■旅行日程:2014年8月23~26日(3泊4日)

今年の夏のバンクホリデイは、未だ見ぬ地バルト三国へ…!


夫よりそう聞かされていたものの、バルト三国…えーっと、一体どの三ヵ国だっけ…?
バルト海バルト海…どこ…?汗

誰か「地球の歩き方」的な詳しいガイドブック持ってないかなーと周りの友人にあたってみるも、ガイドブックはおろか、バルト三国を過去に訪れたことのある人もおらず、皆さん口をそろえて「バルト三国ってどこだっけ?何があるの?」状態。

…わたしが知りたい。。


ということで、今回の旅はいつもに増してノープラン、ノーイメージ!

何とな~く、バルト三国といういかつい響きから、「なんだか強そう。。」、
地図を見ると北欧・東欧・ロシア隣接、という辺りから、「寒そう。どんより暗そう」、
言葉も何だか難しそうで英語も通じるのかわからないし…「とりあえず未知の世界」。


イギリスの貴重なバンクホリデイ(祝日)。
暖かいビーチリゾートに行く人はいいな~、と毎日現地の天気予報と気温を眺めては、なかなかプラスイメージのわかない中で、事前に少しだけ旅行に行かれた方のブログを読んでみることに。
するとそこにはがつんと辛口の体験記。。

寒そう…という気持ちに拍車をかけるように余計テンションが下がり、わくわくよりもおそるおそるといった不安が勝るような気持ちで臨んだ3泊4日。


今回もトルコ(詳しくはこちら)に引き続き、夫の無茶ぶりによる急きょ一人旅(!)あり、
一人旅による出会いと成長あり、
ラトビアで思わず可愛いもの達に囲まれ物欲の刺激あり、
リトアニアでユダヤ人の歴史日本人の偉人に思いを馳せる経験あり‥

と、振り返ると盛りだくさんの3泊4日。

そして今の気持ち。

バルト3国、いいじゃん!!!
今回行くことのできなかったエストニア、行きたい!行きたい~!!

(早速、どこかの週末でさくっと行けないか夫に交渉中)

ということで、旅の思い出を残しておこうと思います♪


前置きが長くなりましたが、今回の旅の概要です。

1日目:ロンドンよりラトビアの首都、リガへ(リガ泊)
2日目:リガ観光、陸路(高速バス)でリトアニアの首都、ヴィリニュスへ移動(ヴィリニュス泊)
3日目:ヴィリニュス観光、深夜にロンドン帰宅…のはずが私だけヴィリニュス延泊に(ヴィリニュス泊)
4日目:ヴィリニュス郊外、湖に浮かぶお城トラカイ城を目指して一人ショートトリップ!深夜に自宅へ帰宅


まずは場所のおさらいから。
バルト三国って、ここ!

キャプチャ2
今回はラトビアIN、リトアニアOUT。
バルト三国は北欧・東欧・ロシアに隣接した地域で、西側にはバルト海。 
ロンドンからのフライトは約2時間半です。


ちなみに、世界史・地理(というか、社会化全般)に疎いわたし。
バルト三国って、なんで3つセットでくくられてるの?

そう思い、少し調べてみると有力情報が。

以下、yahoo知恵袋より。

「…エストニア、ラトビア、リトアニアはほぼ同じ民族で国家間の結び付きが強く、他国から見ると同じような国家の連合なので、 国家群としてバルト三国と呼ばれるのです。…中略…つまりバルト三国は民族としてはほぼ同じですが、言語が異なるので『合併して国力を大きくするより小さな国のままでいたい』ということで存在しているのです」

へぇ~、なるほど!
確かに、エストニアはエストニア語、ラトビアはラトビア語、リトアニアはリトアニア語。
旅先で覚えた挨拶の言葉も、全然違う!

こういう国家群として同様に挙げられるのが、デンマーク・スウェーデン・ノルウェーの北欧三国なんだとか。
こちらも基本的には同じ民族(ノルマン人)だけど、言語が習慣が異なるらしい。

こちらのyahoo知恵袋を読んで、エストニア出身の元力士・把瑠都の存在を思い出しました。
バルト三国、一気に親近感。

把瑠都
把瑠都力士。そうそうこんな方でした!


他にも、この三国はいづれもソ連(ロシア)の占領下に置かれるという歴史を経ていたり、三国足並みを揃えてNATOやEUに加盟(2004)していたりと、近現代史をみると共通点も多く、三国仲良しセットで語られるのも納得。
(近代史以前は、全く違う歴史を辿ってきているようですが…)

P1160953
ラトビア(リガ)でよく目にした、バルト三国の国旗3本セット。
奥から、ラトビア、エストニア、リトアニア。こうして見ると、国旗のデザインも横に3本ラインで似ている♪
一方でリトアニアでは3本セットの国旗を一度も見なかった。これにはなにか理由が…?


それでは!
基本のバルト三国を理解したところで(?)、まずはラトビア編です!


次回予定:
独断と偏見でご案内!ラトビア・リガの街並み


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ