■旅行日程:2014年8月23~26日(3泊4日)

ラトビア・リトアニア旅行記の続きです。あらすじはこちらから…
1)いざ、バルト三国!ラトビア・リトアニアへ!~旅の概要編~

2)独断と偏見でご案内!ラトビア・リガの街並み
3)お買い物天国!ラトビア・リガで見つけた可愛いもの

 

無事にラトビアミトンも買うことができ、いざ!向かうはバルト三国二カ国目のリトアニア…!

と、その前に腹ごしらえ。
今回リトアニアのヴィリニュスへ向かうバスの予約が18:15(その後の国境越えに要する時間は、約4時間)だったので、早めの夜ご飯を済ませておきます。

向かったのはフィガロ(雑誌)で紹介されていたこちらのお店。

P1170068
リガ中心地にある★3 Pavaru Restorans(トリップアドバイザーが開きます)

P1170066
モダンな内装

食レポや写真撮りが苦手なので、普段はあまりレストラン紹介はしない(できない)のですが…
こちらのレストランはぜひお勧めしたい!

店名である「3 Pavaru(トリース・パヴァール)」というのは、3人のシェフという意味で、3人の人気シェフが日替わりでキッチンに立つんだそうです。

さて、本日のシェフの腕前やいかに…♪



フレンドリーな店員さんにメニューの説明をしてもらいながら、ワイン、前菜、メインをひとつずつオーダー。

BlogPaint
楽しみだな~♪と待っていると…
(テーブルの白い紙に注目!)


色んなソースのようなものを持ったシェフのような人がキッチンから現れ…

P1170051
テーブルの上に敷かれた白い紙が、こんなアート作品に!


ひとつずつ味や材料の説明を受けながら、すらすら~っとお絵描きをするように完成したアミューズ。
バゲットをつけていただきます。
このソースが、とてもおいしかった…

中でもわたしのお気に入りは、Hemp Seedという麻の種からできたオイルのソース。(写真の白い紙中央辺りにある、ちょっと透明っぽいゴマの混ざったようなやつ)

このHemp Seedオイル、帰宅後に調べたら大麻油とも書いてあってどきっとしたのですが、こちらではマーケットなんかでも売られている、割とポピュラーなもののようです。(中毒性はありません。たぶん。。癖になるけど。。)
 
P1160937
Hemp Seedを初めて知ったのはマーケット。
香ばしくて、どこかきな粉のような風味。


ワインとこのアミューズだけでもう大満足なのですが(何ならバゲットお替わりしたいくらい笑)、お料理はここからが本番。 

P1170056
エビのビシソワーズ
濃厚、ふわっふわ!こういうスープ大好きなんですよねぇ…♪

P1170055
ラトビアは実はウナギ(ヤツメウナギ)も有名なんです。
ヤツメウナギのスモーク。
小骨が多いけど、脂がのってて日本人にも親しみやすそう!

P1170062
魚料理がお勧めとのことで、マグロのグリル。
分厚いのにこちらもふわふわ。臭みが全くないのでぺろり。

P1170060
夫の食べたお魚。Cod(タラ)だと思うけど何だったっけ…
味見をさせてもらったら、付け合せのお野菜がとっても甘くて美味しかったな~

お酒も少し飲んで一人40ユーロ程度の比較的リーズナブルな価格設定なのに、プレゼンテーションが高級レストランなみ!
贅沢気分が味わえて、それぞれのお料理も味付けにいちいち唸ってしまうような完成度でした。

更にお会計を頼むと、最後にサービスでお口直しのデザートまでいただけて大満足!

P1170067
柑橘系のシャーベット。
ふたを外すと中からドライアイスの煙がぼわーん。。



リガに行かれた際にはお勧めのレストランです♪

★3 Pavaru
住所:
Torņa iela 4,Riga

このお店も紹介していたフィガロのバルト三国特集はこちら。



次回:いよいよリトアニアへ!可愛い湖畔のお城を目指します♪
リトアニアでどきどき一人旅。湖に浮かぶお城・トラカイへ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ