クリスマスシーズンの街の賑わいはどこへやら、デパートや街中の人がごっそりいなくなり、お買い物のし易い季節になりました。
出費のかさむクリスマスを終えた今、イギリスの皆さまは財布の紐をキュッとしめていらっしゃるんでしょう…!

我が家はというと、年末のクリスマスパーティーシーズンを終えてホッとしたのもつかの間、今度は新年会シーズン突入です。笑
日本人ですからね!
雰囲気をガラリと変えて、刺し身に焼肉に、新年会やります…!
こうやって考えると、日本て色んな国の文化を取り入れることで、なんとイベント続きで忙しい国なんだろうと思います。笑


さて。
新年会の場にクリスマスツリーは似つかわしくない、ということで今年初めて挑戦した生のクリスマスツリーともお別れです。
(初めての生木クリスマスツリー購入に関してはこちら「クリスマスツリーの販売開始!」)


…というより、それ以前にお別れせざるを得ない状況となっていました。。

思い起こせば約4年前。
イギリスで初めて迎えるハロウィンに、初めてかぼちゃでジャック・オ・ランタンを作ったときのこと。
制作より1週間で、かぼちゃが、凄いことになったんです。
詳細はこちら。 。
来年はジャック・オ・ランタン作ってみようかな~という方にもご一読をオススメします。
※閲覧注意※ジャック・オ・ランタンの本来の姿


今回はそのクリスマスツリーバージョンということで、かぼちゃと併せてご紹介したいのですが、、

まず、こちらが購入時の姿

枝木をいっぱいに広げて、それでいて凛としていて美しい
そしてこの存在感。

そしてこちらが、購入より4週間
クリスマスホリデー旅行を終えて帰ってきた私達を待ち受けていたクリスマスツツリーの姿。 
image
あの堂々たる姿はどこへ行ったのか。 。
脳裏に浮かぶ「おばけツリー」という言葉。。 


なんかもう、枝は尽く垂れ下がってるし、色も抜け落ちてかっさかさだし、、 
下の方の枝木に至っては、軽~いオーナメントの重さにすら耐えきれずオーナメントが床に接地してるし… 


購入より2週間ほど経過した辺りからだいぶくたびれ感はあったのですが、その後1週間以上も室内に閉じ込めて、水もあげれない状況だったのでこうなることも致し方なし。 
懸念していた虫が沸く、ということはなかったので、それだけでもこのツリーの健闘を讃えたいところです。 


おそらく皆さんがされているように、ちゃんとしたツリースタンドを購入して、水を切らさないように管理をすればもっと状態はよかったのではと思います。 
が、今回初めての生木購入、更には購入時にツリースタンド代わりとなる丸太つきであったということもあり、ツリースタンドをケチった結果がこれです。。 


さて、生木の購入が初めてであれば、その処分も初めてなわけで。 
処分の方法をネットで検索すると、どうやら住んでいるエリア毎に回収日や回収方法といったルールがあるようで、「カウンシル名・Christmas Tree」と検索すると、すぐに情報が出てきました。 
(更には、recyclingと入力するとてっとり早いです) 

わたしの住むエリアは、 
・1月3日~26日まで、家の前の路上に置いておいていいよ~ 
・Rubishゴミ回収の日に一緒に回収するよ~ 

というルールでした。 
更には、普段よく行く公園の入口付近にも置いておいていいようで、それを知らずに公園入り口に放棄されているクリスマスツリーを見つけて、ルール違反だ!と思ったのは私の間違いでした。 

正月を迎えた日本的我が家としては、1月3日のすぐにでも路上に出したいところなのですが、ご近所さんはまだクリスマス気分。 
どこも路上に出ておらず、わたしもそのあたりはチキンなので本当に出していいのか確信が持てずしばらくは様子見。笑 

公園に放棄されたツリーは、それとは別スケジュールで回収されているようで、お散歩時にいち早く回収されていくツリーを傍目に、我が家の回収日はいまかいまかと待ちわびる日々。 
しばらくは外気浴と称して庭に放置して、満を持して路上に運び出したのが今週のRubishゴミ回収日の前日。 
このときにはちらほらと、ご近所さんもRubishゴミ箱と一緒にツリーを出していました。

こんな感じで皆さん路上に出しておきます


本当に回収してくれるのか…
午前中ドキドキで家の前のツリーに別れを告げ、帰ってきたのが夕方。

…まだいる。。。


あれ、わたしなんかルール読み違えてるかな?汗
一瞬ヒヤッとしましたが、よく見るとその隣に出しておいたRubishも回収されていない。

急いで調べて見ると、どうやらゴミの回収はまだホリデースケジュールのようで、普段の回収スケジュールとは異なる旨がカウンシルHPに書いてありました。
ご近所さんを見る限り、ほぼ100%みなさんゴミ箱出してる。笑
ホリデースケジュール情報、外国人居住者(≒情報難民)のわたしだけでなく普通にイギリス人家庭にも周知されていない模様。笑

何はともあれ、ようやくホリデースケジュールに則ったゴミの回収が実施され、ついに我が家のクリスマスツリーも回収されていきました。

何やかんや書いてきましたが、

生木のクリスマスツリー、買ってよかった!
来年も買いたい!
1ヶ月の間、過酷な環境で頑張ってくれてありがとう!



にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ