■旅行日程:2014年8月23~26日(3泊4日)

ラトビア・リトアニア旅行記の続きです。あらすじはこちらから…
1)いざ、バルト三国!ラトビア・リトアニアへ!~旅の概要編~


 
やって来ました!ラトビアの首都・リガ!
リガは、バルト三国3つの首都の中で一番人口が多い、バルト最大の街だそうです。

調べてみるとラトビアの歴史ってすごく複雑で、
13世紀のドイツ騎士団の侵略に始まり、リトアニアポーランドスウェーデンロシアによる支配、第1次世界大戦後に独立を宣言したものの再び、ソ連ドイツソ連…と目まぐるしく支配者が変わり、再び独立を取り戻したのが1991年。 (参考リンク先

ちなみに、このバルト三国のソ連からの独立が、後のソ連崩壊を招く引き金にもなったんだとか。


支配、占領、内戦を経てようやく落ち着いたのってつい20年余り前のことなんですねぇ…

最近クロアチアに行った時も思ったんですが、東欧やこの辺りの地域って国が落ち着いたのが意外とつい最近で、街なかで内戦の跡を不意に見つけるとどきっとしてしまいます。

P1160951
外国支配からのラトビア人の自由を象徴する、自由記念碑
通りがかった日は特設ステージができ、なにやらお祭りムードでした。 


色んな国の支配を受け、不遇な歴史を辿ってきた街…
ということで、街並みにも何となく色んな国の影響が見てとれる気がします。

と、いうことで!
リガの街並みで感じた各国の面影をご紹介していきたいと思います!


まずはドイツ
リガの街はもともとドイツ人によって作られたんだそうですが、中世の面影を残すリガの旧市街は「ドイツよりもドイツらしい街」とも言われているそうですよ。

あ、ちなみにここからはわたしの浅い知識と独断による勝手なセレクションです。笑


P1160999
ブレーメンの音楽隊の像。
ブレーメンってドイツだよね!?と思ったら、なんとリガとブレーメンは姉妹都市なんだそうです。
下から、ロバ、イヌ、ネコ、ニワトリ。

P1170005
・・・

P1170004
・・・

なんかブサイク。

P1170003
「ロバの足を触ると幸せになれる」と思ってたんですが、何故か皆さんがチャレンジするのはてっぺん、ニワトリの鼻。(鼻…?)

楽々とロバの足を触って満足してきたわたしは、幸せの恩恵に授かれないのかな。。
でもよく見ると、ロバの足も金色に光って人間に触られた形跡がある!
こういうのにも、流行りがあるのかもしれません。笑 


お次はスウェーデン。 
すいません、スウェーデン行ったことないんです。
北欧はノルウェーフィンランドしか行ったことがないので完全なイメージでお届けします。
そこに意味があるのかどうかはわかりませんが(笑)、街並みの雰囲気をお楽しみください。

P1170036

56689

56695
こういうパステルカラーの色使いとか…

P1160909
尖った三角屋根の建物が雪深い北欧を…思わせませんか?
無理やり過ぎましたかね?笑

いえいえ、ちゃんとありますよ!
その名も、スウェーデン門! 

だーん!

と、写真を載せたいところですが、一枚も写真を撮っておらず…!
行ったのかな!?行ってないのかな!?笑
なにぶん、リガではお買いものに夢中だったので。。

スウェーデン統治時代に作られた城門があるんです。
今は門をくぐると幸せになると言われていて、新婚カップルの聖地になってるんだとか。

ブレーメンの像といい、こちらの門といい…ことごとく幸せを逃してきているような。。 


気を取り直して。
お次はソ連

P1160901
地下通路?の通りで男性が群がる何やら怪しい一角…

P1160994
近づいてみてみると、そこにはずらぁっと煙草葉巻

P1160995
このディスプレイや売り方が、なんとなーく社会主義っぽい…?
タバコ・葉巻って社会主義の象徴のようなイメージがあります。
なんとなくですが…


最後はロシア!(ソ連とロシアを分けたのには、特に深い意味はありません。)

P1160957
至る所で目にする、お土産のマトリョーシカ

そうそう、そういえば土曜日にちょっと中心地から離れたマーケットに行ったんですが、そこで突然「日本人か!?」とおじさんに声をかけられました。

初めそのおじさんはラトビア語。
私たちが理解していないと見ると、今度はロシア語。

で、私たちがロシア語も理解していないとみると「ロシア語もわからないのか?」的なリアクション。
結局、英語を話さないおじさんとのコミュニケーションはちぐはぐに終わったのですが、どうやらラトビアで歌を歌っている人らしく、「日本で広めてくれ!」と自作CDとクッキーを渡されました。

人懐っこい、陽気なおじさんで、あぁ~、この国の第二言語はロシア語なんだなーと実感した出来事でした。

※もちろん、観光地では英語が通じます。
ちなみにロシア語は国として正式な第二公用語ではないそうですが、リガの人口の約半数近くがロシア人なので、ラトビア語→ロシア語→ドイツ語or英語 と勉強することが多いんだそうです。

BlogPaint
これがその自作CDとクッキー。
自作CDのカバーで微笑むおじさんは、普段着のスナップ写真…こういうの好きだな~笑
ちなみに、どんな歌声が聞こえてくるのかちょっと恐くて、まだCD聴けてません…



以上、独断と偏見によるリガの街並み案内でした!


次回こそは…!森ガール必見?
 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ