明けましておめでとうございます。
今年もブログ、twitter共によろしくおねがいします!


今回は在英3度目となる年越しでした。
が、これまで旅先で新年を迎えていたためロンドンで年を越すのは今回が初めて。

ロンドンの年越しは花火! 

newyear
London New Year’s Eve Fireworks © visitlondon.com/Stewart Marsden

パーっとロンドンらしく賑やかに年を越したいところですが、1歳3ヶ月の息子がいるのでカウントダウンに出かけたり、自宅に人を招くといったこともなく、ただただ地味に、粛々と自宅で花火鑑賞の予定。

が、その楽しみにしていた花火鑑賞も、大晦日の当日はあいにくの雨模様…。
日中は降ったり止んだりで、果たして雨でも花火は上がるのだろうかと心配していたら、夜には雨も上がり一安心。

日本にいたら大晦日には大掃除におせちの準備、夕飯はちょっと豪華に、日本酒で乾杯!といったところですが、今回はクリスマスホリデー旅行から30日夕方に戻ってきたこともあり、大晦日らしいことは放棄。


ギリギリに注文したおせちを夫と息子にピックアップしに行ってもらい、元日はお雑煮だけは作ろうとその買い出しをお願い。
その間わたしは自宅で、そろそろ限界を迎える生のクリスマスツリーの片付けに勤しみます。


そうこうしているうちに夕方を迎え、2017年最後の食卓はご馳走でも食べたいところですが、いかんせん大晦日のあれこれは放棄しているので、今年は冷蔵庫にあるもので質素に。
お味噌汁、焼き魚、ほうれん草のおひたし、オクラ。
久々の和食が、旅行で疲れた胃腸に優しかった~。
1週間好きではないベビーフードと、やたらと味の濃いスペイン料理を食べさせ続けられた不憫な息子も、久々の慣れ親しんだ和食に満足の様子でぺろり。

家族揃って同じメニューの夕飯を食べ(まだまだ大人とは別メニューの食事を、大人とは別時間に食べている息子にとってはこれだけで特別感!)、お風呂に入り、終始ご機嫌の息子を寝かしつけ、いよいよ夜。


さて。
日本だとこの辺から紅白ガキ使を交互に見ながら、お酒とお刺身でも食べているころ…

が、ここはイギリス。
年明けまであと3時間。この時間をどう過ごそうか…。

とりあえずテレビをつけてみるものの、特に年末特番のような番組は見当たらず。
やたらとコメディショーが多かったかな?
ステージで、コメディアンが辛辣ジョークかますやつ。(内容聞き取れずさっぱりなので、完全に妄想ですが)

なんとなーくハリーポッターを流していると、隣の夫はYouTubeで数時間前に放送を終えたガキ使を鑑賞中。
もう当日の動画がアップされているなんて…!
便利な世の中になったものです。。


そして気づけば何だか周りが騒がしい。
いよいよ23時を回り、近所で花火が上がり始めた模様。
どうか息子を起こさないでくれ…
そう願いながら、いよいよテレビではカウントダウンライブ?がスタート。

おぉーー、イギリスも年越し前にはこんなライブやってるんだ~~!
日本のCDTVを思わせる雰囲気に一気に年末感!上がるテンション。そわそわそわ…

そしてついにその時が!
年明けまでのカウントダウン!
いよいよ待ちに待った花火が上がる…!


と、そこで息子。
まさかの起床~~!涙
このタイミングで…!

ここで寝かしつけに行ってしまったら、楽しみにしていた花火が拝めない…!
貴重なロンドンでの年越しが、経験できない…!涙

目前に迫った花火と、でもふえぇ…と寝かしつけを求める息子の泣き声の狭間で揺れるわたしを見るに見かねて、夫が息子を二階より召喚!
部屋の明かりを消し、期せずして親子3人揃ってのnew year花火鑑賞となりました。
夏に日本の花火大会を経験済みの息子も、初めこそ寝ぼけて何が何だかわからない様子でしたが、後半はうわぁ、と声をあげて花火鑑賞。



で、肝心の花火。
これが物凄かった…!
ロンドンの年越しって、こんなに凄かったんだ!!

人々一斉のカウントダウンのあと、今は改修工事中のビッグベンのチャイムが鳴り響き、その後猛烈な花火、花火、花火。
ロンドンアイをバックに、とにかく物凄い量の花火がもの凄い勢いで上がり、そして音楽。
この音楽もセレクトがすごく良くて、一気にテレビの中の花火の世界に引き込まれてしまいました。

元々花火を観ると、
あぁ、花火師さんはこの日のために一年間頑張ってこられたんだよなぁ。気持ちを込めて作った花火がこうして打ち上げられるのはどういう気持ちだろうか…涙
と、勝手に想いを馳せて感涙するタイプなのですが笑、花火にBGMが加わるとその効果も倍増。

感動するやら、観たことのないそのめちゃくちゃな上げっぷりに思わず笑ってしまうやらで、テレビにもう釘付け。

そしてそのド派手な花火の上げっぷりに、なんだかイギリスのプライドのようなものも感じて…

世界標準時のイギリス!
そんな我らがついに新年の幕開け!
世界を代表して、どこにも負けない規模でその時を祝いますよーー!

みたいな声が聞こえてくるようで。

ちょっとやそっとの雨天では中止しないんだろうな、と思わせる頼もしさと貫禄を見せつけてくれたような気がしました。

image
めちゃくちゃな上げように、思わずTV画面を写真撮影。
後で調べると約12000発以上の花火を10分間にどどどー!!っとあげるようで。
日本の花火大会でいうところのクライマックスを、10分間続けてるような感じ。笑


その後夫と、日本じゃこんな規模の新年の祝い方なんてないよね~と話していて、そもそも日本の年明けってどんなんだっけ?という話題に。
イギリスのBBCにあたるNHKがテレビ中継するのって、除夜の鐘だもんね、と言われハッとしました。

かたやド派手に花火をぶち上げる国と、かたやしっぽりぼぉーんと除夜の鐘を鳴らす国。
国が変わればこうも新年の迎え方が変わるのかぁと、色々と考えさせられる年越しでした。
個人的には、ド派手にどどどーっと迎える新年もわくわくして好きです。
あぁ~、楽しかった!


今年はとっても楽しい1年の幕開けとなり、翌日はロンドンにいるとは思えないとっても美味しいおせちを食べることができました♪
美味しいおせちと、家族揃っての食事と、ごきげんな息子。
年明けから、なんだか幸せだなぁとふわふわした気持ちでこのブログを書いています。

2018年
家族皆が、大きな怪我や病気をすることなく、息子が健やかに育ちますように。

image
来年のお正月はどこで迎えるのか…
ロンドンにいたらまたお世話になりたい大満足のおせちです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ