■2013年12月20日 

images

以前からガイドブックを見て気になっていた、ノッティングヒルにあるピンチョスバーに行ってきました。

ノッティングヒルと言えば、「ノッティングヒルの恋人」。
まだ観たことがなかったので、楽天で中古のDVDを購入し船便で実家より送ってもらったのですが…
2カ月後、手元に届いたのはなんと文庫本…。

100円ってどうりで安いと思ったんだよね…
とは、発注元である夫の発言。たまにこういうとこあります。

仕方がないので文庫本を読みましたが、読み終えてますます映画が観たくなっている私です。
普段行っている場所が映像になってると、やっぱり嬉しいですよね。
映画観たいな~~。もうこっちのDVD買ってしまおうか…。


さて、これまでも何度か訪れているノッティングヒルですが、ずっと気になっている場所がありました。
手元のガイドブックによると、「串刺しカナッペとスパニッシュワインのお店」とある。

もうその響きだけで、スペイン料理好きの夫とわたしは期待大なのですが、前回ガイドブックをを頼りに訪れた時は、情報が古いのか記載住所には全く別のお店があり、閉店したのかなぁと残念に思っていました。

ところが今回、ぶらぶらとマーケットを散策していたところ、たまたま発見!


nottinghill-img1
こじんまりとした佇まいのお店ですが、結構人気店のよう。
今は人通りの多い「Portbello Road」にあります。


20131207_151825
この日は土曜日の15時過ぎでしたが、テーブル席は満席。
カウンター席がぎりぎり空いていたので、そちらへ案内して頂きました。 

陽気なラテン系(ドレッドヘア)のお兄ちゃんに、来店は初めてだというと簡単にお店のシステムを紹介されました。

食べ物は全てセルフサービスで、値段は2通り。
長いピックのものは£2.95短いピックのものは£1.95
最後に串の数で清算…

といった流れです。最後串の数で値段が決まる辺り、大阪の串かつ屋さんみたい?
珍しいシステムにわくわく。
飲みものにボトルワイン(もちろんスパニッシュワイン)をオーダーして、いざ!

 
20131207_151511
 ピンチョスはこんな感じでずらぁっと並べてあります

20131207_151424
一番手前のは長いピックかな?

20131207_151643
デザートも

正直、少し種類が少なく物足りないかなぁ…と思いつつ、とりあえずそんなにお腹もすいていないのでワインのつまみを少々。

20131207_151728

イギリスでお酒を飲むところって、がつんと食事のレストラン(もしくはガストロパブ)か、パブ。
レストランやガストロパブは、もちろん料理がメインだし、
お酒メインのパブでもおつまみは多少頼めますが、ポテトやチップス、イカリング…といったまさに「乾きもの」っていう感じ。 

美味しいおつまみをちょこちょこつまみつつ、お酒をゆっくり楽しめるお店はないのかなぁ…
と思っていたところ、このお店はかなりヒット!

初めはタパスの種類が少なくちょっと物足りないかなぁという印象でしたが、店員さんができたてのタパスを持ってテーブルを回ってきたり(中華みたい)、帰り際にテーブルを見てみると置いてあるタパスがすっかり変わっていたりして、印象一変。
実はタパスの種類も結構あるみたい。早く気付けばよかったなぁ。

ワインも高くないし、好きなものを少しずつつまめるこのお店は女性向けかも♪
また日を改めて、新しいタパス食べに行きたいな~。


今回行ったお店
【PIX】 Notting Hill店
185 Portobello Road 
London 
W11 2ED 

開店時間
Sun & Mon: 12:00pm–10:30pm
Tues - Thurs: 12:00pm-11:00pm
Fri & Sat: 12:00pm – 12:00am


ソーホー、コベントガーデン、イズリントンにもあるようです♪
HP:http://www.pix-bar.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ