BlogPaint
わたしはポストマンを応援します!


一時帰国中、夫から届いた一通のLINE。
我が家では事件が起こっていました。。


事の発端は約2ヶ月前。
我が家のフラットにはポーターさん(常駐の管理人さん)がいません。
なので、郵便物や宅急便などが届いた際には、配達人の人(以下、ポストマン)はまず、共用エントランスで宛先のフラットを呼び出してエントランスの施錠を開けてもらい、そこから各部屋への配達…という流れになります。


郵便物は毎日何かしら届くもの。
大切なものからジャンクメールまで、フラット全員分の郵便物を抱えたポストマンは、共用エントランスでランダム、もしくは上の階から順番にフラットを呼び出し、エントランスを開けてもらい、その後各部屋のドアへ郵便物を配達・投函してくれていました。


が、異変に気付き始めたのが8月頃。
今まではきちんとフラットの郵便受けに届けてくれていた郵便物が届かない。
届くはずだったチケットが届かず、気になってエントランスへ行くと、エントランスの共用郵便受けの下にばさっと山積みにされた郵便物が…。

運悪く、エントランスを開けてくれる住人が誰もつかまらなかったのか、それとも各部屋へ届けるのが面倒臭かったのか…。
エントランスの共用ドアにある郵便受けより、ばさっと投げ入れられた大量の郵便物。




それからはフラットに届くはずの郵便物が、エントランスに放置(投げ入れ)されていることが多くなり、通勤・帰宅の度に山積みにされた郵便物の中から我が家宛のものを見つけては、「職務怠慢だ!」と憤慨する夫をなだめる…という日々を送っていました。
(面倒くさがりの性格のわたしは、郵便物を毎日チェックするという習慣がそもそも備わっていない。)


あまりにそれが続くので、ここはいつもの大家さんに相談してみることに。
家トラブルでもお馴染みの大家さんですが、我が家の大家さんは我が家フラットの目と鼻の先に住んでおり、何かトラブルがあるとすぐに駆けつけて解決してくれる、頼りになる大家さんなのです。

棟こそ異なるものの、同じ建物に住んでいる大家さん。
もしかしたら同じような状況なのではないか…と思い、あわよくばいつもの行動(クレーム)力でささっと解決…!
を期待して、相談してみました。


するとやはり状況は同じよう。
そしてここはさすが大家さんといったところで、どうやって仕入れた情報なのかは定かではありませんが、どうも最近配達しているポストマンは今までの人ではなく、一時的な(temporary)ポストマンなのだ、とのこと。

ポストオフィスにクレームの電話をしてみるも、電話先の女性の対応が友好的で素晴らしく、あと3日この状況が続いたらまた連絡してください、といったことで一旦は落ち着いた模様の大家さん。


バイト…?バイトポストマンなのかな…?
そんな疑念が沸きつつも、状況は変わらず。
まぁイギリスだし仕方ないか~と思うこと数日。

ある日外出先から帰り、エントランスの鍵を開けていると、目の前に見慣れない張り紙が。

BlogPaint


TO THE POSTMAN,
PLEASE DELIVER THE POST EACH FLAT.

Thank you for your kind attention.


他の住人の方から声が挙がったのか、もしくは大家さんによる采配なのか…。
管理会社による、ポストマンへの通告でした。とっても親切な文面。

ほらほら~、ちゃんと仕事しないからポストマン怒られちゃったよ~
でもこれでちゃんと郵便物届くようになるかな~

と思っていたら、その期待は見事に外れ、その後も、エントランスに山積みの郵便物は続き、発見、夫憤慨 という日々が続きました。


そうして迎えた運命の日。
一時帰国先の日本で、久々に会う友人との約束に向け、ホテルで身支度を整えていたところに届いた夫からの一通のLINE(画像)。

これ。

1412424679011
見慣れた自宅の、共用エントランスのドアの写真…

1412424684249
アップにするとこう…


初めはワケがわからなかったのですが、写真を拡大してみて気づいた。

ドアのガラスに無数に貼り付けられているもの…

これ、フラットへの郵便物だ・・・!!!!!
各部屋への郵便物が、内側から無数に貼り付けられている…!!!


こ、恐いぃぃ…!!!!!!!!!!!!!!!!

 
そしてこのガラス窓には、殴り書きでこんなメッセージが。

1412424696459

Dear Postman,
What are you doing?
Please bring our letters you left at random locations!


こ…恐い…
最初の一言、恐い…!!!!


怒ってる!!
どこの方がこのメッセージを書いたのかわかんないけど、これ、相当怒ってる…!!!!


ある日夫が外出先から帰ったところ、この場面に出くわしたそうです。
いつもと見慣れぬ光景に、一瞬フラット間違ったと思ったんだとか。


このメッセージが効いたのか、ここ最近は以前通りポストマンがちゃんと各フラットの郵便受けまで届けてくれるようになりました。

先日家にいたところ、共用エントランスブザーが鳴り、出ると「郵便だよ~♪」という陽気なおじさんの声。
施錠を開けると、一番上の階から軽快に郵便物を届けた後のポストマンが「はいっ♪」とドアを開けて待っていたわたしに手渡しで郵便をくれました。

このおじさん、あのメッセージ読んだんだろうか…。
仮に読んだ後でのこの陽気なテンションだとしたら…メンタル強いぞ…


何はともあれ、我がフラットに平和が戻ってきました。
夫曰く、磔にされた郵便物は、気づいたらなくなっていたとか。

頑張れ、ポストマン!!


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ