connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

バース

ロンドン日帰り旅行:世界遺産バース 前編

img_1503587_61265404_3


2013年8月3日(土)

イギリスで「天然温泉」に入れるらしい。
テルマエ・ロマエさながらの、温泉遺跡があるらしい。
ロンドンより日帰りで行けるらしい。

そんな噂をききつけ、ずっと気になっていたわたし。
これは温泉好きとして、外せない!

ということで、行って来ました。温泉の町・バース


ロンドンPaddington駅より、バースまで片道約1時間半。
早起きして朝一で行くはずが寝坊してしまい、せっかくなのでお昼ごはんは電車で食べようと、おにぎりとウインナーと卵焼きをこしらえていざ、出発!


続きを読む

ロンドン日帰り旅行:世界遺産バース 後編

ロンドンからの移動・バースの街歩きはこちら「ロンドン日帰り旅行:世界遺産バース 前編


2013年8月3日(土)

ローマ時代に温泉の町として栄えたバースは、温泉(bath)の語源となったことでも有名な観光都市。
現在はロンドンに続き、イギリスで2番目に観光客の訪れる町なのだそう。

そこには、紀元前1世紀にイタリアからやってきたローマ人によって建設された温泉施設が今もなお残り、何と未だにお湯も湧き出ているのだとか。
温泉好きな日本人としては、ぜひこの目で一度確かめたい。
同じ、温泉を愛したローマ人に、思いを馳せたい…


九州の出身。わたしにとっての温泉は「観光地」ではなく、ごく日常でした。
思い起こせば進学や就職で友人ともにバラバラになっても、年末年始に集えば「温泉行く?」と誘い合って温泉に行くのは、すぐ近くに天然温泉が溢れている九州ならではなのかもしれない。

就職先の配属地、名古屋で「温泉部を作りたい」発言をしたわたしとしては(あくまで発言だけ)、もう並々ならぬ想いがあるのです。
そして向かった、「ローマン・バス(ローマン・バス博物館)

入場料は約£13.00と、多少値は張りますが、でも何としてでも古代ローマ時代の温泉を観たい…!
入場料に渋る夫を連れて、いざ。
(※最近、営業時間や料金に変更が生じている様子。HPでご確認くださいね。) 
 
 続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク
  • ライブドアブログ