■2013年11月1日

ずっと歌いたかった…

潮騒のメモリー」 
 ※あまちゃんであまりにも有名すぎるあの曲ですね!


やっと歌えた!!!!!

wvtXc
北鉄のお座敷列車コンサート


友人夫婦と旅行に行くのですが、その旅行の「最終打ち合わせ」と銘打ってずーっと行きたかったカラオケに行ってきました。 

カラオケ行きが決まって我が家はもう、ずっとそわそわ。
当日は何を歌おうか、iPodから曲を探したり、YouTubeで懐かしのヒットソングメドレーを聞いてみたり、リストアップをしてみたり。

日本を離れて一度もカラオケに行っていないので、もうかれこれ半年近く(もしくはそれ以上)行っていないことに。
日本に住んでいた時は、夫婦ふたりでふらっと行ってしまうくらいカラオケ大好きなわたしたち。
あんなに何かを心待ちにするのは、いつぶりだろう…笑


さて、今回ネットの情報を頼りに行ってきたのはSOHOにある「カラオケエポック」。
最寄り駅はPiccadilly CircusとLeicester Squareです。

なんと
2013年8月新曲入荷!(おかげで「あまちゃん」堪能できたり…)
・今なら2時間分の料金で3時間歌える!(詳しくはこちら:Mix Bの掲示板
飲食物持ち込みOK!(むしろ推奨?)

と、行ってみたらいい意味で期待が裏切られるお店でした!
リピ決定!


以下、ちょっとお店の情報と雰囲気をご紹介します♪

1)お店の場所
クリーニングで覚えてください!

住所は先ほどのリンクから見ていただくとして…
とにかく「まさかこんなところにカラオケが!?」というような店構えなので、一度は素通りしてしまうと思います。かなりわかりづらいです
わたしたちも、お店の目の前にいたにも関わらず何度も見落としてしまい、最後は半信半疑で番地の「30」が一致した建物へ入って行きました。

20131030_185756
この看板ですよ!



2)店内の様子
半信半疑で店内へ。それでもまだ疑いの心は晴れませんよ。


おそるおそる店内へ入ると…

20131030_185823
 入り口を入ると「徒波書房」になっています
まっすぐ奥まで進むとレジがあり、そこがカラオケBOXの受付に

20131030_190035
受付で支払いを済ませていざ、本屋さんからカラオケBOXへ
個室は全部で3つ(だったと思います)。
この日は平日にも関わらず満室だったので、予約していったほうがいいと思います。
予約は電話、日本語でOK!

20131030_215940
個室のドアを開けると…

20131030_215904
こじんまり!
正直、めっちゃ狭いです!

20131030_215909
定員5名とありましたが、今回の4名でも結構きつきつのスペース。
5名って本当に座れるのかな…?汗
密着度がかなり高いので初対面の人なんかと行っちゃうと、どきどきしそう。

20131030_215922
カラオケの機種はDAMでした。ちゃんと液晶リモコンもついてますよ♪
本は古いので液晶リモコン使ってください~、とのこと。
しっかり「2013年8月新曲入」ってシールが貼ってあります。

20131030_214903
こういう張り紙も日本語で、中にいるとロンドンに居ることを忘れてしまいます。
一歩部屋を出ると別の部屋から日本の曲が聞こえてくるのもまさに日本。



3)お店で借りられるもの(設備)

カラオケに必須のものといえばアレですよね~!

BlogPaint
タンバリン!
受付でたくさん貸してもらえます!
 
20131030_190443
飲食物の販売はないので、完全持ち込み自由です。
お店には栓抜きコップ(プラスチック)があります。なんと小型の冷蔵庫も部屋に完備。
中華街からすぐなので、中華のテイクアウェイもオススメです♪



4)気になるお値段
ロンドンでカラオケなんて…お高いんでしょう?いいえ、そんなことないんです!

料金は平日夜料金
1部屋£22.00(約3300円)/1時間  でした。

わたしたちはMixBにあがっていた、「2時間分の料金で3時間プラン」を利用しましたが、この時は4名での利用だったので、3時間歌って44ポンド。
4人で割ると一人11ポンド(約1650円)。5人で行くともっと安いですね!

平日夜に3時間歌ってこの料金だったら、結構安い!
飲食物も持ち込めますしね♪

あ、ちなみに精算は現金のみでした。
これから行かれる皆さんは、念のため料金を直接ご確認の上行かれてくださいね。



5)おまけ

久々のカラオケ!動きやすい格好で!!
と意識したら、完全に服装がかぶってしまったわたしたち。笑
狭くても、ちゃんと飛んで跳ねて、久々にいい汗かきました~

BlogPaint


寒い冬。
汗をかきたくなったらまた行こうと思います!


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ