前編の続きです。

ELL170149_25_gal
問題の、ロミジュリの部屋

さて、ツールボックス片手にやって来てくれた大家さん。

今回の大家さんについては実はいくつか前情報があり、夫の話(おそらく出処は不動産屋)曰く

どうやら、過去に株で一山あててその資金を元に不動産を回しているらしい

とのこと。
おぉー笑。いい関係性を築けたら、ゆくゆくはその話も聞いてみたい…。

そんな情報が出回っているとは(おそらく)つゆ知らず。
玄関先に爽やかに現れた大家さん。

私「Hi!今日はわざわざ来てもらってありがとうございます」
大家さん「いやいや、いいんだよ~。実は今朝連絡もらったときちょうど日本のことを考えてたんだよ!昨日安倍政権が再当選したよね。今朝のBBCでもやってて…
~以下中略~
で、この再当選についてはどう思う?

いきなりの政治ネタ…!


まさか、出会い頭に玄関先で日本の政治について意見を求められるとは1ミリも思ってなかった。。
元気でにこやかな挨拶から一転。わたし、一気にしどろもどろ。笑

実は我が家、まだテレビをきちんとセッティングしておらず、かつ日中は常にネットの世界に入り浸っていた前回の滞在時とは違い最近はPCや携帯に触れる余裕があまりないため、日本の情報はおろか、イギリスの情報すら入ってこない日常生活を送っているのです。(近くでテロとか起きても何も知らずに普通に出かけそう。。)

この時正午過ぎ。
まさか、安倍政権が(しかも日本時間)昨日の選挙で再当選したことを知らなかった、とは言えない。。



どう切り抜けようか。。
頭をよぎるI’m not interested in politics..の一言。。
言えない…さすがにマナー的に言っちゃいけない…。

結局、どうにか当たり障りのない知識を並べ立て、最後は「わたしはあまり政治的な人間ではないのでなんとも…」といって明言を避けました。汗

そっか!と言って納得してくれた大家さん。

その後はお互いの家族の話、大家さん自身の話になりほっと一息。
会話が明るく弾んできたところで、話題はまたしても日本とイギリスの商習慣の違いといった小難しい話に。
わたし、途端にしどろもどろ。笑


なにこれ!
今回の大家さん、なんだか話題がハイスペック…!!涙


それもそのはず。
話を聞いていると実は今回の大家さん。
元はシドニー、東京、ロンドンに支社を持つネット広告会社のCEOをされていて、今はアーリーリタイアをして8つの物件(集合住宅含む)を管理している身らしい。いわゆる実業家…!
奥さまはバリバリのキャリアウーマンで、二週間おきにインドに赴いて仕事をしているらしいし、
名古屋の高校に交換留学生として日本を訪れた息子さんは、今やケンブリッジ大学の学生

なんというハイスペック家族…!汗
株で一山当てた人物というガセネタは一体なんだったんだ。笑


と、ここで考える。
前回の大家さんとは何を話してたっけ…

Miss.Tとの明るい思い出の記憶を辿ると
このプラマーは腕がイマイチ、このプラマーは腕は良いけどがめつい、とか
フルーツを買うんだったらM&Sがお勧めだ、とか
この間のホリデーは従姉妹とイタリアに行ってきた、とか…

大家さんが女性だったということもあり、とっても身近な話題。
これ書いてる今でもほっこり。

対する今回は、政治やビジネス
一気に男性の会話といった感じ…。これが男性社会か…。

この会話についていけないのはわたしの英語力うんぬんでなく、むしろそれ以前の教養の問題だなと再認識。笑

そういえば…と思い、これまで夫が大家さんとやりとりしているメールを初めてちゃんと読み返して見たところ、初めて見るような単語がいっぱい〜
使っている単語も、文章もなんだか見慣れない…。

例えば…
いきなりWhilst~…という書き出しで文章が始まっていて、なんだこの単語は!!と思って調べたら、While(一方で)の意のイギリス英語らしい。とか…。

ふむふむ、勉強になるなー
この接続詞使いこなせたらかっこいいけど、わたしが使ったら絶対違和感あるだろうな。笑


肝心の部屋のドアの修理は結局3日連続で来てもらうことになりましたが、(詳細はまた別に記す予定)バッチリ修理をしてくれました。
これで安心して冬が迎えられる!


今回の大家さんとも良好な関係を築けるといいな~。
そのためにはまず、日本語で政治とビジネスのお勉強からかな。汗
大家さん関連、こちらでシリーズ化できるように関係構築に努めます…!

Kind regards,
Conny

ビジネス風。笑



にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ