20131218_173356
ざっと手元にある薬の一部を並べてみました。
左上:花粉症の薬、左下:スペインでお世話になった花粉症の薬、右上:病院で処方してもらった抗アレルギー剤(書いておくと安心!)、右下:酔い止めの薬


前からうすうす感じてはいたんですが…

イギリスって薬が安い!! 


先日ふらぁっとこちらのドラッグストアBoots店内を眺めていたところ、我が目を疑う光景が。

20131217_120113
アスピリン16錠入りが…29p!?
本日の為替レート(1ポンド≒168.9円)で計算すると…約49円! 

我が目を疑って、思わず二度見。
そして、激写。笑


アスピリンって聞いたことあるけど、確か解熱鎮痛剤とかに使うやつだよな~。

帰って調べてみると、やはりそうでした。
わたしも全然詳しくはないのですが、yahoo知恵袋によるといわゆるアスピリンと、馴染みのあるバファリンの効用は同じ。
アスピリンは胃の粘膜を傷つける可能性(副作用)があるため、それに副作用を押さえる薬を混ぜて配合したのがバファリンなんだとか。 

へぇ~。じゃあ胃薬とかと一緒に飲めばいいのかな…。

ちなみに真ん中にある40pのやつはDispersibleとありますが、こちらは「水に溶かして服用」という意味だそう!(英語のページですが…ask.com) 

そして一番右の一見、一番高価そうに見える£1.65のものは実は28錠入り。Gastro-Resistantとある。
こちらも私の理解が正しければ、「胃に優しい」みたいな意味かな?バファリンみたいな感じ?
(こちらも英語ですが…yahoo answers) 
※素人です!いづれも必ず薬剤師さんに確認してください!


頭痛持ちのわたし。
疲れや緊張などで、すぐに頭が痛くなるので常に化粧ポーチとお財布の中に市販の頭痛薬を忍ばせて持ち歩いているのですが、渡英前にも飲み慣れた薬をと思ってバファリンやEVEなどを買い込んできました。

20131218_181703
開いちゃってますが…でーんと分厚く!その数なんと80錠入り!

これいくらだったかなー、と思って定価を調べると定価2174円
もちろん楽天などで1500円前後で購入したんだと思いますが…仮に1500円で購入していたとしても1錠あたりの値段は約18円

Bootsのアスピリンが16錠入りで約49円。
こちらを1錠あたりに計算すると…約3円

その価格差、なんと約6倍! 


ちなみに、この時にはカウンターで酔い止めの薬を出してもらって買って帰ったのですが(冒頭写真の右下)、
酔い止めの薬って日本で買うとすごく高いイメージ。。
小さい薬がたったの6錠で1000円とか…。

20131218_183121
なんとこちらの酔い止めの薬、16錠入りで£3.09(約523円!)
大人は1回につき2錠服用とあるけど、それでも安い~~、日本の半額以下!

それにしてもこっちで買う薬って、薬の配置が不思議なんですよね。(中の銀色の…)何か意味はあるんだろうけど、どこをどう使っていこうかちょっと考えてしまう。笑



いくら安いとはいえ、 やっぱり外国の薬って不安~…
って方もいらっしゃいますと思いますが、わたしは全然平気!

あれはいつだったっか…。
高校生の時くらいは、外国の薬は強いから1錠服用のところを半錠にしておこうか… ということもしていましたが、今やもう大人。

スペインの花粉にやられたらスペインの薬を飲むし、
黄熱病の生ワクチン(実際に生きたウイルスを少量接種して抗体を作る)だって、イギリスローカルの病院で打つ!

さすがに生ワクチンは、接種後にネットで
「外国で打つと接種ウイルスの量が欧米人向けの量になっているとも聞くので不安です…」
といった書き込みを見つけ(根拠は不明)、ちょっとだけ不安になりましたが…。

あ、もしかして夫婦そろってその後副作用に悩まされたのは、そういうことだったのかな…?汗


外国の薬も気にならない、(わたしのように)常備薬がある、という方は、イギリスでの薬購入お勧めかも!?
気が早いですが、本格帰国の際に持ち帰るものリストに追加~♪


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ