2013年8月24日(土)

バンクホリデーを利用して、2泊3日のノルウェー旅行に行ってきました。
初めての北欧…。

ノルウェーってどこだっけ。。
ノルウェーといえば…ノルウェーサーモン?
日本で通ってたスーパーのサーモンはほとんどノルウェー産だったな…。

あろうことか、ピンク色のサーモン切り身しか思い浮かばないわたし。
そんなわたしを引き連れて、初の北欧行きがノルウェーになった理由は夫曰く、「航空券が安かったから」 。
何だかどこかで聞いたような…。 

気になる航空券のお値段は、往復料金なんと約£120/人(約18000円)
早くに予約したからだとはいえ、片道9000円とは安い…。
今までは遠い世界だった北欧が、一気に身近になります♪

しかも今回は、ちゃんとした(失礼!)Norwegian航空。
スペイン旅行の際のRyanairのような不安に襲われることもなく、荷物も機内に預入できるとのこと!


さて。今回の旅のメインは、ノルウェーのフィヨルドです。
ロンドンガトウィック空港よりフィヨルド観光と世界遺産の街並みで有名なベルゲン(Belgen)に入り、電車で1時間半のヴォス(Voss)という小さな町まで足を伸ばします。

地図
ざっくりした位置関係。ノルウェーって縦に長~い
ちなみに首都はオスロです

何故わざわざヴォスに向かうのか…。
実は今回の旅。メインテーマは「フィヨルド」、そしてサブテーマは「アドベンチャー」。
フィヨルドを観光船上から眺めるだけでは飽き足らず、実際にカヤックでフィヨルドを縦断し、そして最後は地上1000mから見下ろすという、フィヨルドを骨の髄まで味わうツアー…それが今回の私たちの旅です。

わたし、高所恐怖症なんだけどな…汗。


そんな懸念をよそに、早朝4時起きにも関わらず、初めて利用するガトウィック空港で使い勝手の良さに感動し、興奮も冷めやらない私たち夫婦(主に夫)を乗せた飛行機はスカンジナビア半島へ向けて出発!

P1070136
日の丸カラーですね
 
P1070130
飛行機から眺めた車窓?航窓??
山の緑が多くこんもりした地形がイギリスとは対照的!奥に見えるはフィヨルド…!?


2時間のフライトを経て、ベルゲンに到着!
空港では「まさに北欧のイメージ!」といったカラーとデザインが出迎えてくれます。
女子はテンション上がること間違いなしです! 

BlogPaint
壁がパステル水色~!かわいい!

20130826_171850
北欧デザインですね~。オシャレ…

20130826_172454
待合室には北欧の雪景色の絵がさりげなく飾ってあったり…

20130826_165245
空港全体がナチュラルな仕上がりで、カフェに来てるよう。



(余談)服装について
今回は8月末の北欧ということで迷いに迷った服装ですが、今回持って行ったのはタンクトップ、薄手の長袖Tシャツ、薄手の長袖ニット、そして厚手のニット、更にアウトドア用ジャケット、長ブーツ(手持ちにスニーカー)、手袋、ストール(マフラー)で挑みました。毎日最高気温22~25℃の快晴(現地の人もこんな天気は珍しい!とびっくりしきり)に恵まれましたが、結果、全ての洋服フル稼働でした。

特にフィヨルド観光船(後に記載)は、噂通りの極寒…! 日がかげると全部重ね着しても寒かったです。。
ただ、日中は日差しが強くサングラス&薄手のニットでは汗をかくくらい!
常に複数の防寒着を持ち歩いて、脱ぎ着しながら回るのが正しい北欧夏の服装かと思いました。
今後行かれる方はご参考にどうぞ…!



さて、いきなり出迎えてくれたかわいい空港を出て、市内まではバスで移動します。
観光地の集まる場所まで約30~40分。そしてついに到着!

現地時刻は既に1時半過ぎ。(ロンドンより+1時間)
まずは腹ごしらえです。

ノルウェーといえば、サーモンですね!もうこれしか知らないですからね!
あとは、多分新鮮な魚!海産物!(食べ物ばっかり…)
ということで、向かうはフィッシュマーケット!
フィッシュマーケットでは、いよいよ恐れていたノルウェーの物価を目の当たりにします…


20130824_124258
沖縄の中央市場で見る魚よりも恐い…。これが外国…


つづく。


ノルウェー旅行記の続きはこちら
次回:「ノルウェーの物価は本当に高いのか?


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ