スペイン旅行ブログの続きです。これまでのあらすじはこちらからどうぞ。
1)スペイン旅行~旅行に至るまで
2)
スペイン旅行~1日目:噂のライアン
3)
スペイン旅行~1日目:マドリッド 


2013年7月12日(金)

ホテルにチェックイン後、真っ先に調べたのはスペインの花粉事情。
そしたら、ありました。

イネ科花粉。。
この時期すごい飛んでるみたい…。
調べたところによると、5~7月はヨーロッパ全域で飛散のピークのようです。

世界3大花粉
・スギ:主に日本
・イネ科:主にヨーロッパ
・ブタクサ:主にアメリカ

(参考:世界三大花粉症と世界の花粉飛散カレンダー

   


イネ科系アレルギーのわたし。
え。。わたし日本にいたほうが安全じゃん。。

そういえば、日本でスギ花粉に悩まされていた夫はイギリスに来てからというもの、ほぼ花粉症の症状がなくなりました。

わたし自身はもともとそんなにひどい花粉症持ちでなく、特に日本人にメジャーな杉花粉の方は全く症状が出ないので、どっちかというと花粉症には悩まされていない方でした。
たまに、世間の花粉症シーズンが終わった頃に、ふと喉が痛くて声が出なくなったり、ということもありましたが、でもそのレベル。


そんなわたしがスペインに来てからというもの、それはもうひどい。
鼻と喉と、もう目の辺りがぱんぱんに腫れた感じと、眠気と頭痛。。
花粉症がこんなに辛いなんて、本当に初めて知りました。


でも思い返してみると確かに、スペインの風景って「ザ・イネ花粉飛んでます」っていう風景…。
大地が乾燥してる黄色いとこは、全部イネ科系なんじゃないかっていう。。

P1060019
疑惑の大地
マドリッド~セビーリャの車中より撮影したもの
 

まさか旅先で人生最悪の花粉症に悩まされるなんて…。

絶望的な気持ちで、マドリッドを離れたら奇跡的に花粉症が収まることを祈ります。。


ここで祈って就寝。。
と、なれればよかったのですが、実はここからちょっとしたハプニングが。


夫はホテル到着直後、早々にダウン。
わたしもシャワーだけ浴びて明日の移動に備えて早く寝ようと目覚ましをかけようとしたとき…

…今、何時だ?

電波式(現地の基地局から電波を拾って、自動で時刻を合わせてくれるらしい)腕時計をパリに合わせていたのですが、(スペインがなかったので)、万が一違って明日の予約した電車に乗り過ごしたら大変。
今一度スペインの時間を確認しようと、携帯の「世界時計」アプリで確認。
すると、腕時計の時刻と違う。。
ん…?いつも見ている携帯のロンドンの時刻は深夜0時。そして世界時計のおっしゃるスペインの時刻も深夜0時。
確か、ロンドンとスペインって時差あったはず…。(正確にはロンドン-1時間)


え?サマータイムのせい?
ロンドンの時間が間違ってる??
今日一日1時間勘違いした時間で行動してたってこと???


頭のなかは?マークだらけ。
普段生活しているロンドンより-1時間とはわかっていても、最早今ロンドンが何時なのかが分からない。
もう腕時計も、世界アプリも、何も信じられない。。

ガイドブック片手に必死に、日本時間・ロンドン時間・スペイン時間を脳内計算しようとするも、眠いのと疲れもあり、もうどうしようもない状態に。
でも間違った時刻で行動していたら明日本当に電車に乗れなくなってしまう。
それだけは避けなければ…!


30分ほど一人でテンパり、奮闘した結果、ここはフロントに聞くのが一番正しい。という結論に。

深夜1時過ぎに、すっぴんメガネ・寝間着姿でフロントを訪れ、
…What time is it now?
という何とも間抜けな質問をする東洋人。。

フロントのお兄さん、一瞬動揺を隠せない様子でしたがすぐに優しく教えてくれました。
結果、腕時計の時間で合ってた。よかった~。


これでようやく安心して寝れる。。
明日はいよいよ高速鉄道(AVE)に乗って、夢のアンダルシア地方・セビージャへ!


余談:
スペインの花粉情報を調べていたら、興味深い記事(投稿)が。
花粉症持ちでスペインに行く予定がある方より、街中でマスクをしても良いだろうかという質問に対し、スペイン在住者(複数)より回答が。
皆さんこぞって外国でマスクはしないほうがいい、との答えでした。

外国では日本のようにマスクをして出かける習慣がなく、「マスクをしている=重大な感染症に感染している患者」のように見られるんだとか。
特にまだ東洋人が珍しいスペインでは、目の前で立ち止まって顔を覗きこまれたり、あからさまに人から避けて歩かれたり、という何ともショッキングな体験談も。スリ防止には有効かもしれないとか、もうそんなレベルみたいです。。

マスクはせずに、事前に症状を抑える薬を病院で処方しておいてもらう、点鼻薬を使用する、などのアドバイスが多数でした。

でもこの話。
外国人がマスクをしないというのは確かにその通りだと思うのですが、花粉症の時期に日本を訪れた外国人は、何を感じるんでしょうか。

何とも奇妙で、それでいて何やら恐ろしい感染症が蔓延している国、ニッポン
。。

そんな印象になってしまっていないことを願いたいものです。

それとも、事前にマスクについての知識をインプットした上でやってくるんでしょうか。
少なくとも外国人向け日本ガイドブックでは、そのような注意書きは見たことがないけれど。


つづく。


スペイン旅行記の続きはこちら
次回:「セビーリャの可愛いホテル


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ