P1120442
マーケットに行けば、白・青・茶色とカラフルな卵セットが。

イギリスで青い卵の存在を知ったのは昨年のイースター。(今年のイースターは4月5日!可愛いイースターエッグ、意外と簡単にできますよ♪「楽しい!可愛い!イースターエッグ作りに挑戦!」

イースターエッグを作ろう!と友人と白い卵を探していた時になかなか見つからず、ふと目にした青い卵…。

卵が…青い。。


そのときは見慣れない光景にぞっとし、気味が悪いね…と友人と話していたのですが、その後ふと目にした何かの記事。
そこには、何やら今日本で青い卵が「幸せを呼ぶ鶏の卵」だかなんだかで、話題になっている…と。
その記事によると、青い卵は栄養価も高く、美味しいという話だったので、イギリスでも青い卵を買ってみることに。


ちなみに青い卵、お高い。。

LN_795629_BP_11
一番安い、こちらの卵(6個入り)が£1に対し… 
LN_039556_BP_11
こちらの青い卵(同じく6個入り)が約£2.5


でも割ってみると、この違い。

190
もちろん、色が薄いのが安い卵!
昨夜何気なく別々の種類の卵を割り入れたら、その違いに改めてびっくり。
 

味もやはりお高いだけあって、 濃厚で美味しい!
たまご焼きや、シンプルな卵料理ほどその味の違いが際立ちます。その味の違いは、夫も気づくほど。


青い、でも美味しい卵の存在を知ってしまった今では、どうしてもこちらの卵が買いたい…でもお高い…。。
ということで、普通の卵料理には青い卵、揚げ物の衣やちょっとした用途には安い卵、と使い分けをしています。みみっちい。笑


最近よく思うのですが、イギリスってこういうの多い気がする…。
渡英前は「イギリス、物価が高い国」というイメージがありびくびくしていたのですが、スーパーに行ってみると全然そんなことない。むしろパン、牛乳、野菜といった生活必需品は安く感じる

なんだ~、イギリスって必要な物は安く買えるんだぁ。いい国だな~。でも味はイマイチ…
野菜の甘味はないし、なんか味気ないなぁ…

と思いながら過ごしたのが渡英後の約1年。

そして、
安く手に入れることはできる。でもお金を出せば美味しいものが手に入る(つまりは安かろう悪かろう?)」という法則?に気づいたのが、この直近の1年でした。

例えば、キャベツトマト
何気なしに安いものを買っているとなんだか味気ないのですが、ちょっとオーガニックだったり、違う品種のものにお金を出せばすごく美味しいものが手に入る。

188
キャベツはこの先の尖った形のものが甘くて美味しいし、トマトは断然枝付き(vine)のが美味しい!
特にトマトは、安いのに比べてびっくりするくらい甘くて美味しいです。


イギリスは野菜が美味しくない、日照時間が短いせいだ、とか文句言ってたあの1年間…
すいません、自分が間違ってました。。
お金を出せば、ちゃーんと美味しい野菜があるんですね。


でもこの感覚って、なんだか新鮮…。 
もちろん日本でも、オーガニックだったり高級スーパーで売っているような野菜って確かに普通のに比べて美味しいんだろうけど、こんなに味の違いが顕著かと言われると…そうでもない気がする。

日本の安い野菜も普通に甘くて美味しくて、もっとお金を出せば更に美味しいのが手に入る…っていう感じかな…。 

そう考えると、 日本の農産物のレベルってもの凄く高いってことなのかも。
美味しいものが安く手に入るって、ありがたいなぁ。
国民みんなが、同じく美味しいものを食べられるってことですもんね。

その点イギリスは、良く言えば「選択の幅がある(お金を出して美味しいものを食べるのかどうかは個人の自由)」、悪く言えば「(でも)お金のある人しか美味しいものが食べられない」というような日本との違いを感じます。


イギリスも昨今はオーガニックブームで、食にうるさい人が増えてるとよく聞きますが、近い将来1ポンドでも味が濃くて美味しい卵が買えるようになるのかな~。

青い卵、まだお試しでない方。
こっちの卵って美味しくないとお感じの方。
おすすめですよ♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ