年末年始の旅先について、頭を悩ませています。 
気が早いようでそうでもない。もうすぐ8月も中盤。

夫によると、どうやら10日ほどは旅行に充てられそうとのことなので、この来るべきbig holidayをどこへあてようかと毎日協議しているのですが…。


当初考えていたのは「アフリカ大陸」。

images


ちょっと洒落にならないくらい地理に疎いわたし。
ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸がこんなに近いなんて知らなかった。
というか、それぞれの大陸が個々に存在していて、それが地球上のどこに位置するのか、それぞれの位置関係というものが完全に欠如していました。
日本にいた時は、「アフリカ大陸=どの辺りかはっきりわからないけど、とにかく遠いところ」というイメージでした。。
今自分でこうして書いていて、ひどすぎる。。


未だ見ぬアフリカ大陸。サハラ砂漠、サバンナ、南アフリカの最南端で年越し…。
なんてエキゾチック。
そうなると最終的に目指すは南アフリカ共和国
「世界最悪の治安」と称される(らしい)ヨハネスブルグについて、調べれば調べるほど腰が引けてくるものの…子供のいない身軽な今しか行けないような気もする。

スペインへまず飛んで、船でジブラルタル海峡を渡ってアフリカ上陸、というのも面白いかもしれない。

images (1)



そうなると、モロッコは見ておきたいな~。大好きな映画「sex and the city」のロケ地がモロッコだったと知ってから、ずーっと気になっている地…。
マラケシュのスークで可愛い雑貨探したり…

jpg
あ、今回出てくる各国の写真はgoogle検索からお借りしたものです…。私の中の勝手なイメージ写真をピックアップしました

ラクダに乗って砂漠ツアーも憧れるな…異国の地、ってういう感じ。

images (2)

イスラム世界が気になっているものの、どっぷり浸かったことのない私にとっては入りやすい国かもしれない、という期待も。


でもせっかくの年末年始だし、喧騒を離れたビーチリゾートのような心やすまる場所も、どこかに挟んでおきたい。
そうなるとアフリカリゾート…どこだ???
アフリカリゾートの情報が、あまりに少なすぎる。
英語で検索したらたくさんHITしますが、日本語だとかなり少ない。
それだけ馴染みがないっていうことですね。


そうそう。トルコも早く行きたいな~。トルコ抜きでは夫は語れない!というくらい、トルコは夫所縁の地。
どうしてまだ行ってないんだろう。

images (3)

トルコ人の友人もいることだし、年末年始はどっぷりトルコにあてるか!という話も出たものの、平均気温を調べてみてあえなく却下。寒すぎる。
イギリスを離れるんだから、せめて暖かいところに行きたい。。


ギリシャ
もイギリスにいるうちに絶対行きたい!ギリシャの輝く島々…。これはマンマ・ミーアのイメージ。
images

でも金融危機以降、ちょっと行き辛くなりましたね…
何より、冬より夏に行ったほうが断然良さそう。絶対そう。うん。


ヨーロッパの人って、冬の旅行ってどこに行くんだろう?人気の行き先ってどこ??

ということで、本日ガスの点検に立ち会ってくれた、ケニア出身イギリス人の大家さんに相談してみました。
いくらか希望を伝えてみたところ

・ビーチリゾート行くならもう少し足を伸ばしてインド洋周辺の島(セイシェル諸島、マダガスカル島…)
 
セイシェルって聞いたことあるな~。話聞いてるとヨーロッパのセレブ御用達的な感じ。
お高いらしいけど写真を検索してビックリ。

03282x

こ…この世の楽園…!!!!


もしやと思って調べたらやっぱりそうでした。
わたしの大好きな三好和義さんの本「楽園大百科」に数多く登場する写真の撮影地がセイシェル諸島だった…!

_SL500_AA300_
ストレスまみれで働いていた時、何度この本に心救われたことか…。


・中南米なら観光もリゾートも楽しめる

10月にメキシコに行くのですっかり抜け落ちていましたが、メキシコ以外の中南米に行くのも面白いかもしれない。
中南米って、年中暖かくて、人々が陽気で、音楽にあふれていて、ご飯も美味しくて…と良いイメージしかない。
早速夫に報告したところ、スペイン語を話したい夫もノリノリに。


さて。大分絞られてきたぞ…。


1)正統派リゾート:インド洋
2)未だ見ぬ大地:アフリカ
3)明るく陽気に:中南米

ってとこでしょうか。笑

こうやって文字に興せば気持ちが固まってくるかな…、と思ったのに、記事を書くにあたって写真を検索した結果、更にどこも魅力的に見えてきたという罠。
行き先がどこに決まるかは乞うご期待。

とりあえず、日本からはなかなか気軽に行けないようなところに行きたい!



余談ですが、今回の計画にあたって、中学時代に社会科の授業で使用していた「世界地図帳(懐かしい響き!)」が大活躍しています。
やっぱり持ってきてよかった。
10年ぶりくらいに地図帳を開くと面白いもので、

マダガスカルに「マレー人種」っていう書き込みがあったり、
位置すらはっきりわかっていなかったアフリカ大陸の、聞き覚えのない国名にしっかりマーカーが引いてあったりと、当時の学びの様子が伺い知れます。(残念なのは、これらが全く「学び」として残っていないこと。涙)


あ~、今こういう授業を受けたらすっごく面白いんだろうなー
ヨーロッパの歴史とか地理とか、あの時のあの先生に習いたいなー

人間、興味のあることにしか記憶には留めないんだということが、はっきりわかりました。

イギリスで社会科(地理・歴史)の授業とか無料で受けれないかな…
これほどまで勉強したい欲に駆られているのは何年ぶりだろうか。

今週末に控えたエディンバラ(スコットランド)、来週末に控えたノルウェー、そしてまだ終わりの見えないスペイン旅行記に頭を悩ませつつ、年末年始に思いを馳せる日々は続く・・


20130807_193901
中学2年時に使用していた地図帳。これから2年間、お世話になります。
 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ