ロンドンからの移動・バースの街歩きはこちら「ロンドン日帰り旅行:世界遺産バース 前編


2013年8月3日(土)

ローマ時代に温泉の町として栄えたバースは、温泉(bath)の語源となったことでも有名な観光都市。
現在はロンドンに続き、イギリスで2番目に観光客の訪れる町なのだそう。

そこには、紀元前1世紀にイタリアからやってきたローマ人によって建設された温泉施設が今もなお残り、何と未だにお湯も湧き出ているのだとか。
温泉好きな日本人としては、ぜひこの目で一度確かめたい。
同じ、温泉を愛したローマ人に、思いを馳せたい…


九州の出身。わたしにとっての温泉は「観光地」ではなく、ごく日常でした。
思い起こせば進学や就職で友人ともにバラバラになっても、年末年始に集えば「温泉行く?」と誘い合って温泉に行くのは、すぐ近くに天然温泉が溢れている九州ならではなのかもしれない。

就職先の配属地、名古屋で「温泉部を作りたい」発言をしたわたしとしては(あくまで発言だけ)、もう並々ならぬ想いがあるのです。
そして向かった、「ローマン・バス(ローマン・バス博物館)

入場料は約£13.00と、多少値は張りますが、でも何としてでも古代ローマ時代の温泉を観たい…!
入場料に渋る夫を連れて、いざ。
(※最近、営業時間や料金に変更が生じている様子。HPでご確認くださいね。) 
 
 
この日はあいにくの雨。
そしてもう夕方にも関わらず、建物の外まで入館への列は続きます。

P1060557
外の様子 

P1060607
中の様子

20130803_165752
外に並んでから25~30分ほどでしょうか。チケットを買っていざ!
エントランスの内装(入り口上部のデザインとか)も素敵で、ディズニーランドのアトラクションにやってきたような雰囲気。わくわく…

20130803_170708
入館料の中には、オーディオセット(日本語)も含まれています。
いきなり「こんにちは!」という女性の元気な声が流れて、ビックリさせられます。。
時折流れる効果音(音楽)。どこかで聞いたなと思ったら、先日訪れた大英博物館でした。


20130803_171452
エントランスをくぐると、いきなり眼下に広がる温泉…!でもこれで終わりではありません。
ここからオーディオガイドと共に、ロマンたっぷりの悠久の旅が始まります…



ここで、博物館の中の様子を一部だけ。
想像以上に博物館が作り混んであって、オーディオガイドと共に回ると本当に楽しかった!
こういうところにしっかりお金をかけてるって、イギリスらしいな~と思います。 


20130803_171745
当日の様子を伺い知ることのできる模型

P1060616
温泉施設の壁の一部。
破損してなくなった部分には映像が当てられ、当時のイメージを知ることが出来る仕組み。

20130803_173735
当時作られた排水路。今もなお機能していることにビックリ。

P1060623
もちろんお湯もコンコンと湧き出ています。
この辺りまで進んでくると、館内も温泉の熱気で生暖かいです。温泉独特の香りも。

20130803_174437
興味深かったものNo1!
当時のローマ人が願いをしたためて女神の泉に投げ込んだとされる薄い金属板。
願いの内容は呪いの藁人形さながらの、「あの人が溺れ死にますように…」といったものが多数…!
恨みの原因は意外と小さなこと(青銅器盗まれた、葉っぱを盗まれたなど)で面白い。
ローマ人は物への執着が強かったのか、心が小さかったのか…



そしていよいよ、クライマックス!
20130803_180306
実際の水面には、ふつふつと温泉が湧いている様子が見てとれます。
写真には映りませんでしたが、若干の湯気も。
湧出水温45℃というぬるま湯のせいか、想像以上に湯気は少ないです。

 
P1060611
温泉上部。かなり立派な彫刻に見下されます。
どんな気持ちで温泉に浸かったのだろうか…。

当時はアーチ状の屋根があったそうなのですが、現在はそれがなくなったため、日光が当たり、藻が繁殖した結果このような緑色のお湯になっているそうです。
当時はきっと無色透明の、きれいな温泉だったのでしょうね。

オーディオガイドの音声を聞きながら、ここにたどり着いたローマ人たちはきっと幸せな時間を送っていたのだろうな~、と何だか嬉しくなりました。
イギリスに来て「お風呂」に浸からなくなって早2ヶ月。やっぱりお湯に浸かるって気持ちいですもんねー。
お風呂好きなローマ人に、勝手に親近感を抱いてしまいます♪


大英博物館でも思ったのですが、今まで遺跡や古代芸術に全く興味のなかったわたし。
でもそれは、「知らない」から興味がなかっただけで、知ってみるとどんどんおもしろく感じるようになって来ました

数日前に大英博物館のパルテノン神殿コーナーで学んだことが、バースでつながると、ますます色んなことが知りたくなります。 
イギリスは無料で歴史や芸術が学べる場所がたくさん!
このイギリス滞在を機に、色々勉強してみようと思います。


バースは想像以上にこのローマン・バス博物館が充実していて、大満足!
ぜひ、ゆっくり時間を取ってローマ時代に浸るのをオススメします♪
ロンドンからすぐなので、一人旅にもオススメですよ^^ 


余談:
見学後はブログで教えていただいたお店「Loch Fyne Bath」で、新鮮な魚介に舌鼓!
イギリスでこんなに美味しい魚介が食べられるとは…
美味しかった~!

満席だったので、事前の予約がオススメです☆

P1060675
Lobster Platter  £40.45

P1060667
Fishermans Plate  £14.75
こちらはオススメ!!


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ