■2013年12月2日

11月は月初のひどい花粉症疑惑コッツウォルズ)に続き、中盤に風邪1号(ベルギー)、終盤に風邪2号ナポリ)。
そしてこれは定かではありませんが、これもまた月初に受けた黄熱病の予防接種の副作用も相まってか、気づけば丸々1ヶ月間ずっと体調不良でした。。

旅先で何かしらウイルスをもらってきているわたし…。
やっぱりまだ体がヨーロッパに慣れていないんだろうか。。

体調も悪く、そして夫いわく若干機嫌も悪く(そりゃあこんなに具合悪ければ当然…!)、スーパーに行く頻度も夏の3~4分の1になるほど家に引きこもっていたら、気づけばもう12月

まだ全快ではありませんが、少しずつ体調も回復の兆しが見えてきたので、この週末から活動を再開しました!
本日は所用の後、オックスフォードストリート周辺をぶらぶら…

20131202_184500

街はもうこんなことになってるんですね…!
なんでも先週金曜日はアメリカ圏で言う「ブラックフライデー」で、ここイギリスでもその日を境にクリスマス商戦への火ぶたが切って落とされるんだとか。
ということは、イギリスの人にとってはいよいよ…というわけですね!!

どうりでこの土曜日、ピカデリーサーカスが異様に人で溢れていたはず…
夕方ごろなんて、観光ハイシーズンの夏ですら経験したことのないような人出で、あまりの人出に地下鉄の駅が封鎖されていたくらい。
おかげでその後大荷物を抱えた私たち夫婦は、タクシーも捕まらず、最寄りバス停を探して歩くという大変な思いをしました。。


さて、今日初めてお会いした方にイギリスでの冬は初めてだと告げると、
「それはきっと楽しいですよ~^^」と言われましたが、早速その意味がわかってしまったような気がします。

この数日間で感じていること。
それは、

この国って子供だけじゃなくて、大人もクリスマスがすっごい楽しみなんだな~

ということ。
街を見渡すと大人も子供もお年寄りも、みーんな浮足立ってるよう。
むしろ、子供がいつも元気ではしゃいでるのは普通なので、かえってこの時期の大人のテンションの上がり具合の方が目立つ気がします。

今日も街をぶらぶらしているとこんな風景に…

20131202_173253
デパートのショーウィンドウをカメラに収める若いお兄さん

20131202_173310
こちらのお兄さんも

20131202_184819
結構みなさん立ち止まって中の飾りに惹きつけられてますね~

20131202_184827
こちらの奥様はツリーの装飾をカメラに収めている様子

20131202_184837
ベビーカーを押すお母さんも思わずのぞきこみ…

20131202_184904
サラリーマン風のおじさまも思わず立ち止まる

20131202_184938
もちろんおじいちゃんだって魅入ってしまう…

20131202_185002
特別人気のコーナー

20131204_155309
ちなみに皆さんがのぞいているのは、セルフリッジのこんなディスプレイ


日本ではOLさんや、若い女の子がイルミネーションを写真に収めている風景にはよく出会いますが、
ここイギリスでは年代・性別問わず、みんなが立ち止まってクリスマスイルミネーションにうっとり…

見た感じ、観光客ではないこの人たちは毎年こういったイルミネーションに出会ってるはずなのに、それでも思わずうっとりしてしまうんでしょうねぇ・・
そんな様子を、ひとりほほえましいな~と思いながら、こっそり写真に収めるわたし…笑
人々が嬉しそうな顔をしているのを見ると、思わずこちらも笑顔になりますね^^


ちなみに、日本と少し違うなーと感じたのはもう一点。

20131202_161453
街頭には夏には見かけなかった管楽器のグループが出現

20131202_171658
こちらは打楽器
演奏はもちろん両者ともクリスマスソング♪


日本では六本木や表参道など、イルミネーションの見どころはたくさんありますが、こうした生演奏の音楽が街に溢れていて、人々の気分を盛り上げてくれるのはロンドンならではかなーと思いました。 


ちなみに、先日ロンドン歴の長い友人が言ってました。

「この時期、ただでさえ街中が混んでるのに唐突に立ち止まって写真を撮る人たちが多くて危ない!」

仕事帰りで急いでいたり、疲れているともういらいらしてしまうようです。笑
確かに、本日もいきなり立ち止まってカメラを構えた人に思いっきり背後からぶつかる人を何人も見かけました。笑

写真を撮るときは辺りの様子をうかがって、邪魔にならないところで。
歩くときはイルミネーションに目を奪われすぎす、目の前の人の行動もちゃんと見て。

気をつけましょう!笑


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ