最近なんだかお天気の良い日が多くありませんか…!?

10月の渡英以来、あまりに青空を見る日が多いので
いやいや、ロンドンの秋はこんなお天気じゃなかったはず…
と意味もなく自分に言い聞かせてみたり、
朝からお天気がいいと、どこかに出かけないともったいないような気がして起き抜けからずっとそわそわしたりしています。
(ちなみに、お天気がいいとどこか出かけなきゃ!とそわそわすることを、わたしはロンドン病と呼んでいます。笑)

HEIC
お決まりのお散歩コースも、青空だと本当に気持ちがいい!


子どもがいないと、お天気がいいからといって急に思い立って出かけたいような場所もなかなか思い浮かばず、せっかくの晴天を無駄にしてしまうことも多かったのですが、子どもがいると迷わず公園へGO!となったり、出かけるきっかけを与えてくれるのはとてもいいことだな、と最近思います。


先週の日曜日。
朝の冷え込みは厳しかったものの、日中は本当に気持ちのよい秋晴れ!
この日は「息子に鹿を見せよう!」ということで、リッチモンドパークへ行ってきました。



リッチモンドパークは、さすがロンドン市内最大規模の王立公園というだけあって、園内に川あり、湖あり、バレエ団のスクールあり(知らなかった!)と、とにかくめちゃくちゃ広い…!です。そしてワイルド!
公園内へ足を踏み入れると、景色はこんな感じ。

HEIC
ゲートを通過しても延々と続く車道。まるでサファリパークに来たような気分に

HEIC
この写真の中にキリンや象が写ってても全く違和感ないこの景色…
約3年前のケニアサファリを思い出します


もともとはかつての王族の狩猟場だったということもあり、現在も600頭以上の鹿が生息することで有名なこの公園。
実は前回の在英時にも鹿を見に行こう!ということで訪れていました。

その時の写真がこちら。

1407020741906
この角…!!!!!!!
思っていたより猛々しすぎて。。恐い。。

1407020756267
ちなみに、サイズ感はこんな感じ…
この鹿は小さい方だけどそれでもデカイです。。


今回改めてリッチモンドパークのHPを見ると、危ないので少なくとも50メートルは離れるように、とか決して触れない・餌付けしないようにといった注意書きがされています。
が、皆さんのこの距離…笑


実はわたしも前回、やっちゃってました。
前回は車でなく、徒歩で公園内に入ったのですが入ってすぐのところで鹿に遭遇。
奈良公園の鹿くらいをイメージしていたので、そのあまりの猛々しさに恐怖感が凄いです。

で、この状況。
BlogPaint

うっかり鹿と目があってしまい、のしのし近づいてくる鹿を目の前に、右に逃げるか左に逃げるか…という心の動揺が見て取れる、ガニ股写真


背中にはリュックサック、
首にはカメラ、
そして手にはスーパーのビニール袋。(何を入れていたのかは記憶にない)


ダサい…
ダサすぎる…。




このときは想像を遥かに超える鹿の様相に動揺してしまい、完全にアウトだったのですが今回は鹿に遭遇してもビビらない!リベンジする!と気合を入れての再訪だったのでした。


気合十分に訪れた今回。
ですが、車を走らせども走らせども、鹿が見当たらない…。
車を降りて頑張ってそれらしいところを散策してみるも、やっぱり見当たらない。

HPを確認すると、どうやら今は鹿の発情期にあたるそう。
発情期にはやっぱり凶暴になったりするのかな。そのせいで隔離されてたりするのかな。
それとも季節的にもう鹿も冬支度で、人気のない所にひっそり隠れてたりするんだろうか。
理由はわかりませんが、残念ながら息子に本物の鹿を見せてあげることはできませんでした。


本来の目的は達成できなかったものの、気持ちのよい晴天に恵まれリッチモンドパーク内の自然を満喫!
期せずして秋の紅葉も楽しめ、とても充実した一日となりました。

最後に、リッチモンドパークの秋の風景を。

HEIC

IMG_5920

IMG_5892

HEIC

ちょっとした小旅行気分になれますよ♪
訪れる際はぜひ、車でどうぞ!


次回こそは、鹿リベンジ!


リベンジってそういう意味♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ