connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

日常

子連れでクラシックコンサート

こちらに来て、ちらほら周りから聞いていた子連れコンサート。
何やら、こちらでは子連れで参加できるクラシックコンサートがあるらしい。
ほぉー、なんだかロンドンっぽい!
ある晩息子を寝かしつけた後ふと思い立って調べてみたら、あったあった!
「baby classic concert」と検索すると、一番トップに表示されたのがこちら。



concerts for babies・toddlers and youとあって、てっきり子ども連れの親御さん向けコンサートなのかなと思っていたら、子ども達も立派なお客さん。

ミュージカル「School of Rock」で音楽の才能溢れる子役たちに感銘を受け、ぜひ息子にも音楽の世界を触れさせたい!と密かに想いを熱くしていたわたし。
これはなんとも良いチャンス!

ということで、早速行ってきました♪


続きを読む

クリスマスツリーの販売開始!

あっという間に12月!街はクリスマス一色ですね!

IMG_6346
久々に訪れたハロッズのウィンドーディスプレイもクリスマス仕様に✵


特にこの週末は、何気なくつけていたTVでクリスマス特番(のような番組)が放送されていたり、初めて参加した子連れクラシックコンサート(詳しくは別記事にて)では早速クリスマスキャロルを歌ったり…と、まさにクリスマスに向けてイギリスがどどどーっと追い込みをかけているよう。

中でも、先週末一番クリスマス気分を盛り上げてくれたのがこれ!

IMG_6373

自宅近くの大通り沿いに、ずらぁっと並んだ生のクリスマスツリー!
そう!ついに、クリスマスツリーの販売開始!


続きを読む

イギリスは子育てしやすい?子連れに優しいスーパーマーケット

再渡英して早2ヶ月が経とうとしています。
渡英前、既にイギリスでの子育てを経験している友人に言われていたのが「イギリスは子育てしやすいよ~」ということ。

振り返ってみると、うん、確かに子育てしやすい!
この2ヶ月を振り返って感じたこと。

日本とは違いバギー移動が中心なので(バギーが市民権を得ている!)、特に1歳を過ぎて重くなってきた息子とのお出かけが楽。
日本みたく抱っこひも中心の移動だとさすがにしんどい。。
 

お店の入り口や駅の階段など、バギーで入りづらかったり段差で少し困っていると必ず誰かが助けてくれる
お店のドアを片手で押して片手でバギーを操作、ってことをやってると店内の人もしくは、通りがかった道中の人がさっとドアを開けに来てくれます。優しい…涙
駅の階段は、申し訳ないくらい老若男女本当に誰でも手を差し伸べてくれる!


レストランには大抵子供用ハイチェアがあるので、お店選びにあまり神経質にならなくて良い
ハイチェアがなかったお店に出会ったことがない。
ハイチェアなくても、バギーでそのままテーブル付けさせてくれるお店も多いのであんまり困らないですが…
BlogPaint
先日下調べ0で訪れたトルコ料理レストランでもハイチェア完備。
ケバブの存在感…笑


散歩中ぐずったり、泣いてたりすると、かなりの確率で通りがかった人があやしていってくれる
地域全体で子育てしてるー!って感じがします。


(これは住んでいるエリアによるのかもしれませんが)プレイグループが多種多様で、毎日なにかしらの遊び場がある
子どもにおやつを配ってくれるようなプレイグループも!
親向けにTea(やコーヒー)が準備されてるのは、なんだかイギリスっぽい♪
IMG_5773
公園内で見つけた可愛らしいプレイエリア。
ナーサリーかなぁと思ったらここもプレイグループでした!



じゃあ日本はどうだったの?子育てしづらかったの?というと、日本は日本で良かったこともあって

商業施設に子供用トイレ(清潔で機能的!)や授乳室離乳食コーナー(お湯や電子レンジ完備)がある
IMG_4907
日本のデパートの離乳食コーナー。
すごく機能的で感動したので思わず写真に収めてしまった。笑

BlogPaint
実際使用するとこんな感じ。モグラみたい。笑

特に外出先での子供用トイレの有無なんかは、今後のトイレトレーニングに大きな影響を及ぼしそうな予感。。
あと、ショッピングセンターなんかにある子供用カート、あれって凄いですよね。
BlogPaint
子どもを飽きさせない、色んな機能がついてる…!

改めて振り返ってみると日本は、至れり尽くせり感が凄い…。

どこに行っても清潔!
ローカルのプレイグループに行くと床の汚れが気になって、特に絶賛ハイハイ中の息子を放つのに抵抗を感じたことも…。まぁ自分含め、土足ですしね、、そこを這うわけですしね、、
もう慣れましたが。笑
その点、日本は子供向け施設はもちろん、どこに行っても清潔ですねぇ。


気軽に病院にかかれる
これ、かなり大きいです。。
(自治体にもよると思いますが)大抵乳幼児の診察・薬代は無料というところが多いと思うのですが、それもあり日本では本当に気軽に、かかりつけのお医者さんに診てもらっていました。
その際にちょっとした子育ての不安を相談できるのもありがたかったし、風邪をひいたら中耳炎予防のためにこまめに鼻吸いをしてもらったり、耳鼻科で耳の掃除をしてもらったり…。

こちらではさすがにそういった病院通いができず、息子が少し体調を崩すたびに「あぁ、日本だったらなぁ。。」と思いを馳せています。。



実際、日本で子育てしていたときは、それなりに子育て支援に力を入れている自治体に住んでいたこともあり、やっぱりそのときも「子育てしやすいな~」と感じていました。
特に不便を感じることも、幸い嫌な思いをすることもなく。

なので今のところ、イギリスも日本も子育てしやすい(しやすかった)なーというのが正直なところ。

「イギリスって日本と違ってこんなに子育てしやすいよ!サイコー!」みたいなのを期待されていたら、裏切ってしまってすいません。笑
多分、一人目をガッツリ日本で産み育てて、二人目はイギリスで~…っていう方はもっと日本とイギリスの比較ができるんだろうなぁ。
子どもって、その時の月齢や成長で便も不便も変わりますもんね。

でも、そんなテンション低めなわたしが「これは日本にないな!いいな!!」と感じたことがあります。
それがこちら。

続きを読む

アウシュビッツ中谷さんの音声ガイドが聞けます



ポーランドのアウシュビッツ強制収容所を見学に訪れたのが約2年前。
その際に、どうしてもお会いしたい方がいました。

アウシュビッツ公式ガイドの中谷さん

アウシュビッツを見学したことのある方、見学を検討している日本人の方ならおそらくほとんどの方がご存知かと思います。
アウシュビッツ・ビルケナウ博物館内で、最初で唯一の外国人公式ガイドだそうです。


敷地内は必ず公式ガイドの方と一緒に回る必要がありますが、唯一の日本人ガイドさんということもあり、中谷さん指名のガイド枠は人気で予約困難。
2年前にポーランドを訪れた際、私達も予約を試みてみたものの、残念ながら先約が入っており叶いませんでした。


その中谷さんの音声ガイドの一部がネットラジオで公開されています。

【音声配信】「耳で聴くアウシュビッツ強制収容所・見学ツアー~荻上チキ渾身の取材報告」ガイドは中谷剛さん▼2017年10月19日(木)放送分


荻上チキさんが実際に見学に行かれた際の録音音声(中谷さんガイド)に沿ってアウシュビッツについて解説し、アウシュビッツに行ったかのような体験をしてもらう、といった内容になっています。

少し音声が聞き取りづらいところもあり、目をつぶって耳を澄まして聴いていると、2年前に現地で見た光景、聴いた話、感じたことなどがぶわっと蘇りました。
そして子どものいる今、見学に訪れた当時とはまた違った視点で、改めてホロコーストの歴史について考えさせられるものでした。

番組冒頭ではアウシュビッツとはなにか、といった点から解説をしてくれるので、どなたでも入りやすい、わかりやすい内容になっています。


個人的には、番組後半部分で語られる中谷さんの思い(なぜわたしたちがこのような歴史を知る必要があるのか等)が聞けたのが非常に良かったです。

実際に中谷さんのガイドで見学した友人が、「中谷さんのガイドは合間合間に『あなたはどう感じますか』といった問いかけがされる。その問いかけがすごく考えさせられる。」「事実を淡々と伝えるだけでなく、中谷さん自身の思いや考えを織り交ぜながらガイドをしてくれる」と絶賛していたのも、この番組を聴いた今では納得です。


過去にアウシュビッツを訪れたことのある方、今後検討している方、興味がなかった方…全ての方にお勧めできる内容です。
音声公開期間が特に明示されていませんので、気になる方はお早めにどうぞ。


※実際にアウシュビッツを訪れた際の記録もあわせてどうぞ。
(「開放から70年。アウシュビッツ強制収容所を訪れる」)


わたしは冬に訪れましたが、夏の訪問もそれはそれでいいみたいですよ
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ   



 

リベンジなるか!?鹿に会いに秋のリッチモンドパークへ

最近なんだかお天気の良い日が多くありませんか…!?

10月の渡英以来、あまりに青空を見る日が多いので
いやいや、ロンドンの秋はこんなお天気じゃなかったはず…
と意味もなく自分に言い聞かせてみたり、
朝からお天気がいいと、どこかに出かけないともったいないような気がして起き抜けからずっとそわそわしたりしています。
(ちなみに、お天気がいいとどこか出かけなきゃ!とそわそわすることを、わたしはロンドン病と呼んでいます。笑)

HEIC
お決まりのお散歩コースも、青空だと本当に気持ちがいい!


子どもがいないと、お天気がいいからといって急に思い立って出かけたいような場所もなかなか思い浮かばず、せっかくの晴天を無駄にしてしまうことも多かったのですが、子どもがいると迷わず公園へGO!となったり、出かけるきっかけを与えてくれるのはとてもいいことだな、と最近思います。


先週の日曜日。
朝の冷え込みは厳しかったものの、日中は本当に気持ちのよい秋晴れ!
この日は「息子に鹿を見せよう!」ということで、リッチモンドパークへ行ってきました。


続きを読む

大家さんは実業家系(後編)

前編の続きです。

ELL170149_25_gal
問題の、ロミジュリの部屋

さて、ツールボックス片手にやって来てくれた大家さん。

今回の大家さんについては実はいくつか前情報があり、夫の話(おそらく出処は不動産屋)曰く

どうやら、過去に株で一山あててその資金を元に不動産を回しているらしい

とのこと。
おぉー笑。いい関係性を築けたら、ゆくゆくはその話も聞いてみたい…。

そんな情報が出回っているとは(おそらく)つゆ知らず。
玄関先に爽やかに現れた大家さん。

私「Hi!今日はわざわざ来てもらってありがとうございます」
大家さん「いやいや、いいんだよ~。実は今朝連絡もらったときちょうど日本のことを考えてたんだよ!昨日安倍政権が再当選したよね。今朝のBBCでもやってて…
~以下中略~
で、この再当選についてはどう思う?

いきなりの政治ネタ…!


まさか、出会い頭に玄関先で日本の政治について意見を求められるとは1ミリも思ってなかった。。
元気でにこやかな挨拶から一転。わたし、一気にしどろもどろ。笑

実は我が家、まだテレビをきちんとセッティングしておらず、かつ日中は常にネットの世界に入り浸っていた前回の滞在時とは違い最近はPCや携帯に触れる余裕があまりないため、日本の情報はおろか、イギリスの情報すら入ってこない日常生活を送っているのです。(近くでテロとか起きても何も知らずに普通に出かけそう。。)

この時正午過ぎ。
まさか、安倍政権が(しかも日本時間)昨日の選挙で再当選したことを知らなかった、とは言えない。。



続きを読む

大家さんは実業家系(前編)

本日、この家の大家さんと新たな関係性を築くための第一歩を踏み出しました(祝!)


大家さんといえば、前回のロンドン在住時にお世話になったイギリス人大家さん、Miss T
住んでいたフラットの隣の建物に住んでいて、とてもきめ細かく物件を管理。(そのきめ細かさは、まさに姑レベル…。Miss.T訪問のたびに大掃除。笑)

とても面倒見がよく、近くに住んでいらしたこともあり(かつ、利用した日系不動産会社のアフター体制がほぼなかったこともあり)、家のトラブル時には直接大家さんへ相談・対応してもらっていました。
(懐かしの家トラブルシリーズ、大家さんについてはこちらをどうぞ)

度重なる家トラブルのおかげで?大家さんとの距離は縮まり、たまに自宅に招かれてはワイン片手に互いの直近の旅行話をし合ったり、二人で真っ赤に染まるロンドン塔を観に出かけたり(詳しくは「大家さんとお出かけ。真っ赤なピークを迎えたロンドン塔」)、本帰国の際の退去時には色々揉めたりしたものの最後は涙涙でお別れしたり…
と、実に濃い関係性を築くことができました。

BlogPaint
大家さんとの貴重な2ショット

この大家さんなしには私のイギリス生活は語れない!
と断言できるほど、大家さんのお陰でたくさんの良い経験をさせていただきました。


そして今回。
夫と、今回もいい大家さんにあたるといいね~と話していたら、どうやら今回も期待できそうな感じ!
わたしの渡英前に幾度かやり取りを済ませた夫によると、「今回もいい感じの大家さんだよ」とのこと。

今回も、借りている物件近くに自宅を構える大家さん。
実は先週末にスーパーでばったり大家さん夫婦と会って、そこで軽く挨拶は済ませていたのですが、わたし的には全然物足りない!もっと絡みたい~!!

と思っていたところ、ついにチャンス到来。



続きを読む

隣の芝生は青い

イギリス滞在二度目となる今回は、ロンドン郊外のセミデタッチドハウスに住んでいます。

あまり聞き慣れない方のために簡単に言うと、大きな一軒家を真ん中で左右対象にずばーんと分けて、ひとつの戸建てに二世帯が入居している…という感じ。
イギリス特有の住宅形式だそうですが、あれかな。
日本でいうところ、玄関も水回りもお庭も完全に分けた完全分離の二世帯住宅って感じかな?

入居してみるまでは、お家の構造ってどんななんだろう…とか、
隣の世帯の生活音とか気にならないのかな…とか色々考えていましたが、住んでみればなんのその。
隣接しているお隣さんの存在皆無だし、普通に戸建てに住んでる感覚。
なので、最近ではセミデタッチドという言葉と説明がめんどくさくて、普通に「戸建てに住んでます~」と言っちゃってます。笑

IMG_5387
とてもお天気が良かったので、近所の街並みをパチリ。


前回は比較的ロンドン中心部にほど近いフラット(集合住宅)に住んでいました。
中心部に近かったせいか、ご近所で見かけるのは一時滞在中の外国人、もしくはリタイア後の見るからに裕福そうなおじいちゃん・おばあちゃん。
いわゆる、普通のイギリス人家庭を見かけないのを少し残念に思っていました。


昔読んだ本によると、イギリス人は郊外に庭付きの戸建てを持つのがステータスらしい。
都市部への通勤に多少時間はかかっても、自宅は郊外に持ちたい。
ごちゃごちゃしたロンドン中心部に住むなんてもってのほか!

そんな価値観が今もあるのかないのかは置いておいて。
郊外に居を構えた今、周りにたーくさんのイギリス人ファミリーが溢れていて嬉しい!
しかも、子育て世代が多い!
平日も休日も、辺りはバギーだらけ。
郊外が子育てしやすいのは、日本もイギリスも一緒なんだな~とつくづく思います。


少し前回とは違った経験ができそうな予感にわくわくしていると、
お天気の良かった先週末、早速こんな光景に出会いました。


続きを読む

イギリスの青い卵。キャベツ、トマト。

P1120442
マーケットに行けば、白・青・茶色とカラフルな卵セットが。

イギリスで青い卵の存在を知ったのは昨年のイースター。(今年のイースターは4月5日!可愛いイースターエッグ、意外と簡単にできますよ♪「楽しい!可愛い!イースターエッグ作りに挑戦!」

イースターエッグを作ろう!と友人と白い卵を探していた時になかなか見つからず、ふと目にした青い卵…。

卵が…青い。。


そのときは見慣れない光景にぞっとし、気味が悪いね…と友人と話していたのですが、その後ふと目にした何かの記事。
そこには、何やら今日本で青い卵が「幸せを呼ぶ鶏の卵」だかなんだかで、話題になっている…と。
その記事によると、青い卵は栄養価も高く、美味しいという話だったので、イギリスでも青い卵を買ってみることに。


続きを読む

まったりソファで極上の映画体験を♪

今年の冬は映画館によく行っているのですが、普段行くのは自宅近くのODEON。
そんな中、夫の会社の上司に話を伺って以来ずっと気になっていた映画館「Electric Cinema」にようやく行くことができました。

場所はショーディッチとノッティングヒルの2拠点にあるようですが、今回訪れたのはノッティングヒル・ポートベロー。


週末マーケットで賑わうあの辺りです


夫の上司いわく、「すごくくつろげて、一風変わった映画館」なのだとか。
何がそんなに良いのか…早速館内へ。

20150204_210254
外観はこんな感じ…


エントランスを一歩中へ入ると、目の前に小さなチケットブース。
そして右手には80年台のアメリカを思わせるようなキャンディブース。(売店)
ポップなキャンディー系のお菓子が売っていました。

仕事後お腹を空かせてやってきた夫は、キャンディーごときでは納得できず(笑)、映画館周辺で何か食べるものを買えないか探してみるもあいにくめぼしいものはなく…
空腹を抱えて、ついに開場。(ところがこの判断がよかった!)


続きを読む
最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク