有難いことに、各方面から「あれツボだわ…」、「彼の写真がでてくると思わず吹いてしまう」となぜかご好評を頂いているパリ企画。
彼のファンの方って意外と多いんですねぇ。

「唸るほど美味しいものが食べたい!」シリーズを今回もお送りします。

※第1弾「パリのレストラン、天国と地獄(前編)(後編)」
※第2弾「美味しいラーメンを求めてパリへ

d9224436
マグロのタルタル。
こちらは天国だったでしょうか?地獄だったでしょうか…。答えは第1弾の後編にて。


さて遡ること今年の1月。
冬で日照時間も短いため弾丸ツアーズも暫し小休止。

折角なのでパリでぶらっとセールを物色しつつ、有名なこってりらーめんなりたけにいってみようか、というなんとも自堕落な企画を夫が持ってきました
(これぞ日本の味!感動のこってりらーめんなりたけ体験は第2弾にて)


世界に名だたるパリのセール(ソルド)といえども、もともとセールでのお買い物が苦手なわたしたち夫婦。
物欲に勝るのははやっぱりこれ。

おフランスに行くからには、美味しいものが食べたい!


今回は前回の経験を踏まえ、珍しく入念に下調べをして臨みました!


まず1軒目に候補に入ってきたのが「Bistrotters」というお店。

P1100184
外観写真…イケてなさすぎてお店のクレーム受けそう。笑
素敵なHP(英語)はこちら

2012年末にオープンした比較的新しいお店なのですが、Tripadvisorでは常に上位をキープしている有名店です。
13日前からWEBで予約できるらしく、夫は会社のスケジューラーに登録して満を持して予約したそう。


slide3
店内の様子(HPよりお借りしました)

店内は30人程度の席数で、雰囲気もカジュアル。
照明も比較的明るいので緊張しません。笑

ギャルソンは勿論英語を完璧に話しますし、予算も3コースで32ユーロと意外にリーズナブル。

さて、気になるお料理は…


…美味しい!!

P1100201
前菜のフルーツベジタブルタルト

P1100206
鴨肉のロースト、赤ワインソースがけ 

フレンチはソースが命、などといわれますが、フレンチによくあるこってりとしすぎる味付けではなく、ちょっぴり胃に優しめ。
ビストロ疲れの人でも楽しめる、どちらかというと素材の味を生かした料理という感じ。

見た目もきれいで、あぁ~贅沢してる~という気分になれて大満足です

ただ、店内混みこみでワインの注文をなかなかとりに来てくれなかった‥‥。
その点だけがちょっと残念。


f5a8079f21d1b23171901366d1154fce_400
やっぱり志乃が一番なんだよ


さて、今回のディナーはBistrottersと決まっていたので、ホテルもその近くにとることにしました。

深夜に酔っ払って、スリがいっぱいいるというパリのメトロで帰るのはちょっと危険…。
無謀な旅行をしつつも危機管理はしっかりが信条の我が家。

レストランの近くにいいホテルはないものか…
こういうときに便利なのがGoogle Map

Bistrottersをまず検索して、カーソルを再び検索窓に合わせ「付近を検索」をクリック。

付近を検索
こう…

そこで「hotel」とキーワードを入力すると、周りのホテルが赤いマークで表示されます。

ホテル
こんな感じ

 

予約サイトのBooking.comExpediaが対応していればGoogle Mapからすぐ空室確認もできちゃいます。
(これらのホテル予約サイトに関する詳細は「三種の新器!?週末弾丸トラベラー御用達のWEBサービス(ホテル編)

23a66ee0
これは便利!


さて。
唸るほど美味しいものが食べたいシリーズとしてご紹介しておきたいレストランがあとひとつ。

La Cantine Du Troquet

P1100152
こちらも明るく、カジュアルな店内。
お店のHPが見当たらなかったので、トリップアドバイザーのリンクを貼っておきます。



こちらは先ほどのお店、Bistrottersより徒歩3分
近所のおじちゃんたちが足しげく通う食堂なんだとか。

P1100139
スープを注文してでてきたのはこちら。

BlogPaint
自分でスープを注ぐという一手間が楽しい! 

値段も程よい、素敵なお店でした。


ちなみに夫は、基本的にいつも聞いたことのないメニューを食べたがるので、今回はちょっと失敗。
お姉さんが話してくれるわずかな英語を頼りにオーダーしたものが、唯一といっていいほど苦手なレバー

P1100144
しかもこんなにてっぷり…!
こんなにでかいレバー、見たことない。。

それでも、「比較的生臭くない」とかいってしっかり完食してましたが。
私は無難においしいサーロインをいただきました♪笑



さて、今回ふたつのレストランとホテルがいづれも徒歩5分圏内、ホテルもレストランも大満足の旅だったのですが、このあたりはモンパルナスと呼ばれる地域のようです。

モンパルナス
3つの位置関係。徒歩5分圏内に全てが集結!
ちなみにホテルは「FRED HOTEL」にしました。

パリ
パリ全体図で見るとこの辺り


観光ではあまり訪れることのないこの辺り。
ガイドブックには「モンパルナスタワーを中心に都市開発が進む、近年注目を集めるエリア」などとありますが、ちょろっと調べてみると20世紀前半、世界の芸術家が集う地」として有名になったエリアなんだそうです。

ピカソ、コクトーのような有名な芸術家がこの地域を中心に活動し、あの岡本太郎さんもこの地を訪れていたんだとか…。


今回、滞在と食事でどっぷりお世話になったモンパルナスですが、街にはあまり人もいなくてホテルやレストランの価格帯も若干リーズナブル。
探せばもっと穴場的なレストランやホテルがあるんじゃないか…!
そんな期待の湧くエリアでした。

本当はもっと更にパリの中心から外れるといいのかもしれませんが、観光やお買い物がありますからね…。
その点、市街地から離れすぎないこの辺りは観光などにも便利。


次回パリに行く機会があれば、またこの辺りを拠点にしようかな~と思っています。
みなさんももし、お勧めのエリアなどあれば教えてください♪


唸るほど美味しいものが食べたいシリーズ。
パリで美味しいレストランを見つけ次第、また更新します。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ