈なく回れるのは今日しかない!

そうとなれば、真っ先に頭に浮かぶのは「市内観光バス」。
観光客の方がよく乗っている、あの2階建てバスですね。

DSCF5255
2階席がオープントップになっているこんな観光バス


前々から興味があったのと、 50代の両親が楽々移動できて効率よく観光名所を回れるのでいいかなぁ、と思い今回は数ある催行会社の中より、日本語オーディオガイド対応のこちらの会社に。

original tour
The Original Tour  公式サイトはこちら(日本語)

・乗降車スポットで乗り降り自由
日本語ガイド対応路線は2ルート
・テムズ河クルーズチケット付き (当日のみ有効だったため利用できず)

事前にオンラインでチケットを購入しておきましたが、大人1日乗車券£25.00/人 でした。
 
map
2路線だけでも市内観光の主要どころはすべて網羅しています。
拡大路線マップはこちら 


続きを読む

両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 前編

■2013年11月11日

向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「
秘書」。

完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。

これまでのあらすじはこちら
1)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン
2)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光初日編


■観光2日目■
09:30 St. James's Parkにて待ち合わせ(降りたホームにて)
10:00 クイーンズギャラリー見学
11:30 バッキンガム宮殿の衛兵交代式見学
13:00 ランチ
14:00 テムズ河ボートトリップ
15:00 グリニッジ天文台見学
18:00 一度ホテルで休憩
19:00 ディナー(結婚記念日サプライズ)


P1050127
本日午前のハイライト:バッキンガム宮殿


さて。本日の両親との待ち合わせはDistrictラインのSt. James's Park駅。
両親の泊っているホテルから乗り換えなしで1本。

出口が複数あり、両親と連絡を取り合う手段もないため、「降りたホーム」で待ってもらうように再三伝えておきましたが…改札を出たところだと勘違いした両親とは集合時間より10分たっても出会えず。。
なにはともあれ、もしやと思ってホームに戻ってきてくれた母と再会できてよかったです。
心配していた電車は、昨日のレクチャーの甲斐ありばっちりOK! 

本日の予定は午前中のハイライトが「衛兵交代式」午後は少し郊外のグリニッジへ足をのばし、夜はサプライズの結婚記念祝いディナーと、観光2日目にして詰め詰めのスケジュール。
夫よりバトンを受け取り、初めてのアテンドを任されたわたしも気合が入ります。


実はこの日、当日の朝ぎりぎりまで朝イチのスケジュールを決めかねていました。
と、いうのも本当は月曜日限定開催のアンティークマーケット@コベントガーデン(以前行った時の記事はこちら)へぜひ連れて行きたくて、衛兵交代式の前か、後にと考えていたのです。

が、前に行くには時間が中途半端すぎる。
11時には宮殿前に着いておきたい(場所取りも兼ねて)、となるとコベントを出るのが10時半…。時間が足りない。
じゃあ当初考えていた、交代式の後は?となると、昨日の日の入りの様子から行くと、その後のグリニッジに着くころには真っ暗になってしまう。。

ということで、あえなくアンティークマーケットは断念したのですが、結果的にはやはり行かなくて正解でした。
その後色々ハプニングもあり(詳細はのちほど)、時間に余裕をもったプランでいって良かった…。


P1050135
バッキンガム宮殿正面にある、ビクトリア女王記念碑。空が青い!


続きを読む

グリニッジ行きでハプニング!?ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 後編

■2013年11月14日

向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「
秘書」。

完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。

これまでのあらすじはこちら
1)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン
2)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光初日編
3)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 前編


■観光2日目■
09:30 St. James's Parkにて待ち合わせ(降りたホームにて)
10:00 クイーンズギャラリー見学
11:30 バッキンガム宮殿の衛兵交代式見学
13:00 ランチ ☚前回はここまで!
14:00 テムズ河ボートトリップ
15:00 グリニッジ天文台見学
18:00 一度ホテルで休憩
19:00 ディナー(結婚記念日サプライズ)


緑が気持ち良いガーデンカフェで、両親念願のフィッシュ&チップスを食べ、お腹も心も満たしたところで…
午後のハイライト、テムズ河を下ってグリニッジへ向かいます。

実はこのルート、以前夫と来たことがあります。
6月末日、やっとロンドンにも夏がやってきたぞ~!と舞い上がっていたあのころ、自身初となるロンドン観光はまさにこのルートだったのです。

20130630_095606
こんな船に乗って…

P1050850
ロンドン観光名所が一望できるお勧めのルート!
詳しくは前記事「東へお出かけの際は船なんていかがでしょう?」 

見覚えのあるEmbankment Pierのボックス窓口で行き先を告げ、オイスターカードで支払い。(オイスター利用だと割引価格になります
出航まで20分ほど待ち時間があったので、川にぷかぷかと浮かぶ待合室でその時を待ちました。 

屋根もある立派な待合室なのに、ゆらゆら…
む。。何だか嫌な予感。。


ちなみに今回利用したのは、前回同様「Thames Clippers(テムズ・クリッパーズ)」という通勤用コミューターサービスです。
きちんとした観光船も各種出ていますが、料金が安いので今回もこちらにしました。
(通勤用はオイスター割引で約£5.40、観光船は会社によりますが£10.00前後)

わたしの経験上、通勤用でも船上からの観光は十分楽しめます
が、ガイドブックによると多くの桟橋(Pier)に止まるので、時間がかかることがネック…とありました。

まさか、このことが後で仇になるとは。。

※Thames ClippersのHPはこちら
タイムテーブルも載っているので、事前に調べておけばよかったです~


定刻きっかりに船に乗り込み、いざ出航~!!

P1050156
すっきり青空!クルーズ日和!

続きを読む

ついに折り返し!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光3日目編

■2013年11月18日

向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「
秘書」。

完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。

これまでのあらすじはこちら
1)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン
2)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光初日編
3)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 前編
4)グリニッジ行きでハプニング!?ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 後編


■観光3日目■
09:00 ホテル最寄りのWest Blompton駅にて待ち合わせ
10:30 ウィンザー城到着
13:00 ランチ
15:00 コベントガーデン散策(お土産スポット3
17:00 アフタヌーンティー
19:30 ライオンキングミュージカル鑑賞


怒涛の観光2日目を終え、両親は既に若干疲れ気味。
特に、前日昼食に選んだフィッシュ&チップスが重すぎたようで、ついに胃薬を飲んで迎えた観光3日目

わたしはというと、慣れないアテンドに疲労困憊。
アテンド2日目にして、体力・気力ともに限界を迎えつつある…。

この日はそんな私たち3人を気遣って、夫がお弁当を持たせてくれました
中身はいつも旅行の際に一緒にこしらえていく、おにぎり、卵焼き、ウインナー、そしてベランダで採れたミニトマト。
両親の弱った胃には、懐かしの日本食が一番!


さて、この日はロンドンから少し遠くへショートトリップ。
いよいよロンドンだけではないイギリスの姿を案内しに行きます。
初の遠出に加え、今日は開始時間がきっちり決まったイベントがふたつ。(アフタヌーンティーとライオンキング)
昨日のように時間に融通が利かないので、気力の限界だとも言っていられません。

本日はあいにくの曇り空からのスタートですが、気を引き締めてまずはウィンザー城へGO!

続きを読む

コッツウォルズへ♪ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光4日目編

■2013年11月20日

向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「
秘書」。

完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。

これまでのあらすじはこちら
1)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン
2)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光初日編
3)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 前編
4)グリニッジ行きでハプニング!?ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 後編
5)ついに折り返し!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光3日目編


■観光4日目■
08:00 Victoria駅集合
08:15 コッツウォルズツアーへ出発
     立ち寄り:バーフォード、バイブリー、ボートンオンザウォーター、ブロードウェイ
18:00 ディナー(市内で簡単な和食)
18:30 M&S、Waitroseでお買い物(お土産スポット4


ついにやってきた観光4日目!
わたしにとっては、待ちに待ったこの日…
なぜならこの日は、終日バスツアーなので私はアテンド業務を一時お休み
そう、休息日!!

今までツアーに頼らず、全て個人アテンドで頑張ってきましたが、やっぱり間に一日ツアーを入れておくと気持ちが楽~。

今回私自身にとっては2度目となるコッツウォルズ。
1度目は渡英後間もない時に、日本から遊びに来てくれた友人とともに、ブロードウェイ、ボートンオンザウォーターといった有名どころ(よくバスツアーに組み込まれているところ)を回りました。
前回の様子はこちら(「コッツウォルズ日帰り旅行」)

有名どころはもう回っているので、この日は完全休業にして(笑)両親二人でバスツアーに行ってもらうことも考えたのですが、やはり写真撮影や食事の際は誰かいた方が何かと便利だろうということで、わたしも同行することに。

ちなみに、今回数あるコッツウォルズツアーの中からツアーを選ぶ際に利用したのがこちらのサイト。
「ロンドン発 コッツウォルズ観光ツアーの一覧表」
URL:こちら

各社の価格催行曜日立ち寄る村お勧めポイントなどが一覧になっていて、とても使いやすかったです。


色々悩んだ末に今回利用したのツアーは[みゅう]憧れのコッツウォルズ ハイライト周遊1日観光ツアー

決め手は
日本人ガイド付き
・価格が安い
・(私個人的には)1か所だけだけど行ったことのない村へ行ける

昼食付きのツアーもあり、両親だけであればそちらにしようと思いましたが、わたしも同行することにしたので昼食はなし。
結果的には、前回のツアーに比べるとガイドさんの案内に若干不満は残るものの…
ツアー全体としてはこんなもんかなーという感じでした。まぁ、価格が安いので良しです。


あいにくこの日は朝から小雨。
でも終日バス移動なので、電車・バス・徒歩移動という他の日に比べると「雨が今日で良かった~」というのが正直なところ。

唯一心配だった、8時にビクトリア駅(プラットフォーム1and2前)集合という難所も何とかクリア。
(早めにビクトリア駅へ向かい、電車でやってくる両親を改札前で待ち構えて合流に成功!初日に集合場所へ実際案内しレクチャーは終えていましたが、それでもやはりあの広いビクトリア駅で迷子になってしまわないか不安でした。。)

日本人約15名ほどを乗せたバスは、いよいよロンドンを出発!
はちみつ色の村、コッツウォルズへ!

 続きを読む

ついに最終日!(涙)ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光5日目編

■2013年11月23日

向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「
秘書」。

完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。

これまでのあらすじはこちら
1)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン
2)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光初日編
3)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 前編
4)グリニッジ行きでハプニング!?ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光2日目 後編
5)ついに折り返し!ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光3日目編
6)コッツウォルズへ♪ロンドン観光案内6泊8日プラン~観光4日目編


■観光5日目(最終日)■
09:30 Embankment駅集合
10:00 大英博物館見学(自由行動)
13:00 バラマーケットにてランチ
15:00 自宅へ案内
16:00 カムデン・マーケット散策(お土産スポット5
19:00 自宅にてディナー
22:00 タクシーでホテルへ


ついに迎えた観光最終日。(このシリーズもいよいよ終わりを迎えたかと思うと感慨もひとしお…!)
お土産も買ったし、ロンドン市内・郊外くまなく観光したし最終日はおまけのようなもの~…
と思っていたら、最後にメインがありました。

そう、大英博物館

これは行っておきゃなきゃですよね。
特に親世代は…!
元々母からの行きたいところリストには上部に挙がっていたものの、最終日まで行ける日がなく、延び延びになってました。

この日はあいにくの曇天。
10時の開館に合わせて自宅とホテルとの合流地点となるEmbankment駅で待ち合わせ。
少し早く着いてしまいましたが、道中のお土産屋さんで時間をつぶし、実質最後の観光地となる大英博物館へ到着。

BlogPaint


続きを読む

ティーカップが可愛い!隠れ家ティールーム「Soho's Secret Tea Room」

日本から仕事でやってきた友人と、一日ロンドン観光。

初ロンドンの友人。
観光の合間の休憩は、PUBでビールでもいいし、この時期だったらレストランのテラス席でワインでもいい。
でもやっぱり連れて行きたいのはティールーム
カフェではなくて、ティールーム…!!(何となくのこだわり。笑)


有名なティールームや、ホテルのアフタヌーンティーもいいけど、もっと肩ひじ張らずに気軽に行けて、でもイギリスらしい可愛らしいティールームに行きたい…
そんな素敵なティールームはないものか… 

そう思って探していたところ、たまたまネットで発見したのがこちら。

Soho's Secret Tea Room

キャプチャ
HPは簡素な作りですが、とっても可愛い!
この雰囲気がまさにイメージしていたティールームにぴったり!
HP:http://www.sohossecrettearoom.co.uk/


実際行ってみたところ、まさにイメージぴったりの可愛いティールーム!
SOHOという便利な立地にありながら、ちょっと変わっていて何度でも通いたくなるところでした♪

そんなちょっと不思議なティールームをご紹介します♪ 

 続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク
  • ライブドアブログ