20140220_115415
行ってきま~す!


約2週間の一時帰国から帰ってきました。
前半1週間は実家(福岡)への帰省、後半5日間は東京で友人の結婚式に参列しホテル暮らし。

実家へ帰省中も家族旅行へ出かけたりと何かと移動の多い今回の一時帰国。
毎朝目を覚ました布団の中でしばらく、自分が今どこにいるのかわからないという非現実的な日々が続きましたが、そんな日々からロンドンの日常へ。
ようやく荷物の片づけ、大掃除も終わってすっきり。


さて、今回渡英して約9カ月ぶりの日本でしたが、たった9ヶ月。されど9カ月。
いわゆる一時帰国あるある的な体験と、今までは気付かなかった日本への新たな発見があったので、ここに備忘録!

題して、
「一時帰国あるある?日本ってこんな国だった…!」



【街中編】
1)大都会TOKYO

images (1)

滞在中、改めて東京の高層ビル群ってすごいなー…とぽかんと上を見上げてしまうことがしばしば。
ガラス張りで、白・灰色のコンクリートの巨大な建物が、どこへ行ってもずらぁぁっとある。

以前ロンドンのおじさんにODAIBAって、ロンドン内で例えるとどのエリアになるんだ?と聞かれ答えられなかった経験がありますが、改めて思う。

やっぱり東京みたいな都市って、ロンドンにはないなー。
街の色も規模も、建物も全てが全然違う。

今度あのおじさんに再会したら教えてあげよう。
ロンドンにODAIBAみたいなところはないみたいだよ、って。

大学入学を機に福岡から上京してきた時以来の、お上りさん体験。
上京時は恥ずかしくて上を見上げられなかったけど、今はこうして堂々と見上げられる!
成長したな~



2)地図、街中で通り名を探してしまう。

images
ロンドンは観光客に優しい

浜松町駅から手元のgoogleマップを頼りに、徒歩7分の滞在先ホテルへ。
無意識に、マップ上で通り名(street名)を探していてふと気付きました。
日本って全部の通りに名前があるんじゃないんだった…!

通りに全部名前がついてるって、本当に便利だなぁ。
ロンドンみたく街頭に地図がたくさんあるわけでもないし、ネット(wi-fi)すら使えない観光客の人たちはどうやって観光してるんだろうか…。

よく言われますが、東京オリンピックまでにせめてwi-fiの整備を…!と日本の携帯が使えないわたしも切に思いました。


3)普通に歩いていて、ストレスのたまる街

IMG_0002-7a3fb

普通に歩いているはずなのに、いつの間にか前の人に追い付いてぶつかりそうになったり、
普通に歩いているはずなのに、行く手を阻まれたり人が邪魔で思うように先へ進めなかったり…。
急いでいる時にう”----と思ってしまうことがしばしば。

日本(東京)って、ふらふら歩いてる人や、急に立ち止まる人が多い気がする。
歩くスピードもロンドンよりゆっくり。

人口密度のせいもありますが、どうもそれだけじゃない。
滞在中ずっと何でかなーと思って考えていましたが、わかった!
街中や駅構内に案内表示や看板が溢れすぎてるせいかも…!?
特に駅構内は、至る所に矢印や案内がありすぎて、勝手知ったる場所でも自然と目線がきょろきょろ泳いでしまう。

歩くスピードに関しては足の長さが関係してるのかな…
これは仕方がない。



4)聞こえてくるのが全て日本語。

ダウンロード
日本って、びっくりするくらい日本人の集まり!

日本へ着いて真っ先に覚えた違和感がこれ。

日本にいるんだから当たり前じゃんって、以前の自分なら思ってましたが、英語以外の言語が溢れているロンドンで暮らしていると、ひとつの言語しか聞こえてこない(=全ての会話がダイレクトに脳内で処理・理解できる)環境って、なんだか違和感…。

無意識にビジネスの会話や、隣の人の会話が聞こえてくると、「聞こえてますよ…!」って聞いちゃいけないことを聞いてしまっているような気がしてしまったり笑、逆に自分たちの会話も全ての人に筒抜けだと思うと、なんだか緊張してしまったり。。

(電車やデパートの録音アナウンス以外で)唯一日本語以外の生の言葉に触れたのは、ユニクロ店内。
店員さんが、アジア系のお客さんに英語で説明していました。
ユニクロ…、グローバル!!



5)自動販売機が便利!

255f5bd4

これはイギリスに限らず、旅先でもいつも思うのですが、自動販売機って本当に便利。

初めて海外旅行した時に自動販売機のなさにびっくりしましたが、諸外国では防犯上の理由から設置が難しいんだとか。
お金の入った箱を街中に置きまくっているって、確かによく考えると凄いかも。

今回も深夜に帰宅中「ホテルで飲む用のお茶を買い忘れた!」と気付きましたが、ホテルの目の前に自販機があって無事購入。

ちゃんとみんなが善いことをすると、世の中がよりよく便利になるんだなって、なんだか学校で習ったようなことをしみじみ思いました。



6)横断歩道をうっかり赤で渡って怒られる

images

これ、かなりあるあるだと思うのですが、赤信号でも自己責任でぐんぐん横断するロンドンに慣れてしまい、うっかり赤信号で渡ってしまいそうに。
周りの人がぴたっと誰一人渡らないので、「ここは日本だった…!」とハッとした瞬間。

今回滞在中にうっかり赤信号で渡ってしまった夫は、通りがかったパトカーにすかさず「は~い、まだ赤ですよ~」とスピーカーで怒られたんだとか。笑
そっか、赤信号で渡るって怒られることなんだ…!

国が変われば道徳規範がこうも変わるんですね~…
一時帰国の際は気をつけてください。怒られちゃいますよ!


長くなってしまったので、後半は次回!
次回は【駅・電車編】と【ファッション編】です。

後篇はこちら


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ