2014年2月14~16日のポルトガル旅行記の続きです。
1)ひと足早く春を満喫!ポルトガルのリスボンへ




今回、リスボンに関する事前情報も、手元にガイドブックもない私たち。
そういう時は、あのバスに乗るに限る!

そう。ロンドンでもお馴染みの、オープントップのHop on―Hop offバス

YellowPorto2


チケットボックスのおじさんに尋ねたら、yellow busHOP ON HOP OFF TOURの紹介を受けましたが、 しばし吟味した後、yellow busの2dayチケットを購入することに。
こちらは€25/人と少しお高めですが、市内4コースのルートに加え、市内の観光トラムツアー(オーディオガイド付き観光トラム)にも参加できるコースです。 

初めは利用するかどうか迷った観光バスですが、これが思いの外良かった!
基礎知識のない私たちはオーディオガイドでポルトガルやリスボンの情報を仕入れることができたし、バスを利用した後半2日間の天気は快晴!

P1100963
2社ともに、オーディオガイドは日本語に対応していますよ

2階席で太陽の光をぽかぽか浴びながら、イヤホンからはポルトガルのFADOミュージック(ちょっとリゾートっぽいゆるゆる系ミュージック:主観)と、目の前にはやしの木とカラフルな町並み
観光が楽しめたのはもちろんですが、ただ音楽を聞きながら座っているだけで気持ちよかった~。

11月の寒空の下、オープントップバスで両親をロンドン案内した時は寒くて過酷だったけど…
気候のいい時の観光バスはこんなに気持ちがいいんだな~としみじみ。


ちなみに、FADOとはこんな感じの音楽。昭和っぽい?旅情をかきたてられます~ 
(FADOに関する詳しい記述は、FADOレストランの回で!)


バスに乗ったり降りたり歩いたり。
そうして見えてきたリスボンの風景。

20140216_125717
観光起点となるコメルシオ広場

P1100680
広場周辺は観光客向けレストランがたくさん。
テラス席で見つけた花馬車。


BlogPaint
オーディオガイド付きの観光トラムの出発地点もここから。
(観光トラムの乗り降りポイントは20か所ほどあります)

P1100640
15~17世紀の大航海時代を記念して建てられた「発見のモニュメント」。
行ってみたら想像以上に大きくてびっくり!

P1100907
こちらは現役の市民の足。トラム。
なんでも19世紀後半に運行をスタートしたトラムは、リスボン初の公共交通機関なんだとか!

P1100956
パステルカラーの建物が本当にかわいい

P1100858
こちらはちょっと濃いめのターコイズブルー。

P1100996
おばあちゃんがベランダで洗濯物干し中。

P1100788
この色彩感覚…!

P1100789
町にはタイル張りの建物がたくさん。
海や川からの湿気から、家を守るためだそう。
ちなみにリスボンではタイルは安価らしいです。日本じゃ高いのに~

P1100948
写真だと伝わりづらいですが、手前からパステルピンク、水色、青色タイル。

P1100854
今回、絶対タイルの雑貨を買って帰りたかった私。
町中探して、一番のお気に入りのお店はこちら。
コメルシオ広場の周りをぐるっと囲む、お土産屋さんの一角にある…

P1100855
おばちゃんが切り盛りするこのお店。

P1100857
手の平大サイズ。手書きでなんだか高そうなのに、ひとつ€7!
お土産に一枚購入♪

P1100938
町にはかわいいタイルが溢れていて、ついつい好みの柄を探してしまいます。
窓の飾りも可愛い♪

P1100859
こちらも飾り窓

P1100775
こちらも…と思ったら、こちらはベランダでムーディーにサックスをひきこなす、本物のおじさんでした。

P1100520
FADOミュージックCDを売る屋台

P1100744
旧市街の路地裏


ちなみに、リスボンは坂が多いと聞いていましたが、本当でした。

P1100763
先の見えない急こう配の坂がうようよ 

うっかり地図をみて「近いから~」と言って歩きだすと、急こう配の坂を上ったり下りたり。
今下ったと思ったらまた上ったり…と、思ったより時間も体力も消費し、大変な目に遭います。

やはり目的のエリアを一通り町歩きしたら、次のエリアへは乗り物の一日乗車券(詳細は「ひと足早く春を満喫!ポルトガルのリスボンへ」) をうまく活用するか、無理せず観光バスでの移動が効率がいいと思います。

P1100751
ちなみにこちらの写真もリスボンらしい一枚。
坂道に沿って建物が建ち並ぶので、建物の床を水平に保つために作られた家の土台。

P1100750
よく欠陥住宅でビー玉が転がる家なんて見るけど、これじゃあ建物ひとつ立てるのも神経使いそう…。



さて、そんな坂の多いリスボンで大活躍するのが乗り物
町を見渡すと、本当にたくさんの乗り物に出会います!

次回、リスボンの市民の足を支える乗り物特集! 


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ