イギリス滞在二度目となる今回は、ロンドン郊外のセミデタッチドハウスに住んでいます。

あまり聞き慣れない方のために簡単に言うと、大きな一軒家を真ん中で左右対象にずばーんと分けて、ひとつの戸建てに二世帯が入居している…という感じ。
イギリス特有の住宅形式だそうですが、あれかな。
日本でいうところ、玄関も水回りもお庭も完全に分けた完全分離の二世帯住宅って感じかな?

入居してみるまでは、お家の構造ってどんななんだろう…とか、
隣の世帯の生活音とか気にならないのかな…とか色々考えていましたが、住んでみればなんのその。
隣接しているお隣さんの存在皆無だし、普通に戸建てに住んでる感覚。
なので、最近ではセミデタッチドという言葉と説明がめんどくさくて、普通に「戸建てに住んでます~」と言っちゃってます。笑

IMG_5387
とてもお天気が良かったので、近所の街並みをパチリ。


前回は比較的ロンドン中心部にほど近いフラット(集合住宅)に住んでいました。
中心部に近かったせいか、ご近所で見かけるのは一時滞在中の外国人、もしくはリタイア後の見るからに裕福そうなおじいちゃん・おばあちゃん。
いわゆる、普通のイギリス人家庭を見かけないのを少し残念に思っていました。


昔読んだ本によると、イギリス人は郊外に庭付きの戸建てを持つのがステータスらしい。
都市部への通勤に多少時間はかかっても、自宅は郊外に持ちたい。
ごちゃごちゃしたロンドン中心部に住むなんてもってのほか!

そんな価値観が今もあるのかないのかは置いておいて。
郊外に居を構えた今、周りにたーくさんのイギリス人ファミリーが溢れていて嬉しい!
しかも、子育て世代が多い!
平日も休日も、辺りはバギーだらけ。
郊外が子育てしやすいのは、日本もイギリスも一緒なんだな~とつくづく思います。


少し前回とは違った経験ができそうな予感にわくわくしていると、
お天気の良かった先週末、早速こんな光景に出会いました。



IMG_5537
お隣さんのお庭の芝刈り…!!
早速イギリスっぽいー!

部屋で何するでもなく息子と外の景色を眺めていたので、ついその様子に見入ってしまいました。
お庭に建てられた小屋の中から芝刈り機を出してきて、コンセントを繋いでぶいーん。
時々足で芝の刈り具合をチェックしながら?手慣れた様子で芝を刈っていくお隣のお父さん。


わ~、すごいねぇ!本場の芝刈りだねぇ!ああやるんだねぇ!
明らかに息子より興奮しながら観察していて、ふと気づいたことが。

なんか…うちの庭荒れてる。。


実はついこの1週間前。
我が家も小雨の降る中、夫が庭の芝刈りをしたばかり。

BlogPaint
パパの芝刈り光景をランドリールームより見守る息子

夫にとってはこの家に引っ越してきてから3度目の芝刈り。
既に1度の断線を経験し、この日も2度目となる断線。
小雨降りしきる中、ガムテープとハサミで修繕をほどこし、イギリス滞在も二度目になると対応力がついてくるな~、と他人事のように感心する私。

性格上わたしも芝刈り作業は好きな方なのですが、いかんせんこの日は肌寒く、ちょいと代わってもらったところで断線したので(わたしが断線させました笑)そのまま夫にバトンタッチ。

断線を乗り越えて芝刈り完了~、と思っていたら出会った、3階から見下ろした我が家のお庭の風景。

IMG_5537
もう一度…

ところどころ芝が枯れたように見えるのは、芝刈り機の刈った後の草の吸い込みが弱く、干し草のようになっているから。
気持ち、芝がはげて土が見えかかっているのは、おそらく芝刈りスキルの問題…。

「隣の芝生は青い」ってこういうことを言うんだなと痛感中。

おそらく4~5年滞在することになろうこのお家。
芝刈りスキルを高めて帰国したいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ