散々迷ったロンドン発の年末年始はケニア&モーリシャス!
旅の概要は「年末年始の旅行の準備~予防接種編
手荷物準備に関しては「年末年始の旅行の準備~手荷物編

ケニアサファリ編:2013年12月25日~31日(6泊7日)
1)ナイロビ到着!火災から5カ月の空港は今… 
2)陸路、マサイマラへ!アフリカの大地を6時間ドライブ。


ナイロビを出て5時間ようやく国立保護区の入り口に到着!

BlogPaint
やっと着いた~!と大きく伸びをする夫。
と言っても、私たち夫婦は寝たり起きたりを繰り返していましたが。笑 ジョージ、安全運転をありがとう。

こちらのゲートから、今回の宿泊テントまでは更に1時間ほどかかりますが、ここはもう野生の王国!
ジョージが車の屋根を開けてくれ、テントへの道すがら1stサファリのスタート!

無題
ちなみに、「え~、ここからテントまで更に1時間~!?」とびっくりしてしまいますが、なんとこのマサイマラ国立保護区(赤い部分)はちょうど大阪府の面積と同じくらいの広さなのです。
おっきいぞ!アフリカ!


さて…。1stサファリですが、実はあまり記憶がありません。笑
というのも、6時間のドライブ中4時間以上は寝たり起きたりを繰り返していたのに、未だに襲いかかる尋常でない睡魔

この病的ともいえる睡魔は、飛行機で前の座席のやたらと話し声の大きいアフリカ人カップル(寝れないし、何度も周りからクレームを受けても開き直る)…のせいではなく、きっと酔い止めの薬のせい。
もうこれは、酔い止めという名の睡眠薬を飲んだのではと、何度も疑ってしまうくらい。


更に、(今後折に触れて行くと思いますが)この保護区内に入ってからというもの、と~~っても静かで心地よいんです。

なんとなくサファリって、荒い車の運転に身をゆだねて、埃と砂にまみれて、もっとこう…サバイバルなイメージをしていました。
が、実際は全然違う。

サファリ中は常に徐行運転のため、車の運転音も静かだし、聞こえてくるのは秋の夜長に聞こえてきそうな鈴虫のような虫の音と、ぽかぽかと降り注ぐ(懐かしい)春のような日差し…。
その状況で、動物に出会うとエンジンを止めて10分~15分(長い時はそれ以上)じ~っと、動物を観察するのです。

虫の音とぽかぽかの日差しの中、
「あ~、動物は今きっとこんなこと考えてるね~」
という会話をドライバーさんと交わしたり、
動物のあくびや寝返りの一挙一動を見ては、ほほえましく思ったり…。

こんな平和な空間で、眠くならないわけがない…!


せっかく1stサファリをしてくれているジョージに申し訳なさを感じつつ、終始うとうと…。
帰りはもう酔い止めの薬は飲まない、と決めました。 


と、いうことで写真を振り返ると、こんな動物に出会っていました♪
まぁ、初日ですからね!ポレポレでいきます~♪
(ポレポレは現地で覚えた言葉!スワヒリ語で「ゆっくり、のんびり」といった意)

夕方の2ndサファリの写真も併せて…
 
P1090412
アフリカゾウ(お食事中)
毎日出会うアフリカゾウ。何度出会っても可愛くて大好き。

ドライバー兼専属サファリガイドのジョージによると、世界にゾウは2種類。
小柄で気性の荒いアジアゾウと、大柄で性格が穏やかなアフリカゾウ
アフリカゾウにはがあるのも特徴!

そういえばタイでゾウの背中に乗ったり、鼻にぶら下がったりしたことがありますが、その時はもっと全然小柄だったな~。
アフリカゾウは気性が穏やかとはいえ、間近で見ると大きくてやっぱり威圧感がすごいです。

車に近づいてくるとやはり危ないということで、すかさず車のエンジンオン。
いつでも逃げられる準備をしていました。
 

P1090421
マサイキリン

こちらで出会えるのは、マサイキリンという品種(?)なんだとか。
そういえば今まで動物園で見てきたキリンとはなんとなく、体の模様が違うような…
体つきも、結構ずどんとしてる気がするなー。 

P1090423
これはマサイキリンと見つめ合う夫。
動物も結構じーっと見つめ返してきてくれます。かわいい。

P1090427
バッファロー
早速出会ったビック5の仲間!(1/5)

時にはライオンにも勝ってしまうというバッファロー。対峙するとすごい迫力。
角の生え際、よーく見ると不思議。。
ちなみに、こうやって単体や4~5匹の群れでいるのは決まって全部オスで、もっとたくさんの群れになるとメスが混ざってくるんだって!
メスは危険から身を守るために、大勢で群がる習性があるのかも。 

P1090439
ライオン
またしてもビック5の仲間!(2/5)

初日から出会えたライオン。ほぼ毎日出会えます。

このときはまだライオンの魅力はあまり分かりませんでしたが、徐々に色んな動物と出会い、知識を入れていくうちにライオンの虜に…!
その詳細はまた後ほど♪


あぁ~、それにしても気持ちよすぎる~…
きっと年中常春って、こういう感じなんだろうなぁ…

早くも想像とは全然違ったサファリの魅力にとりつかれていくわたし。


次回:「食事・接客・居心地・立地抜群のテント(ashnil MARA CAMP)
アフリカサファリって、モンゴルのゲルやモロッコの砂漠のテントのようなものをイメージしてませんか?
それが、全然違うんです…!


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ