connyのロンドン日記

2013年5月、夫の海外赴任に伴い初の海外生活をはじめました。
ロンドン初心者の混乱と発見の日々をブログにつづること約2年。。
2015年3月に本帰国の後、2017年10月再びロンドンへ。
1歳になったばかりの息子を連れて、今度はロンドン郊外暮らし。

イベント

冬の風物詩、RAHのクリスマスキャロル

ロンドンで迎える二度目のクリスマス。
今年は本場のクリスマスを満喫すべく、クリスマスに関する映画やコンサート鑑賞など、イベントを楽しむことにしました。

その中でもメインは、ロイヤル・アルバート・ホールで開催されているこちらのイベント。

クリスマス・フェスティバル2014

今回たまたま夫が見つけてきたのですが、このイベント毎年やっているようで、日によって「Classic Carols」、「Jingle Bell Christmas」「King's College Choir」など演目が異なるよう。


そんな中今年参加してきたのは、
Christmas Carol Singalong」と「Carols by Candlelight」の2演目。

まず土曜日の昼に訪れたChristmas Carol Singalong。
会場に着いてびっくり。みなさん、本気…!!!

頭にクリスマス帽子をかぶった方や、トナカイの角をつけた方、今年(特に)流行のクリスマスジャンパーを着ている方…
光るペンライトや、クリスマスツリーに飾るような電飾を持参の方も結構いて、自分の準備不足を痛感。
下調べも全くせずにやってきたけど、こんな感じなんだ…!笑

DSC_0012
皆さん、思い思いのクリスマスの格好!


続きを読む

初心者でも楽しめる!インドアテニス観戦のススメ~ATPツアーファイナル

P1190892


昨日迎えたATPファイナル決勝・ジョコビッチvsフェデラー戦。
まさかのフェデラー棄権ということで、決勝戦はジョコビッチvsアンディマリーに代わり、その後マッケンロー含むダブルスのエキシビジョンになってしまったのですが、それはそれで面白かった!

20141116_195742
こちらはマリーとチームなはずのマッケンローが、相手側コートに入り1:3の構図。
もうなんでもあり。笑
おふざけあり、笑いありのリラックスした楽しい雰囲気。


この1週間はどっぷりテニスにハマり、色んな予定を変更して試合会場であるO₂スタジアムに通っていたのですが、もともとテニスファンかというと決してそうではなく…
にわかファン素人です。。

有名な選手はジョコビッチくらいしか知らず、ルールすらよくわからない。
もちろん女の子とテニスの会話をしたことがないので、錦織圭選手を「錦織くん」と呼ぶんだということも今回新たな発見でした。
夫やテニス好きの男性と会話をしていると、みんな「錦織」と呼ぶので、わたしもそう呼んでいました。。
違うんだ…汗。今はちゃんと呼んでます、「錦織くん」って。


そんなレベルのわたしが今回テニスにどっぷりハマるきっかけになったのは、とある夫の会社の先輩の渡英

こちらの先輩、テニス4大大会の観戦をほぼ制覇(残すはウィンブルドンのみ)という筋金入りのテニスファンの方なのですが、せっかく私たちが今ロンドンにいるのでこの機会にぜひ!ということで、春先から夫がチケットの手配などを進めていたようです。

その甲斐もあって、無事に会社もお休みが取れ、テニス観戦のために約1週間の予定で渡英。

手元に余ってしまったチケットを消費すべく(というのが最初の観戦のきっかけ)、わたしも観戦に行きます~と話すと、テニスのルールから、そもそもこの大会は何なのか各選手の特徴各試合の見所までみっちりたたき込んでくれました!

20141109_153657
すらすらすら~~っとできあがった画用紙6枚分のルールブック。
初戦はこちらのカンペを手に観戦。

テニス初心者のわたしが、ここまでテニスを楽しめたのは何といってもこちらの先輩の手ほどきのおかげ!
試合観戦中もメールでルールのフォローをいただいたり、解説をいただいたりとお世話になりっぱなし。
この先輩の存在なしには、テニスを楽しむどころか、会場の皆さんの緊張や期待といった気持ちのどきどきについていけてなかった…


この先輩の存在を抜きにして今回のテニス観戦は語れないのですが、今回素人の私が楽しめたのには、実はもう一つの理由が。
今回良かったな~と思うのは、今回の大会がインドアで、インドアだからこそできる試合の演出
この「インドア」というのが実は大きなポイントでした。

せっかくATPファイナルという凄い大会に通っていたのにテニスの試合でなく、試合会場に関して語るのは甚だ邪道ですが(笑)、テニスに関することを書こうとしてもどうせ大したことは書けないので私なりに感じた今回の大会の魅力について書こうと思います。

題して、
初心者でも楽しめる!インドアテニス観戦のススメ(仮)

笑。 

続きを読む

海賊は実在する。大英博物館のバイキング展へ!

先日、ふと雑誌で見つけた大英博物館のイベント情報に目が釘付けになったわたし。

Vikings ~Life and Legend~
(展示期間:3/6~6/22)

 
帰宅後に大英博物館のHPをみていたら、こんな動画を発見!

バイキング…
海賊…

妖しい響き…。

ノルウェー旅行の際、お土産にバイキンググッズが溢れていたことから密かにバイキングの存在が気になっていたわたし。

それまでは、バイキング(海賊)と聞いて浮かぶのは映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のイメージだけで、初めてノルウェーでバイキンググッズを目にした時は、こんなにほのぼのとした人の優しい国に、どうして海賊グッズが…と訝しがっていました。

559466_441706835949652_1435805829_n
これはノルウェーからお土産に買って帰ったチーズボードセット。
使ってみたらバイキングの口がスライサーになっていて便利!
ノルウェー旅行記はこちらから ♪


ちなみに今書いていて、ふと。
日本語だと海賊って訳するけど、「パイレーツ:Pirates」と「バイキング:Viking」ってどう違うんだろう…?

調べてみると、

【Pirates】
海賊の総称


【Viking】
8世紀から11世紀にかけて、スカンジナビア半島やデンマークを根拠地として、海上からヨーロッパ各地を侵攻した北方ゲルマン民族のこと

という違いがあるよう。
ふむふむ。パイレーツの中でも北欧あたりを拠点としていた1グループをバイキングと呼ぶんだな…


続きを読む

OPEN EAST FESTIVAL @オリンピックパーク

ただの音楽フェスじゃない!このイベントに込められた思い(イベントの背景)はこちら。「ロンドン五輪より1年…あの場所は今」 

20130728_175149

やって来ました。OPEN EAST FESTIVAL
オリンピックパークの一部改修工事後初お披露目のイベントです。
事前情報によると、世界各国のミュージシャンによるステージはもちろん、フード屋台やキッズ向けアトラクション、路上パフォーマンスなど、内容盛りだくさんのイベントのようです。

オリンピックパーク、もとい、Queen elizabeth Olympic Park(オリンピック後に改称)へはJubilee Lineの終点、STRATFORD駅より向かいます。
20130728_134656
 
この日は晴天。初めて蒸し暑い地下鉄の車内で気分が悪くなる経験をしました。
東京の大江戸線よりも車内が狭く、クーラーはあるのかないのか、とりあえず蒸し暑い空気のこもった車内。。
ロンドンでの地下鉄通勤は大変なんですね… 

ホームから改札まで結構歩きます。
ようやく改札を出たと思ったら、人・人・人…!!!

20130728_135732

この日はオリンピックスタジアムでもイベントがあるようで、とりあえずすごい人波が一方向へ向かっていきます。
オリンピックの時は、これ以上にすごかったんだろうな…。
ホームから改札が遠いこと、そしてこの駅からオリンピック施設までもがまた少し遠いことにも頷けます。
直近に作っちゃったら人が排出できずに、ホームまで人で溢れるもんな…

ちなみにパークまでの道中には、大きなwaitroseやM&S、John Lewis(デパート)、そしてスポーツ関連ショップなどが立ち並び、かなり近代的な街の雰囲気。
East SideのイメージUPアンテナショップのようなものもあり、興味深かったです。


続きを読む

ロンドン五輪より1年…あの場所は今 

ロンドンオリンピック1

ロンドンオリンピック開幕から、ちょうど1年だそうです。

ロンドンオリンピックといえば、閉幕後に銀座で行われた日本選手団のパレードを思い出します。
ちょうどその時自宅が近くだったので、ふらっとパレード見物に行ってみたのですが、もう、想像以上の人・人・人。
身の危険を感じるほどの人混みの中(実際至るところで悲鳴が上がっていました。。)、一瞬で通り過ぎていった選手団を乗せたワゴン車…。
もう少し運転のスピード緩めてくれてもよかったろうに…。
釈然としない思いを抱えて自宅へ帰ったあの日が懐かしい。

あれからもうすぐ1年か~、と思うと時の経つ早さを痛感します。
あの頃は1年後にこうしてまさか、オリンピックの開催地を訪れることになろうとは思いもしませんでした。

と、いうことで行って来ました。
オリンピックパーク
(今は名称が変わってクイーン・エリザベス・オリンピック・パークだそうです。)


目的はこの週末、土日の二日間に渡って開催された Open East Festival
イギリスでまだ音楽フェスなるものに行ったことのない私たち夫婦。
「日本はフジロックで湧いているというのに私たちは…!(音楽フェス行きた~い!!!)」という願いが通じ(?)、夫がTime outより探してきたフェスなのです。

調べたところによると、何とこのイベントただのフェスではなく、オリンピック以降に進められてきたパーク周辺の改修(再開発)工事後、初のお披露目となるオープニングイベント「だった」のだそう。
(厳密にはまだ工事は進んでいるので一部のお披露目)
そんなイベントだったのはつゆ知らず…。

続きを読む

オトナ達のネバーランド(LONDON ZOO LATE)

ずっと気になってました。
LONDON ZOO LATE

初めて聞いた時は、ナイトサファリみたいな感じなのかなー?と思ってました。
でも色々調べていくと、
・夏季限定 
・金曜日18時OPEN
18歳以上のみ入園可
・何やら大人向けのイベントがあっているらしい
お酒を飲みながら回る感じらしい

という、何ともぞくぞくする情報が。
これはイベント好きとしては外せない

もともと動物園にはあまり興味を示さなかった夫ですが、最後のポイントが決め手となり提案した翌日、仕事帰りの夫と合流して行ってみることにしました。
以下、潜入レポートです。

20130719_192458

到着したのは19時頃。かなり賑わっています。
当日チケットを購入していざ、潜入…
ちなみにチケットは一人£25.0だったと記憶。
動物園ってこんな高かったっけ…?もしかしたら園内飲み放題なのかな?と淡い期待を抱く酒好きの私たち。(もちろんそんなわけはありませんでした。残念!)


 続きを読む

ミュージカルを無料で楽しむ!

ロンドンは、ニューヨークのブロードウェイに並んでミュージカルが有名、らしい。


何度かこのブログにも出てきますが、本当にロンドンのこと知らないんです。笑
そのおかげでひとつひとつ感動できたり、無知ゆえに楽しめていなかったりするのですが…。

せっかくロンドンに住んでいるのだから、ミュージカルをはじめとする観劇や、音楽鑑賞などを毎月楽しもう!ということで我が家の家計簿には、毎月「文化費」という予算枠を設けてあります。
早速今月は「マンマ・ミーア」を観て来ました。(話がずれるので感想は割愛しますが、やはり楽しかった!!)
そして来月は「レ・ミゼラブル」。

いづれも映画を観たことがあり、知名度も抜群のビギナー系ミュージカル。
さて、再来月は何を観るか…。
ミュージカル初心者にはネタがありません。

そこで行って来ました!

20130625_154620



WEST END LIVE 2013 !! @TRAFALGAR SQUARE

このイベント、現在ロンドンで上映中のミュージカルが屋外ステージで2日間に渡って、なんと無料で観れるという、聞いただけでワクワクしてくるイベント。
音楽好き、フェス好き、イベント好き、そしてもちろんミュージカルファンにはたまらないイベントだそうなのです。
追記:2014年も同じ時期にやっていましたので、2015年も時期が近くなってきたら調べてみてください♪
 
続きを読む

2013年6月21日 夏至

日の出:04時43分
日の入:21時21分


驚異的な日照時間が続いています。
もう少し気温が高くなってくれるとベランダの野菜や花たちが喜ぶんですが。。

そんなロンドンも、夏至を迎えました。
日本にいたときは夏至を意識することもなかったのですが、冬が長い(らしい)イギリス。
夏から徐々に冬へ向かう分岐点となる夏至は、嫌でも意識せざるを得ません。
折しもこの日は金曜日。
自宅近くの公園をたまたま通りかかったら、夏を惜しむかのように夏至の夕暮れを楽しむ人であふれていました。

20130621_205358


時刻は21時少し前。
若い人からご年配の方まで、サンドイッチを食べていたり、お酒を飲んでいたり。
この日を惜しむかのように、みなさん思い思いにくつろいでいます。


そしてついにこの時が…

20130621_205643



今年は50年以来の寒い春を越え、夏が来たのか来ていないのかわからないような気候の中を半ば無理やり楽しんできましたが、ついにこれから長い冬がやってきます。
聞いたところによると夏至を迎えたロンドンは、日に日に季節の移り変わりを痛感せざるを得ないスピードで日没が早くなっていくんだとか。。



余談ですが、本日の日の出は曇天のため見れなかったそうです。
かの有名なストーンヘンジには、今年もたくさんの人が集まったんだとか。
ストーンヘンジって、わたし全然知らなかったんですがピラミッドやマチュピチュに並ぶ世界遺産なんですってね。。
せっかくイギリスにいるので、いつかは訪れてみたいものです。

※夫の職場の方いわく、周りには特に何があるわけでもないので(記念館や観光施設含む)、「わざわざそのためだけに」行く感じなのだとか。
ロンドンから車でも行けますが、そこに行くための単なる移動になるので、お酒でも飲みながら賢くバスツアーを利用したほうがいいそうですよ。

参考:Wikipedia
ストーンヘンジ
Stonehenge2007_07_30


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ  



 

裸のライダー


1370716246-world-naked-bike-ride-2013-in-london_2132753

World Naked Bike Ride 2013 in London!!


石油やガスの使用を少なくしよう、との理念を掲げて

 でロンドン市内を疾走するイベントだそうです。
なんとも外国的な珍イベント…
日本でやろうものなら一瞬で逮捕。イベントとして成立しません。

そんなイベントが、本日なんと自宅近くのリージェンツパークからスタートするらしい!
との情報をききつけ、ぜひともこの目で確かめたかったのですが
広い公園内を地図を片手にさまようこと30分以上。
それらしき場所に到着したときは、裸のライダー達は見当たらず、
小さな子どもやカップルのピクニック風景といった、いつもの平和な日常がそこにはありました。

なんとも残念・・
次回ロンドンで開催されるのは1年後なのかな?
次こそはこの目で見たい!笑 

 写真の出典:http://www.demotix.com/node/2132753


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ  



 

最新のつぶやき
コメントありがとうございます♪

ランキングに参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

実はこっそり気にしています…

「面白かった」「役に立った」と思ってくださった方は「イギリス情報」1クリックをお願いします♪更新の励みになります!

最新のロンドン情報はこちらからCheck!!

ロンドンの注目記事です↑↑
お気に入りブログをまとめてチェックできます
follow us in feedly
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールでのご連絡先(個別のご相談などはお気軽にどうぞ♪)

 

名前
メール
本文
はてなブックマーク
  • ライブドアブログ