ついにやらかしてしまいました…。

メガネ、紛失。

images
「メガネメガネ…」でお馴染みのネタってこの方なんですね。
故・横山やすし師匠。
 

紛失の場所は、今週末トルコへ行った際の飛行機のシートポケット。。

毎回深夜便に乗る際は、離陸と同時にコンタクトレンズからメガネに切り替え、着陸時に再びコンタクトレンズオン、ということを繰り返していたため、いつかやらかすんじゃないかと思い毎回気は引き締めていたんですが…。

今回はロンドン離陸が深夜0時、現地着陸がロンドン時間早朝3時半というフライトだったため、完全に寝ぼけた状態でわたわたしていたら、案の定忘れてきてしまいました。。


視力が0.1以下というひどい近視(最近は乱視入り。。)で、普段は度の強いコンタクトレンズを使っているのですが、目が疲れた時や寝る前の読書などの時間はなるべくメガネを使うようにしています。
コンタクトやメガネなしだと、日常生活が送れません。

眼科検診のたびに「コンタクトレンズの装用時間をもっと短くしてください」と言われている身なのに、メガネなしとなると、起きた直後~寝る直前までコンタクトに頼らなければいけない…!
あとはやっぱり、コンタクト入れても目がごろごろする日…とか、万が一コンタクトレンズ紛失した時…とかやっぱり色々メガネは必要。


このままだと不便極まりないので、一日も早くメガネを!と思い、早朝3時帰宅、旅上がりの疲弊した体に鞭打って、本日メガネ屋さんへ行ってきました。


メガネ屋さん…。
前回のメガネを作ったのがもうかれこれ10年以上前。
そのときは学生だったため(中学生?高校生?)、母と作りに行ったのは覚えているのですが、どうやって作ったのか全く記憶にありません。

メガネってどうやって作るんだろう…。

まず湧きおこる素朴な疑問。

そして、思い出す。
メガネって価格が見えづらいんだよな…。

よく広告のチラシなんかで、レンズとフレーム1万円!なんてものがあるけど、お店に行ってみたら結局選ぶフレームによって差額が発生したり(レンズも然り)、わたしくらいの視力になると、別料金でレンズを薄くする加工が必要になったり…となんだかんだで数万円になってしまうイメージ。
(今はそんなことないんでしょうか?本当に1万円ぽっきりでメガネって買えるもの??)

20060622225840

日本のメガネ事情ですら10年前でストップしてるのに、ましてやロンドンでメガネを買うなんて…。
こっちって目が悪い人少ない気がするけど、性能とかどうなの?
メガネの価格の相場って??
やっぱり骨格の違いとかあるから(最大の問題は鼻の高さ…)、外国でメガネを買うのは難しいのかな?


でも色々と情報収集している時間はないので(1日も早く、できれば今週中に仕上げたい)、とりあえず日系のメガネ屋さんへ行ってみることに。

日系のメガネ屋さんでまず思い浮かぶのは「パリミキ」。
知らなかったんですが、こちらのお店、結構海外展開してるんですね~。
ヨーロッパだと、フランス・ドイツ・イギリスにそれぞれ1店舗ずつ。
ロンドンはピカデリーサーカスに店舗があります。

othe_storeworld_london02
HPよりお借りしました。


こちらは日本人スタッフの方がいるので、その点も安心。
やっぱりこういう勝手のわからないものは、色々相談しながら決めたいですしね~。

「いらっしゃいませ~」という、久々の日本のご挨拶に迎え入れられ早速メガネ作りの相談。
なにやら、メガネを作るにはまず処方箋(prescription)をゲットしないといけないらしい。

で、あいにくこちらで受けられるアイテストが本日休診で、早くても明日の予約になるとのこと。
費用は25ポンド

よく街中のローカルのメガネ屋さんの店頭で、「Free Eyetest」の看板を見るので、どこもてっきり無料だと思ってたらそうではないよう。

明日かぁ…。明日だとその分メガネの完成も遅くなるなぁ…。
気になるメガネ作成期間(?)は、10営業日から2週間ほど…!
えー!そんなにー!!

今週中の仕上がりを希望していたわたし、愕然。。メガネってそういうもんだっけ…。

こちらのお店はレンズのストックがなく、全て日本から取り寄せるため時間がかかってしまうそう。
ちなみに、早く受け取りたければUKレンズ(国内で生産しているレンズ)を使うこともできるが、料金はそちらの方が高くついてしまうと…。
日本製よりUKレンズの方が安そうなのになー。そういうもんなのかなー…。

とりあえず明日のアイテスト予約だけをお願いし、その足で徒歩10分ほどのところにあるメガネ屋さんへ。

こちらは街中の至る所で目にする、ローカルのチェーンのメガネ屋さん
予め大きそうな店舗の目星をつけておきました。

OxfordSt-Store-June118_1307450851
「vision express」 oxford street west店
こちらもHPより拝借。

店名にexpressって付くぐらいだし、その場でメガネ受け取りなんてできないだろうか…
そんな淡い期待を胸に(笑)、いざ入店。

こちらは店内激混み。店員さんもみなさんすごく忙しそうで、電話なりっぱなし。
店頭にサングラスが置いてあり、季節がらお客さんの出入りも激しい。

なんだか忙しそうだしもういっそ、明日このままパリミキで作ろうか…と思ったりするも、なんとか店員さんをつかまえ「メガネを作りたい」旨を伝えることに成功。

処方箋はまだ持っていないと伝えると、今日このまま2階でアイテスト受けられるから、受けたかったら上で予約してね!とのこと。
肝心の料金は?と聞くと、28ポンド、当店でメガネを購入したら無料になるとのこと。

ふむふむ、なるほど…。
メガネ買ったら無料は捨てがたい。
今日ここでアイテスト受けてみて、気に入るメガネがなければその処方箋を持ってパリミキに行ってもいいかもしれない。 

Tescoだとそもそもアイテスト無料だという追加情報もあり色々悩みましたが、時間と手間には替えられない!とその場でアイテストを予約。
約1時間後の予約が取れました。


果たしてアイテストとは…??

受けてみたら、なんてことはない普通の検診でした。
機械を覗き込んでバルーンが近づいたり遠のいたりするやつと、プシュッと空気をあてられるやつ。(両目3発ずつやられたのは過去最多)

その後視力検査をして、緑と赤どっちがはっきり見えるかチェック、(これいつも思うけど、何なんだろう。あんまり違いがわからないので毎回気分で答えている…)そして最後に眼科検診。

流れは日本の眼科でコンタクトレンズを作る時に受けるとのほぼ同じ。

ただ違うのは、視力のチェックと目の検診が、日本だとお店のスタッフの人&眼科医と二人体制で受けるのに対し、今回は全て一人。
あのお姉さんは果たして眼科医だったのだろうか…。違う気がするな~。

あと、視力検査が日本だと「C」マークの空いている位置を答えるのに対して、こちらはアルファベットを読み上げるというもの。

LだのMだの、Vだの…
発音チェックを受けているような気分でした。笑

ダウンロード
日本はこれですよね


結果、やっぱり乱視は入ってるようだけど目自体は問題なし。

あと乱視のほかに何か言われてたけど、そちらは準備不足で理解不能。笑
なんか目の専門用語のようなこと言われたな~…(遠い目…)

問診で家族の病歴を聞かれたので、その辺りの単語も少し勉強しとけばよかったな。
緑内障、白内障、糖尿病、高血圧…。
ま、なんとかなったしいっか!

アイテストをクリアし、発行された処方箋をもって再びメガネフロアへ。
そこでディスプレイされたメガネフレームのうち、気になるものをいくつか選ぶように言われせっせと試着。

メガネ自体は寝る前にちょろっと使うだけだし、ここは断然付け心地価格重視。
安いものはフレーム40ポンド弱からありましたが、色々聞いていくと「何でも選びたい放題」とはいかない模様。

(視力が悪いため)レンズが分厚くなってしまうからフレームは厚い方がいい…とか、レンズ自体のデザインが小さいものを選んだほうがいい(レンズのサイズと厚さは比例するらしい)…とか、これだとレンズを薄くする加工を施しても●mmほどはみ出してしまう…とか…etc。。


想像以上にあれこれ細かくアドバイスをしていただけ、悩みに悩んでフレームを選択。
すると、このフレームだとあといっこタダでメガネが作れるからとのことで、二つ目を選択。
こんなところでも2 for 1!!いいのか、イギリス!

手元にあった10%OFFのバウチャーをどっちに使うのか、レンズを薄くする加工はどっちに施すのか、レンズのなんとか加工はいるのか、いらないのか…
もうわけがわからなくなり、最後の方は半ば投げやりに決断(笑)。

ちなみに、レンズを薄くする加工は50ポンド、100ポンド、170ポンドという3段階でしたが、受け取りから2日以内(だったかな)であればやり直しがきくとのことでとりあえず50ポンドを選択。

ふぅ~‥‥。

最後の支払いの時になり、カードが財布に入ってないことに気づき、デポジットでアイテスト代のみ支払えばいつでも清算OKという説明を受け、でも早く支払い(=発注)を終えたいので今から銀行に行ってくるね!とその手続きをしてもらったあとで、そもそも銀行のカードを持っていないことが問題なのだと気付いたり、そうこうしていたらカードケースの中から無事にカードが出てきて一件落着…

という、なんともはた迷惑な客でしたが、アイテスト開始より約1時間半でメガネ購入完了!


気になる納品日は、MAX7日(それよりも早い場合が多い)らしい。
イギリスで作った自分のメガネ…。

どんなものが出来上がるのかどきどき、わくわく…♪

あ、ちなみにこちらのお店。
expressなだけあって、レンズによっては1時間でメガネ引き渡しできる模様!
ただ、わたしくらいの視力になると全てオーダーになるのでやっぱり数日はかかるみたいです。念のため。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ