■2013年11月9日

向いていない職業を挙げるとすると、真っ先に頭に浮かぶのは「
秘書」。

完璧かつ緻密に上司の出張やお得意先のおもてなし計画や手配をこなし、休日には日々巷で流行りのレストランや手土産にセンサーを張り巡らせ、更にはその過程を楽しんでやれる女子力の高い人たちが、この世の中には存在するらしい。

いつも夫頼りでいまだに道に迷ってばかりいるこのわたしが、果たして無事に両親を迎え、満足いくロンドン滞在をプレゼントすることができるのか…。

不安だらけで迎えた6泊8日のツアープランでしたが、結果的に両親は大満足!
我ながら、頑張った甲斐があったんじゃないか、これはかなりいいプランだったのではないかと、自画自賛。笑

以降、そんなわたしの成長の記録です。


ロンドンに遊びに来てくれる友人や家族を、どこに案内しようかな~、とお困りの在住者のみなさん。
今度ロンドンへ初めて行くんだけど、どこをどう回ろうかな~と考えている旅行者のみなさん。

そんなみなさんのお役に立てれば幸いです。

これまでのあらすじはこちら
1)両親がやってくる!ロンドン観光案内6泊8日プラン




■観光初日■
09:00 ホテルにお出迎え、オイスターカード配布、最寄駅案内、電車の乗り方レクチャー
09:30 Victria発ロンドン市内観光バス
     途中下車:St. Paul大聖堂、ビックベン
13:00 ランチ
14:00 ロンドン・アイ(時間指定予約)
15:00 付近を散策
16:00 ハロッズでお買い物(お土産スポット1
17:00 フォートナム&メイソンでお買い物(お土産スポット2
18:30 中華街散策、日本食スーパー案内
19:00 ディナー(中華)


この日は日曜日だということもあり、夫も参戦。
ということで、この日のアテンドは全て夫任せ。(夫はこういうアテンドがとても上手)
わたしにとっては、アテンドへの慣らし日。

両親にとって初のロンドンとなるこの日は、まずはロンドン市内の名所を一通り回り、雰囲気を知ってもらうのが目的。
今回のプランでは旅の後半はロンドン郊外トリップが主になるため、ロンドン市内を隈なく回れるのは今日しかない!

そうとなれば、真っ先に頭に浮かぶのは「市内観光バス」。
観光客の方がよく乗っている、あの2階建てバスですね。

DSCF5255
2階席がオープントップになっているこんな観光バス


前々から興味があったのと、 50代の両親が楽々移動できて効率よく観光名所を回れるのでいいかなぁ、と思い今回は数ある催行会社の中より、日本語オーディオガイド対応のこちらの会社に。

original tour
The Original Tour  公式サイトはこちら(日本語)

・乗降車スポットで乗り降り自由
日本語ガイド対応路線は2ルート
・テムズ河クルーズチケット付き (当日のみ有効だったため利用できず)

事前にオンラインでチケットを購入しておきましたが、大人1日乗車券£25.00/人 でした。
 
map
2路線だけでも市内観光の主要どころはすべて網羅しています。
拡大路線マップはこちら 


計画当初は、まずVictoria乗降スポットよりまずはRedルートにて
・ハイドパーク
・マーブルアーチ
・リージェンツパーク
・ピカデリーサーカス
・セントポール大聖堂(下車)
・ロンドン塔
・タワーブリッジ(下車)
・ビックベン(下車)

その後お昼休憩とロンドン・アイを挟んで、次はピカデリーサーカスにてBlueルートに乗り換えて

・ビクトリア&アルバートミュージアム
・自然史博物館
・ケンジントン宮殿(下車)
・ハロッズ(下車)

という予定でしたが、想像以上に日が暮れるのが早い…!
14時のロンドン・アイに乗った時にはもう、夕焼けが。。

この日は晴天に恵まれましたが、風が強くて寒かったこともあり、結局この日はロンドンアイに乗った後付近のストールや大道芸人を散策して回り、Blueルートに乗り換えた後ケンジントン宮殿を車上見学のみにし、ハロッズに向かうことにしました。

20131103_141007
初めて乗ったロンドンアイからの眺め。既に西日が眩しい~


ロンドン市内が一望できる人気アトラクションのひとつ、巨大観覧車ですが、料金はいくつかパターンがあり、スタンダードチケットは大人£19.20(オンライン割引だと£17.28。それでも高っっ)

これだと当日乗車までに乗車を待つ列に並ぶ可能性もあるので、今回選んだのは乗車時刻指定の優先搭乗チケット
大人£29.16がオンライン予約で£26.25に。

ちなみに時刻を指定せず、いつでも優先搭乗できるチケットは大人£31.75でした。
チケット価格の詳細はこちら:公式HP


オフシーズン中とはいえ、この日は日曜日。
限られた観光時間を最大限活用するために、優先搭乗チケットにしましたが、やはり今の時期でも乗車への列ができており(多分30分待ちくらいかな…?)、やはり優先搭乗にしておいてよかったです。

観光のピークを迎える夏場はものすごい行列で、乗車まで1時間待ちはザラと聞くので夏場行かれる方は優先搭乗チケットを激しくお勧めします。。


こっちっていつも思うのですが、列車にしても何かのアトラクションのチケットにしても、事前にリサーチしてネットで予約しておけばほとんど割引がききます
当日思い立って窓口で当日券を買うという、行き当たりばったりでは損をするのがわかっているので、常日頃から計画性の重要性を身にしみて感じています。。

無計画なわたしに向かない街・ロンドン…



ハロッズでお土産購入を促し(重要!観光初日だからといってぼんやりしていては最後お土産に追われることになるので!)、その後向かったフォートナム&メイソンでもお土産を大量購入。
ちなみに、ハロッズに辿りついた16時ごろには、もうあたりは真っ暗でした。

ちょうど日が暮れるタイミングと同時に、観光からお土産タイムに切り替わってよかった…。

20131103_163552
ハロッズの店内はもうクリスマスムード!

20131103_173836
日本でもお馴染みのフォートナム&メイソン。
水色のパッケージが可愛いですよね♪ 


フォートナム&メイソンの閉店時刻18時まで買い物をし、その後歩いて中華街へ
普段買い物をしているお店で、日本食コーナーを紹介し(目的は、ロンドンの日本食材事情の紹介と、こっちで買うとこんなに日本食って高いんだよ…!だから送って…!←主目的)、最後は予約しておいた中華レストランでディナー。

今回のディナーに選んだのは、何度か利用したことのあるtao tao juというお店です。

tao tao ju

カジュアルすぎず、かといってフォーマルすぎない使いやすいお店。味もいいです◎
好き嫌いの激しい昭和九州頑固親父タイプの父も、中華だったらまず大丈夫!


 この日は、ホテル最寄り駅のあるDistrictラインの電車に乗せるところまで両親を見送り、明日に備えて早々と就寝。
明日からは一人で観光アテンドだ…。
帰ってからも明日の準備や情報収集、緊張に追われ眠れぬ夜を過ごしました。。


本日の反省点:
ランチのお店がなかなか見つからず、お店を求めて歩く結果に。
最後はロンドンアイ乗車予約時間も迫り、Waterloo駅内のカフェでささっと。

この日は夫が周辺事情に詳しかったからなんとか切り抜けられたものの、土地勘0のわたしはランチのお店の候補をいくつか目星をつけておく必要がある。 


次回:観光2日目 前編 


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ