connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

日常

大家さんは実業家系(後編)

前編の続きです。

ELL170149_25_gal
問題の、ロミジュリの部屋

さて、ツールボックス片手にやって来てくれた大家さん。

今回の大家さんについては実はいくつか前情報があり、夫の話(おそらく出処は不動産屋)曰く

どうやら、過去に株で一山あててその資金を元に不動産を回しているらしい

とのこと。
おぉー笑。いい関係性を築けたら、ゆくゆくはその話も聞いてみたい…。

そんな情報が出回っているとは(おそらく)つゆ知らず。
玄関先に爽やかに現れた大家さん。

私「Hi!今日はわざわざ来てもらってありがとうございます」
大家さん「いやいや、いいんだよ~。実は今朝連絡もらったときちょうど日本のことを考えてたんだよ!昨日安倍政権が再当選したよね。今朝のBBCでもやってて…
~以下中略~
で、この再当選についてはどう思う?

いきなりの政治ネタ…!


まさか、出会い頭に玄関先で日本の政治について意見を求められるとは1ミリも思ってなかった。。
元気でにこやかな挨拶から一転。わたし、一気にしどろもどろ。笑

実は我が家、まだテレビをきちんとセッティングしておらず、かつ日中は常にネットの世界に入り浸っていた前回の滞在時とは違い最近はPCや携帯に触れる余裕があまりないため、日本の情報はおろか、イギリスの情報すら入ってこない日常生活を送っているのです。(近くでテロとか起きても何も知らずに普通に出かけそう。。)

この時正午過ぎ。
まさか、安倍政権が(しかも日本時間)昨日の選挙で再当選したことを知らなかった、とは言えない。。



続きを読む

大家さんは実業家系(前編)

本日、この家の大家さんと新たな関係性を築くための第一歩を踏み出しました(祝!)


大家さんといえば、前回のロンドン在住時にお世話になったイギリス人大家さん、Miss T
住んでいたフラットの隣の建物に住んでいて、とてもきめ細かく物件を管理。(そのきめ細かさは、まさに姑レベル…。Miss.T訪問のたびに大掃除。笑)

とても面倒見がよく、近くに住んでいらしたこともあり(かつ、利用した日系不動産会社のアフター体制がほぼなかったこともあり)、家のトラブル時には直接大家さんへ相談・対応してもらっていました。
(懐かしの家トラブルシリーズ、大家さんについてはこちらをどうぞ)

度重なる家トラブルのおかげで?大家さんとの距離は縮まり、たまに自宅に招かれてはワイン片手に互いの直近の旅行話をし合ったり、二人で真っ赤に染まるロンドン塔を観に出かけたり(詳しくは「大家さんとお出かけ。真っ赤なピークを迎えたロンドン塔」)、本帰国の際の退去時には色々揉めたりしたものの最後は涙涙でお別れしたり…
と、実に濃い関係性を築くことができました。

BlogPaint
大家さんとの貴重な2ショット

この大家さんなしには私のイギリス生活は語れない!
と断言できるほど、大家さんのお陰でたくさんの良い経験をさせていただきました。


そして今回。
夫と、今回もいい大家さんにあたるといいね~と話していたら、どうやら今回も期待できそうな感じ!
わたしの渡英前に幾度かやり取りを済ませた夫によると、「今回もいい感じの大家さんだよ」とのこと。

今回も、借りている物件近くに自宅を構える大家さん。
実は先週末にスーパーでばったり大家さん夫婦と会って、そこで軽く挨拶は済ませていたのですが、わたし的には全然物足りない!もっと絡みたい~!!

と思っていたところ、ついにチャンス到来。



続きを読む

隣の芝生は青い

イギリス滞在二度目となる今回は、ロンドン郊外のセミデタッチドハウスに住んでいます。

あまり聞き慣れない方のために簡単に言うと、大きな一軒家を真ん中で左右対象にずばーんと分けて、ひとつの戸建てに二世帯が入居している…という感じ。
イギリス特有の住宅形式だそうですが、あれかな。
日本でいうところ、玄関も水回りもお庭も完全に分けた完全分離の二世帯住宅って感じかな?

入居してみるまでは、お家の構造ってどんななんだろう…とか、
隣の世帯の生活音とか気にならないのかな…とか色々考えていましたが、住んでみればなんのその。
隣接しているお隣さんの存在皆無だし、普通に戸建てに住んでる感覚。
なので、最近ではセミデタッチドという言葉と説明がめんどくさくて、普通に「戸建てに住んでます~」と言っちゃってます。笑

IMG_5387
とてもお天気が良かったので、近所の街並みをパチリ。


前回は比較的ロンドン中心部にほど近いフラット(集合住宅)に住んでいました。
中心部に近かったせいか、ご近所で見かけるのは一時滞在中の外国人、もしくはリタイア後の見るからに裕福そうなおじいちゃん・おばあちゃん。
いわゆる、普通のイギリス人家庭を見かけないのを少し残念に思っていました。


昔読んだ本によると、イギリス人は郊外に庭付きの戸建てを持つのがステータスらしい。
都市部への通勤に多少時間はかかっても、自宅は郊外に持ちたい。
ごちゃごちゃしたロンドン中心部に住むなんてもってのほか!

そんな価値観が今もあるのかないのかは置いておいて。
郊外に居を構えた今、周りにたーくさんのイギリス人ファミリーが溢れていて嬉しい!
しかも、子育て世代が多い!
平日も休日も、辺りはバギーだらけ。
郊外が子育てしやすいのは、日本もイギリスも一緒なんだな~とつくづく思います。


少し前回とは違った経験ができそうな予感にわくわくしていると、
お天気の良かった先週末、早速こんな光景に出会いました。


続きを読む

イギリスの青い卵。キャベツ、トマト。

P1120442
マーケットに行けば、白・青・茶色とカラフルな卵セットが。

イギリスで青い卵の存在を知ったのは昨年のイースター。(今年のイースターは4月5日!可愛いイースターエッグ、意外と簡単にできますよ♪「楽しい!可愛い!イースターエッグ作りに挑戦!」

イースターエッグを作ろう!と友人と白い卵を探していた時になかなか見つからず、ふと目にした青い卵…。

卵が…青い。。


そのときは見慣れない光景にぞっとし、気味が悪いね…と友人と話していたのですが、その後ふと目にした何かの記事。
そこには、何やら今日本で青い卵が「幸せを呼ぶ鶏の卵」だかなんだかで、話題になっている…と。
その記事によると、青い卵は栄養価も高く、美味しいという話だったので、イギリスでも青い卵を買ってみることに。


続きを読む

まったりソファで極上の映画体験を♪

今年の冬は映画館によく行っているのですが、普段行くのは自宅近くのODEON。
そんな中、夫の会社の上司に話を伺って以来ずっと気になっていた映画館「Electric Cinema」にようやく行くことができました。

場所はショーディッチとノッティングヒルの2拠点にあるようですが、今回訪れたのはノッティングヒル・ポートベロー。


週末マーケットで賑わうあの辺りです


夫の上司いわく、「すごくくつろげて、一風変わった映画館」なのだとか。
何がそんなに良いのか…早速館内へ。

20150204_210254
外観はこんな感じ…


エントランスを一歩中へ入ると、目の前に小さなチケットブース。
そして右手には80年台のアメリカを思わせるようなキャンディブース。(売店)
ポップなキャンディー系のお菓子が売っていました。

仕事後お腹を空かせてやってきた夫は、キャンディーごときでは納得できず(笑)、映画館周辺で何か食べるものを買えないか探してみるもあいにくめぼしいものはなく…
空腹を抱えて、ついに開場。(ところがこの判断がよかった!)


続きを読む

ブラジルで年越しをしてきました(動画デビュー!)

Twitterの方では近況をUPしていましたが、こちらでも改めまして…
明けましておめでとうございます!

2015年の年明けはブラジルでした。
昨年のケニア&モーリシャス年末旅行同様、帰国時には色々なトラブルに見舞われ心身ともにボロボロの帰国となりましたが(笑)、無事イギリスへと戻ってきました!

心配していたブラジルの治安ですが、恐喝、窃盗、事件、事故にも一切あわず至って無事の帰国!
こちらの旅行記はぼちぼちUPしていきたいと思います。


今回は旅行記に先駆けて。
実は今年早々、動画をyoutubeにアップロードするという技を覚えました!ふふふ…

イギリスより3時間、日本より12時間(本当に地球の真裏なんですね…!)遅れて迎えた、ブラジルの年明け。

赤道直下、南米ブラジルリゾート地(ビーチ)での年越しの様子です。



いよいよ年越しまであとわずか!というタイミングで曲調が変わり、年越しの瞬間ハグ&キス。
盛り上がってます~。


こちらは年越し後、ますますの盛り上がりを見せる街中の様子。




すごい人!音楽(爆音)!!ダンス!!!
大晦日のこの日、新興国ブラジルのパワーを見せつけられた気がします。
いやぁ~、凄かった、ブラジル。
でっかかった、ブラジル。
楽しかった、ブラジル。


2015年、youtubeの動画アップロードデビューにとどまらず、更に色んなことにチャレンジできる年にしたいです。
今年もマイペースに綴っていきたいと思いますので、引き続きご愛読のほどよろしくお願いいたします♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ  

冬の風物詩、RAHのクリスマスキャロル

ロンドンで迎える二度目のクリスマス。
今年は本場のクリスマスを満喫すべく、クリスマスに関する映画やコンサート鑑賞など、イベントを楽しむことにしました。

その中でもメインは、ロイヤル・アルバート・ホールで開催されているこちらのイベント。

クリスマス・フェスティバル2014

今回たまたま夫が見つけてきたのですが、このイベント毎年やっているようで、日によって「Classic Carols」、「Jingle Bell Christmas」「King's College Choir」など演目が異なるよう。


そんな中今年参加してきたのは、
Christmas Carol Singalong」と「Carols by Candlelight」の2演目。

まず土曜日の昼に訪れたChristmas Carol Singalong。
会場に着いてびっくり。みなさん、本気…!!!

頭にクリスマス帽子をかぶった方や、トナカイの角をつけた方、今年(特に)流行のクリスマスジャンパーを着ている方…
光るペンライトや、クリスマスツリーに飾るような電飾を持参の方も結構いて、自分の準備不足を痛感。
下調べも全くせずにやってきたけど、こんな感じなんだ…!笑

DSC_0012
皆さん、思い思いのクリスマスの格好!


続きを読む

クリスマスカード第一陣の発送開始!イギリスの手紙に◯◯は不要…?

BlogPaint
本日世界各地へ(?)送り出したカードたち


クリスマスまであと10日。
2週間ほど前から、お店の店員さんの最後の挨拶が「have a happy X'mas!」に変わったことに気づいたのですが、時期を同じくして我が家にもクリスマスカードが届き始めました。

こちらの方はツリーの下や、本棚、暖炉の上にカードを飾ると聞いて、我が家も頂いたカードを飾るようにしているのですが、色んなサイズ・デザインのクリスマスカードを飾るのは楽しい♪
自然と、カードを選ぶ基準も「飾って可愛いデザイン」重視になってきます。


昨年、イギリスから初めて出したクリスマスカード。
大家さんとお隣に住むおばあちゃんを除き、行き先は主に日本で、年賀状代わりにと日本の友人・親族宛へ出したのですが、年賀状って「大体クリスマスまでに投函」という感覚なので、うっかりしているとクリスマスカードを出しそびれてしまうことに気づきました。

クリスマスカードを届ける時期って、今なんだ…!!!

みなさ~ん!
クリスマスカードの時期ですよ~~!!


さて、今年のクリスマスカード。
どんなカードにしようかな~と、お気に入りのカード屋さん「Paperchase」を覗いてみることに。


続きを読む

初挑戦!ポテトの国イギリスでコロッケ作り


もともとドラマにハマるタイプではないのですが、こちらに来てネットでドラマを観るようになりました。

最近楽しみに観ているのは
・今日会社休みます
・Nのために
・ごめんね!青春

の3つ。
こちらの友人とも、よく「最近何観てる~?」と情報交換を絶やしません。笑


日本にいた時は仕事で毎週決まった時間にドラマを見ることが難しかった、かつ録画までして観ようという気持ちになれなかったため、その場限りを楽しめるバラエティをよく観ていたのですが、イギリスにいると日本のバラエティが何だか騒々しく感じてしまい…最近はもっぱらドラマ派。

こちらでは主にアイロンがけの時間がドラマの時間♪
アイロンがけなんて、集中してようがしてまいが1回1時間はかかってるのだから、これはいい時間の活用方法!
むしろ今までは少し面倒に感じていたアイロンがけも、「今週の◯◯早く観たいなぁ~…アイロンがけ…あんまり溜まってないけど今日しちゃおっっ」と、いいモチベーションになっているので一石二鳥!(だと、夫に言い聞かせてます笑)


そこで、最近観ているドラマによく登場するものがあります。
それがコロッケ

ドラマ…コロッケ…
と聞いて、ピンとくる人はそう!当たりです!

news_thumb_tvbros_20130216
当たり!

宮藤官九郎脚本の「ごめんね!青春」で、ほぼ毎回!美味しそうな揚げたてコロッケが出てくるんですよね~。
もともとコロッケはあまり好物ではないこともあり、自分で作ったことがないのですが、ここはイギリス。
ポテトの国ではないか!!!

PUBでさりげなく出てくるフライドポテトや、レストランの付け合せに出てくるマッシュドポテトが、明らかに日本のものより美味しいと感じているわたし。
この国のじゃがいもでコロッケを作ったら、すごく美味しいんじゃないだろうか…

そんなことを考えていると無性に揚げたてコロッケが食べたくなってきました。
こんなにコロッケ食べたいと思ったのは、人生で初めて。


ちなみに今年の初め、「失恋ショコラティエ」にハマっていた時期は異様にチョコレート食べてました。
まんまと制作側(スポンサー?)の思うツボ。笑

こちらで生活しているとスーパーのお惣菜コーナーやお料理番組といった、和食に対する視覚の刺激がないせいか、食事のメニューがいつも「自分の食べたいもの、自分が作れるもの」になってしまい、ついついメニューがマンネリしがち。。
そういう意味では、日本のドラマも捨てたもんじゃないです。(?)

と、いうことで早速「コロッケ レシピ」を検索。


続きを読む

映画「パディントンベア」を観て来ました♪

夫が「映画5作品£20」というグルーポンチケットを持っていたので、イギリスで2度目となる映画館へ!

今回観てきたのはこちら。

movies-paddington-bear-teaser-poster
実写版・くまのパディントン!
公開された週末の全英興行収入1位だったとか! 


先月、イベント公開初日とは知らずにいそいそと、ロンドンの街なかに佇むパディントン探しに出かけましたが(その時の記事「シェイクスベア?パディントンを探してロンドン散歩!」)実はパディントンについて何も知らなかったわたし。

なぜパディントンという名前なのか?駅と関係あるの?銅像の説明書きに度々書いてあるペルーって?
…びっくりするくらい、物語の基本から分かっていません。笑


その後も街中でちらほらと新種のパディントンを見つけては写真に収めていたのですが、 日々パディントンを眺めているうちに、これは映画を観なくては…!という気になりついにやってきたこのとき。


映画の予告編が公開された当初は、実写版のくまがリアルで恐いだの、ホラーだのと、色んなパロディ動画が出回っていたようですが(笑)、実際観てみると全然恐くない!むしろ、かわいい…!
(くま好きとして、声を大にして言いたい!まぁ、可愛いテディベアをイメージしていると若干のおじさん感は漂うものの。。)


映画の序盤に結構ショッキングな出来事があり思わずじわっときてしまいますが、その後はロンドンへたどり着いたパディントンの言動にくすくす。
お気に入りのシーンは、駅のエスカレーターのシーンかな♪

途中からはくすくすどころではない、ローカルの方々の派手なリアクション(爆笑、高笑い、oh..dear..といったつぶやきなどなど)に巻き込まれ、会場と一体感になって楽しく映画を見終えました。


続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク