行ってきました~。
夏の恒例、オープンエアシアター@リージェンツ・パーク。
今年のミュージカルは「サウンド・オブ・ミュージック」です。

20130817_193939

噂を聞きつけてチケットを取ったのが約2ヶ月前。(ネットで座席指定までできます)
その時には既に良い席は徐々に埋まりつつあったので、延びに延びて今日になったのでした。

待ちに待ったこの日を迎えたわけですが、気になる天気は曇天/時々雨、そして時折吹き荒れる強風。。
荒天の場合は中止(代わりに無料チケットがもらえるらしい)になるとのことなので、今日は一日ずっとお天気が気がかりでした。
大家さんのアドバイス通り、途中寒くないように着込み、雨具もしっかり携えて向かったリージェンツ・パーク。

20130817_192321
雨こそまだ降っていないものの、この人影のなさ…。
初めてこんなに閑散としたリージェンツ・パークを目にしました。。


やってるかなー、やってないかなー。
雨はまだギリギリ大丈夫だけど、この強風がなー…


開演時間ギリギリに到着したシアター入り口。
 

20130817_193921
明かりが点いてる!人も入ってる!!


どうやら決行のよう。よかった!
さて、いつもはこのシアターの入り口までしか見れないのですが、本日初めてこの内部に潜入してきました。

20130817_194020
入り口を入るとすぐ目の前にバーが。 

20130817_194052
なかなかオシャレなスペースです♪

お天気のいい日は、施設内(公園内?)のBBQコーナーより香りと煙が漂ってくるようですが、この日は悪天候のためさすがにそれは見受けられず。。
食事とセットになったチケットも販売していたので、次回はバーかBBQも利用してもいいなぁ。

そして気になるステージ…

20130817_194208
客席からステージが近くてテンションが上がってきます!

20130817_194204
会場内は既に満員御礼。


さて、見終わってきた感想ですが…。

いやぁ~、想像以上によかったです~。
初めての屋外シアターだし、やはりいわゆる常設のミュージカルシアター(レミゼとかマンマ・ミーアとか)と比べると、レベルはどうなのだろう…とか少し思っていたのですが、屋外には屋外の良さがありますね。

キャストが後方から現れたり、後ろを駆けまわったり、ステージ横の公園の茂みがある時はそのままセットとして活用されたり…。
そして、時折吹き荒れる強風、そして木々のざわめく音…。これもいい演出になっていました。笑


サウンド・オブ・ミュージックの映画自体はもう10年以上前の中学時代に、音楽の授業でビデオを観たっきり。
何となくのストーリーは覚えていたのですが、何よりも強烈に記憶にあったのはナチスから逃れる緊迫したシーンと、最後に山を越えていくシーン。
幼心に(?)、すごく衝撃を受けたことを覚えています。

懐かしかったな~。


途中雨のため2度中断がありましたが、運良くほどなく再開。
キャストの皆さんも慣れているようで、歌詞の中にもともとなのか、それともアレンジなのか分からない絶妙なタイミングで「rain」という単語を混ぜてきたり…。
プロですね~。
さすがに濡れたステージでダンスを舞ったり、飛び跳ねたりする時はちょっとハラハラしましたが、終始オープンエアらしさをかみしめながら楽しめました。

子役の子達もすごいなー。 こんな遅い時間まで(今日終わったのは22時半/開演は19:45)頑張ってるし…。
イギリスはミュージカルが盛んな国だからか、子役のレベルも高いですね。

笑いあり、感動有りの素敵なミュージカルでした。
来年は何かな~♪


20130817_200951
ミュージカル中断中の様子。開演中は傘禁止です。
 
余談:
それにしても最後のカーテンコールの際、劇中の悪役に向かって律儀にブーイングを送るこの国民性?が改めて好きです。笑

そして、有名な「ドレミの歌」の♪ドレミファソラシ~…の「シ」の発音が「ツィ」でちょっと衝撃。
♪ドミミ~、ミソソ~、レファファ~、ラッツィッツィー
のメロディーが頭から離れない。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ